宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


カテゴリ:タカラジェンヌのニュース の記事一覧
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



0018.jpg

兵庫・宝塚大劇場で上演中(10月8日まで)の新生宙組公演「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」で、新トップ凰稀かなめ演じる名将・ラインハルトの盟友、キルヒアイスを演じているのは、今作から異動してきた男役スター朝夏まなとだ。

接点が少なかった凰稀を、けいこ段階から「ラインハルト様」と呼び、濃密な時間を過ごしてきた。宝塚ファンで知られるAKB48・渡辺麻友の"推しメン"が、この朝夏。
入団10年、節目で迎えた転機に飛躍を期す。
東京宝塚劇場は10月19日~11月18日。

172センチの身長以上に、スラリと伸びた手足が、男役としての天賦の才を際だたせる。
今回の役柄、キルヒアイスは、真っ赤な髪の毛が特徴。
より一層舞台で映える。
今年のAKB48グループ総選挙2位のまゆゆ「イチ押し」のスターは、強烈な存在感が魅力だ。

「ありがたいことでございます。いや、もう、うれしいです。男役としては、いろんな方に見てもらえたらうれしいですし、若い女性に見てもらえるのも、またうれしい。宝塚そのものを、そこまで好きになってくれることもうれしい」

素直に感謝の気持ちを表現する。
屈託ない笑顔。
天性の人なつっこさも朝夏の武器だ。
「男役10年」。
今年、節目を迎えた。
そのタイミングで花組から異動。今作が宙組初作品になる。

「(異動は)まさか自分が? という気もありましたけど、10年間花組にいて、これからを考えていた時期なので、すんなり。寂しい気持ちもありましたけど、自分に必要な経験なんだろうなって。ありがたく、新鮮で、楽しんで。同期の蓮水ゆうやもいますし」

今作は人気SF小説が原作。
未来の銀河を舞台に、銀河帝国と自由惑星同盟の戦い、人間模様を描く。
カリスマ的名将ラインハルトを中心とした群像劇で、凰稀演じる主人公の盟友役。
濃密な関係性の設定だ。

「りかさん(凰稀)とは雑誌のお仕事ぐらいでしか一緒にならなくて。それも、思い返せば3年前(笑い)。りかさんご自身も2回、組替えを経験なさっているので、すごくオープンにきてくださった。役柄は幼なじみ、半身的存在で、2人で話し合う時間をたくさん持つことで、今までの時間を埋めました。普段から『ラインハルト様』とか言って、気持ちを作って」

凰稀は00年入団で、朝夏は02年。学年も近い。

「こんなに学年の近いトップさんは初めて。りかさんの仲間や組に対する考え方など深い話もできたので、今回、たくさん勉強させてもらえました」

キルヒアイスのラインハルトへの忠誠心は絶対的。
実直なキャラクターだ。

「穏やかでピュアだけど、意志が強い。ラインハルトに出会って、思いも寄らぬ方向に行ってしまっても、命をかけて守る。ただ、素の部分の平和主義、穏やかなところは、似ているかも。グワーッって怒るとか、しないタイプなので」

舞台上では強い存在感を発揮するが、性格は穏やか。
キャラクターへの親近感もある。
群像劇の展開にも共感することも多い。

「(娘役新トップの)実咲(凜音)も(自分と同じ)花組から(一緒に)来ましたし、同時期に緒月(遠麻)さんも雪組から。いろんな組からきた人が交ざって、プラスアルファになれるように」

個々の立場、感情を抱えて、軍の組織員として戦う男たちを描いた作品と、それぞれが新たな環境で力を発揮しようと融合する宙組の今は、似てもいる。

「(凰稀は)下級生の子たちに『歌、芝居、みんなが自由に表現できる組にしたい』とおっしゃっていました。だから私もなるべく毎日、みんなに話し掛けて、下級生が萎縮しないようにしたいと思っています」

