宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


カテゴリ:男役・タカラジェンヌ の記事一覧
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



轟 悠とどろき ゆう


宝塚歌劇団・専科に所属する男役(劇団理事)
元雪組トップスター
熊本県人吉市出身
人吉市立第一中学校卒業
身長公称168センチ
愛称はイシちゃん、トム(さん)他幾つかある
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

略歴
地方新聞社を経営する父母と兄、弟2人の6人家族の長女で、祖父母とともに熊本県人吉市で育つ。
幼少時代から絵画や日本舞踊等の習い事をし、活発で負けず嫌いな子だったという。
中学生の時にテレビで初めて宝塚を知り、男役を本物の男性だと思い込み、後に全員女性だと知って驚愕したという。
すぐに受験を決意した訳ではなく、将来は獣医かパイロットになりたいと思っていた。
時々観劇に行く程度だったが、日本舞踊の師範である大叔母を通じて、1983年に淡路島で大地真央・黒木瞳と対面する。
その際大地に受験を勧められ、同年、宝塚音楽学校を受験、見事合格。
合格を知った瞬間は入学を辞退しようかと考えていたが、不合格に泣いている他の受験生を見て「私が受験しなければ泣いている受験生の1人は受かっていた。
そう思うと、入学を辞退するなんて申し訳ないと思った」と、入学を決意した。

1985年、宝塚歌劇団に入団。
花組公演「愛あれば命は永遠に」で初舞台を踏む。
同期に愛華みれ、真琴つばさ、鮎ゆうき(俳優・神保悟志夫人)、稔幸らがいる。
その後、月組に配属。
1988年、雪組に組替え。
1989年、「ベルサイユのばら」でアンドレを演じ新人公演初主演。
1992年、「恋人たちの神話」でバウホール公演初主演。

1997年、「真夜中のゴースト/レ・シェルバン」より雪組トップスターに就任し、お披露目公演。
前トップスターの高嶺ふぶきから引き続き花總まりとコンビを組むが、宙組の誕生に伴い花總が異動したため、次作より星組から月影瞳を相手役に迎える。
また、同期が4組のトップを飾るというのは、宝塚の史上初であった。
(花組…愛華みれ*雪組…轟悠*月組…真琴つばさ*星組…稔幸)
2002年に春日野八千代に続くような存在に、と請われて専科に異動。
2003年、宝塚歌劇団理事に就任。
2005年、「長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!」主演。
「長崎しぐれ坂」では、伊佐次を演じた。同年、TCAスペシャル「ビューティフルロマンス・ビューティフルメロディー」出演。
2006年、「暁のローマ/レ・ビジュー・ブリアン」ではローマの将軍・カエサル(シーザー)を演じた。

エピソード
男っぽさについては、1つ学年が下である香寿たつきの愛犬が轟を男性と間違え吠えたという。
また、『エリザベート』で暗殺者ルキーニを演じた際には本場のウィーンのスタッフ達も、観劇の際に轟を「男以外の何者でもない」と評した。
画家の横尾忠則も彼女の大ファンの一人。
ポスター制作や2004年に雪組で上演されたショー「タカラヅカ・ドリームキングダム」では、念願の舞台美術を担当した。
また、自らの美術展のゲストとしても、招聘している。




主な舞台出演
主演スター就任以前
『青春の旋風~リトル・ヒーロー三四郎』(1987年)(バウホール公演)
『ベルサイユのばら―アンドレとオスカル編―』(1989年アラン役)(新人公演主演)
『恋人たちの神話』(1992年)(バウホール公演初主演)
『風と共に去りぬ(スカーレット編)』 (1994年)(レット・バトラー役、特出の真矢みき、久世星佳、麻路さきがバトラーの時はチャールズ役)(東京は高嶺ふぶきと役替わりでレット・バトラーとアシュレ・ウィルクス役)
『エリザベート』(1996年)(ルイジ・ルキーニ役)

雪組トップスター時代
『真夜中のゴースト/レ・シェルバン』(1997年) *トップお披露目公演
『春櫻賦/LET'S JAZZ』(1997年~1998年)
『風と共に去りぬ(バトラー編)』(1998年)(レット・バトラー役)
『浅茅が宿/ラヴィール』(1998年~1999年)
『再会/ノバ・ボサ・ノバ』(1999年)
『バッカスと呼ばれた男/華麗なる千拍子'99』(1999年)
『デパートメント・ストア/凱旋門』(2000年)
『猛き黄金の国/パッサージュ』(2001年)
『凱旋門/パッサージュ』(2001年)(博多座)
『愛燃える/Rose Garden』(2001年)