原作は漫画、DVDと、仕事が決まってから読んだが、若手の七海ひろきは、もともと原作ファンだった。
「みんな、何でも(七海に)聞いています」。
早くも「新生宙組」の空気感に溶け込んでいる。役柄の立ち位置も新鮮に感じる。

「これまで、ラインハルト的な立場が多く、誰かのそばにいる補佐的な役はあまりなかったんです。受ける立場って、すごく周りが見えますね。楽しい。せりふがないとき、ちょっとした目線、たたずまいでキャラクターを出したい」

意欲もたっぷり。作品自体が新たな挑戦でもある。

「私、SFにあまり縁がなかったんですけど、スケールが大きいのは大好き! 群像劇も楽しいので、好き。けいこ場から髪形、服装と、役柄になりきるよう、テンション上がって...」

こだわったのは「ルビーを溶かしたような赤」と表現された髪の毛の色だ。
「けいこ中には、実際に染めてみたんですけど、赤はすぐ色が抜けちゃうんですよね」。
真っ青な空のような澄んだ笑顔をする朝夏。
しかし、その心は、髪の毛に負けないぐらい真っ赤に燃えている。



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



29日(土)に5時間半にわたって生放送されるTBS系大型番組『オールスター感謝祭秋』(後6:30~11:48)で、宝塚歌劇団によるスペシャルショーが行われることが27日までにわかった。

東京・赤坂の同局スタジオ内に宝塚のシンボル、大階段を再現。
月組からはトップスター龍真咲、トップ娘役の愛希れいか、準トップの明日海りおら35人、そして12月24日付で劇団を卒業する雪組トップスターの音月桂、トップ娘役の舞羽美海の2人を加えた総勢37人が登場し、定番曲から新作までを揃えた1度きりのショーを披露する。

担当の篠塚純プロデューサーは「組違いのトップスターの共演は滅多にないことで、宝塚ファンにとってもたまらないスペシャルショーになるでしょう。
本場・宝塚の舞台さながらのパフォーマンスにご期待ください」と、初めての試みに心躍らせる。
スペシャルショーでは、同局系ドラマ『JIN~仁~』をモチーフにした雪組の10月公演予定の新作「JIN」をいち早く披露する予定だ。

1991年秋から21年続く、『感謝祭』は43回目を迎えてますます進化。
前回に引き続き今田耕司と島崎和歌子が司会を務め、オープニングではロンドン五輪のメダリストや日本人初のWBC・WBA統一王者・井岡一翔、キングオブコント2012で優勝したバイきんぐらがオープンカーでパレードをする予定。

注目の新ドラマや大型新番組の出演者200人が勢ぞろいして行うクイズでは、新たなルールを導入し、最後の最後まで優勝するチャンスが拡大。
ぬるぬる大相撲はぬるぬるビーチフラッグに変わり、“ぬるぬる王子”こと河本準一(次長課長)に新たな勝負を挑む。

恒例の「赤坂5丁目ミニマラソン」には、ロンドン五輪陸上女子5000mと10000mの2種目へ出場した新谷仁美選手の参加が決定。
同局の女子アナも初参戦する。
出場するのは、東京マラソンなども走破している久保田智子アナ、10月のちばアクアラインマラソン(初マラソン)に向けて調整中の佐藤渚アナ、そして新人の林みなほアナがお披露目を兼ねて出場する。


OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



zigoro.jpg

星組の男役スター十輝いりすが、全国ツアー「琥珀色の雨にぬれて」で、故大浦みずきさん、春野寿美礼、瀬奈じゅん、蘭寿とむら歴代トップが演じた役柄に挑戦する。
同組トップ柚希礼音演じる青年貴族が女性2人の間で揺れ動く様子を描き、十輝は柚希のライバル的な役どころ。柚希ふんする青年貴族に会い、変わっていく男の役だ。
十輝自身、今年2月に、同期の柚希が率いる星組へ異動し「大きなチャンス」と、とらえ、今作に臨む。