専科時代
『風と共に去りぬ』レット・バトラー(2002年)(日生劇場)
『STYLISH!』(2002年)(青山劇場)
『野風の笛』松平忠輝(2003年)(花組公演)
『飛翔無限』(2004年)(花組公演)
『花供養』(2004年)後水尾天皇(日生劇場)(雪組公演)
『青い鳥を捜して/タカラヅカ・ドリーム・キングダム』ジェイク(2004年~2005年)(雪組公演)
『長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!―夢のシューズを履いた舞神―』(2005年)(星組公演)
『暁のローマ/レ・ビジュー・ブリアン』ユリウス・カエサル(2006年)(月組公演)
『オクラホマ!』(2006年)(日生劇場)(月組公演)
『Kean キーン』キーン(2007年)(日生劇場)(星組公演)
『黎明の風―侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦―/Passion―愛の旅―』白洲次郎(2008年)(宙組公演)
『風の錦絵』(2009年)(雪組公演)
『コインブラ物語』(2009年)(梅田芸術劇場、日本青年館)(星組公演)
『オネーギンEvgeny Onegin -あるダンディの肖像-』(2010年)(日本青年館、宝塚バウホール)(雪組公演)

ディナーショー・コンサート
『L'hortensia de Juin(六月のあじさい)』(1997年)(ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル)
『Les Jours d'Amour―愛の日々―』(1999年)(パレスホテル、ホテル阪急インターナショナル、呉阪急ホテル)
『Noche de Yu』(2001年)(ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル)
『The way Yu are』(2002年)(パレスホテル、ホテル阪急インターナショナル)
『Yu Quiero Guitarras』(2003年)(ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル)
『Alpha』 20ans FACE OF YU (2005年)(ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル)
『Yu's Purple Shadow』 (2007年)(ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル)
『LAVENDER MONOLOGUE(ラベンダー モノローグ)』(2007年)(バウホール、日本青年館)
『Fallin' Love with Yu』(2008年)(パレスホテル、ホテル阪急インターナショナル)
『Yu, il mondo!』(2009年)(ホテルグランドパレス、ホテル阪急インターナショナル)
『Yū,25ans -Happily Ever After-』(2010年)(ホテルグランドパレス、宝塚ホテル)

受賞歴
2000年、文化庁芸術祭優秀賞 - 「凱旋門」のラヴィック役に対して。
2002年、菊田一夫演劇賞 - 「風と共に去りぬ」のレット・バトラー役に対して。


OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



郷 ちぐさごうちぐさ

高知県幡多郡清水町(現・土佐清水市)生まれ
元宝塚歌劇団雪組男役トップスターでタレント。
愛称はチャッチー。
身長(宝塚時代の公称)163cm
出身校清水中学校。
1972年に結婚のため退団・完全引退して久しかったが21世紀と同時に突如芸能活動に進出した異色の宝塚歌劇団卒業生である。

宝塚時代の活動
1963年、宝塚歌劇団に入団、「花詩集」で初舞台。
同期に榛名由梨、大滝子らがいる。49期生。
当初は花組にいたが1970年雪組へ組替えとなる。
1970年真帆志ぶきの専科移動に伴い汀夏子と雪組男役トップスターに就任したが、当時は映画に外部出演中で本公演に参加できず、翌1971年、『紅梅白梅』に正式に披露した。
1972年「落葉のしらべ/ノバ・ボサ・ノバ(義賊ソール役)」を最後に退団。
かねてから結婚前提で交際していた男性がおり、「これ以上愛する人を待たせて置くわけにはいかなかった」と退団を決意した。

宝塚時代の主な舞台出演
『笹四郎の笛』- 金魚売りの役(雪組、1964年10月1日 - 10月29日、宝塚大劇場)
『不思議な赤穂浪士』(花組、1965年12月2日 - 12月26日、新芸劇場)
『シンデレラ・イタリアーノ』(花組、1966年6月2日 - 6月29日、宝塚大劇場)
『ピラールの花祭り』(花組、1968年3月28日 - 4月25日、宝塚大劇場)
『鐘つき与七』(花組、1969年4月26日 - 5月29日、宝塚大劇場)
『禁じられた初恋』(花組、1970年2月6日 - 3月12日、宝塚大劇場)
『紅梅白梅』『シンガーズ・シンガー』(雪組、1971年1月1日 - 1月28日、宝塚大劇場)
『ペーター一世の青春』『ジョイ!』(雪組、1971年4月28日 - 5月27日、宝塚大劇場)
『江戸っ子三銃士』『サンライズ・アゲイン』(雪組、1971年9月30日 - 10月28日、宝塚大劇場)
『かぐら』『ザ・フラワー-ガールズ500-』(雪組、1972年3月25日 - 4月26日、宝塚大劇場)
『星のふる街-アリの街のマリアより-』『ジューン・ブライド』(雪組、1972年6月1日 - 6月29日、宝塚大劇場)
『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』- オーロ 役(雪組、1971年、東京宝塚劇場)
『落葉のしらべ』『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』- ソール 役(雪組、1972年10月3日 - 10月31日、宝塚大劇場)