1920年代のフランスが舞台。今作は4人の男女が織りなす恋愛心理劇だ。

「悔しい思いをして、変わっていく男なんです」

柴田侑宏氏の作品で、84年に高汐巴主演で初演されて以来、たびたび再演されている。
今回は主人公の青年貴族クロードを柚希礼音が、クロードが出会う神秘的な美女シャロンに夢咲ねね、クロードの婚約者に音波みのり、そしてシャロンを取り巻くジゴロのルイを十輝が演じる。

「ルイは、シャロンを好きだったんですけど、ちょっと屈折していて、素直になれない。そこへクロードというライバルが現れた。クロードは貴族の出身で、まっすぐで純粋。シャロンに一目ぼれしてグイグイいく。これではいけない!と気づくんです」

ただ、泥沼の三角関係ではない。
張り合うクロードとルイだが、最終的には同志のような価値観を抱く。
精神面の演技、表現力が鍵を握る。
過去の作品も、見返してけいこに入った。

「02年の花組公演は、舞台で見ていましたし、初演のものはDVDで見ました。まねはしないですが、それぞれのすてきな所は記憶に残しながら、自分なりのルイを作り上げたい」

初演で大浦さんが演じたルイが最も心に残った。

「(大浦さんを)もともと好きだったのですが、あらためてすてきだな、と。すごく格好いい大人の男。粋で、ダンスもすてき」

男役にとってひとつの魅せどころがジゴロだ。
ダーティーに寄らず、小粋に大人の男性ならではの色香が必要。
178センチの長身と、ひし形を描くシャープな頬からあごのラインという、男役の才に恵まれた十輝にはハマリ役。

「確かに違和感なく入り込めそう。上品すぎても、貴族のクロードとの違いが出ない。さじ加減が難しい。でも(ジゴロ役は)ショーなどに出てくるので、イメージはありますし、経験からやれそう。それに私、スーツをびしっと着た、大人の男をやってみたかったので、うれしい。ある意味、念願がかないました」

ルイとクロードが争う女、シャロン。
男性2人を振り回す魔性の女だ。そんな女性に対しては…。

「うーん、私自身は人を振り回しはしない。役柄ほど振り回されたくもない。私、マイペースだから(笑い)。でも、もちろん、多少なら、いいな、かわいいな、と思うときもある」

天真らんまんを、愛さずにはいられない。
自分の周囲でいえば、同期でトップの柚希が近い存在かもしれない、と感じている。

「同期の柚希さんには、けっこう振り回されそうに(笑い)。でもね、決して、自分勝手な感じではないんです。自分も含め、みんな『ああ、かわいらしいな』って感じで巻き込まれていく。とても愛されているな、と思うんですよ」

その柚希がトップの星組へ、2月に異動してきた。

「(宙組に)13年間いて、上級生になってからの組替えで、不安はありましたけど、大きなチャンス、経験です。もう、ずっと前からいたような感じ」

マイペースな性格ゆえ、環境の変化に戸惑うことはない。
「組が替わっても、やることは同じ」。といって、頑固ではない。
「新しいもの、いい部分は受け入れていく。それが大事だと思います」
と笑顔で話す。

確固たる軸を持った上での順応力が、大きな武器。
今、星組で緊張感に包まれながら、またひとつ階段を上っていると感じる。
「いい意味での、キュッとした緊張感もある。レベルアップに、とてもいいチャンス」
柚希からの影響もだ。

「素顔はかわいくておもしろいのに、舞台となると、けいこ熱心で努力家、ストイック。たくさんの顔を持っている人で、勉強になります。だからこそ、今の彼女があると思う。といって、いつもキリキリしているわけじゃない。そのギャップがおもしろい。舞台上で、お互いにいい影響を与え合うことができる。私はそう信じています」

今作の役柄も、対照的な2人はライバルでありながら、互いを理解しあう大人の関係となる。
同期を支え、刺激にしながら、新たなステージへと登っていく。



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。