宝塚退団後の活動
退団後は永年家庭に専念、一般人として沈黙を通したが、2001年、宝塚OGイベント「花の狸御殿」(於新宿コマ劇場)より芸能活動開始。
現在は京都府与謝郡与謝野町に事務所を構え、京都や首都圏…で、無理のないペースで芸能活動をこなしている。
タレント活動以外に着物のイベント・ショーもプロデュースの実績多数。



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



高嶺ふぶきたかね ふぶき

本名:浅田幸姫
京都市伏見区出身の女優
有限会社ニテンイチ契約アーティスト。
元宝塚歌劇団雪組トップスター
宝塚時代の愛称は「ユキ」


略歴

1981年、宝塚音楽学校に首席で合格。
1983年、69期生として宝塚歌劇団に入団。
月組公演『春の踊り〜南蛮花更紗〜/ムーンライト・ロマンス 』で初舞台を踏む。
同期生に女優で元星組トップスターの麻路さき
元月組トップスターの久世星佳
元月組組長の出雲綾、元雪組娘役トップの神奈美帆、元星組男役スターのちあきしん(宝塚時代の芸名は千秋慎)元花組男役スターの海峡ひろき、元月組男役スターで振付家の若央りさなど。

同年、雪組に配属。
二枚目男役スターとして活躍する
男役だけでなく、『ヴァレンチノ』のナターシャや『雪之丞変化』のお初やショーなど、女役も演じた。
『華麗なるギャツビー』の併演のショー『ラバーズ・コンチェルト』では芝居での付けヒゲの男役から一転、美しい女役を披露した。
1996年、一路真輝の退団を受けトップスターに就任。
相手役は一路から引き続き花總まり。『虹のナターシャ/La Jeunesse!』でトップスターお披露目を果たした。翌1997年、『仮面のロマネスク/ゴールデン・デイズ』を最後に退団。美貌の青年貴族、ヴァルモンは自身の当たり役となった。
退団後は女優として舞台を中心に活躍している。
妹は雪組時代の後輩・汐美真帆の兄と結婚した。



出演作品
在団中の主な出演舞台
『春の踊り/ムーンライト・ロマンス』 初舞台
『華麗なるギャツビー』 ウルフシェイム
『ベルサイユのばら』 フェルゼン(全国ツアー)
『この恋は雲の涯まで』 乾王陵
『ヴァレンチノ』 ナターシャ(バウホール)
『忠臣蔵〜花に散り雪に散り〜』 磯貝十郎左衛門

雪組2番手時代
『天国と地獄』 ドガー/リュドヴィーク(二役)
『風と共に去りぬ』 アシュレ/レット・バトラー&アシュレ(東京、役替わり)
『ブルボンの封印』 アドリアン・モーリス
『雪之丞変化』 お初
『JFK』 ロバート・F・ケネディ
『あかねさす紫の花』 中大兄皇子/天比古(役替わり)
『エリザベート』 フランツ・ヨーゼフ
『アリスの招待状』 ジャック(バウホール)
トップスター時代
『虹のナターシャ』 三条薫
『晴れた日に永遠が見える』 マーク(バウホール)
『グランド・ベル・フォリー』(同期・久世星佳のサヨナラ公演に特別出演)
『仮面のロマネスク』 ヴァルモン子爵(サヨナラ公演)

退団後の主な出演舞台
ヴィクター・ヴィクトリア
I do! I do! - 結婚物語
ハウ・トゥー・サクシード
あげまん
LOVE LETTERS
長崎ぶらぶら節
Subjective Holies
ザ・近松
港町十三番地
孤愁の岸
ジャック・ブレルは今日もパリに生きて歌っている
complex(劇団とっても便利)
コースター
女優~あなたには、人生を変えるチャンスがあるわ~
売らいでか! - 亭主売ります - (2011年)
蘇州夜曲(2011年)
テレビ
水戸黄門(1999年・2000年、TBS)
金色の翼(2007年、フジテレビ)
土曜ワイド劇場・新聞記者鶴巻吾郎(2008年、テレビ朝日)


OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。