宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


カテゴリ:男役・タカラジェンヌ の記事一覧
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



紫吹 淳しぶき じゅん


本名:棚澤理佳(たなざわ りか)
女優。群馬県大泉町出身。
オスカープロモーション所属。
元宝塚歌劇団月組トップスター。
在団中の愛称は「リカ」

略歴
足腰の弱さを心配した両親の勧めで、3歳よりダンスを始める。
小~中学生時代、クラシックバレエを山本禮子に師事。
「中学時代、バレエ教室の発表会で白雪姫を踊ったところ、背が伸びすぎていることに気づいた。
以来、バレエに行かなくなり、髪の毛も切ってしまった。
しかし、しばらくたってからやはりバレエが好き、と思いなおし、再びバレエに通い始めたところ、宝塚ファンだったバレエ教室の講師に宝塚受験を勧められた」のをきっかけに1984年に宝塚音楽学校を受験、合格する。

1986年、「レビュー交響楽」(星組)で初舞台を踏む。
同期に女優の香寿たつき、真織由季、歌手の中条まり、現役では専科の五峰亜季、星組のにしき愛がいる。
同年5月、香寿らとともに当時強豪がひしめいていた花組に配属となる。
その後、花組→1996年4月に星組→1997年10月に月組→2000年6月に専科と、数多くの異動を経験しながらステップアップする。
2000年6~7月には、専科生としてベルリン公演に主演している。

2001年5月に真琴つばさの後任含みとして月組に戻り、同年8月、トップスターに就任する。
相手役は星組から異動した映美くらら。
また、とびきり気障な役どころや悪役(ピカレスクの主役を含め)・敵役も演じた。
2004年3月「薔薇の封印-ヴァンパイア・レクイエム」を最後に退団。
2004年4月、現事務所のオスカープロモーションへ所属。「女優宣言」を行い、芸能活動を新たにスタート。ただしディナーショーなどの場では従来のように男役も演じている。



宝塚時代の出演
初舞台・花組時代
初舞台「レビュー交響楽(星組)」
1986/3-5 宝塚大劇場(宝塚)
花組配属
1986/5
「フォーエバー!タカラヅカ」 新人公演:白鍵のダンサーA
1988/10 宝塚大劇場(宝塚)
「会議は踊る/ザ・ゲーム」 
「会議は踊る」新人公演:マックス
「ザ・ゲーム」 デモリション・マン,他
1989/1-2 宝塚大劇場(宝塚)
「ロマノフの宝石」 新人公演:セザール
1989/7 宝塚大劇場(宝塚)
「宝塚をどり賛歌’89/フォーエバー!タカラヅカ」
1989/10 ニューヨーク公演
「エル・アミーゴ」 ゴンザレス
1990/2 宝塚バウホール(宝塚)
「ベルサイユのばら」 ノワイユ伯爵夫人(紫吹のキャリアにしては珍しい女役である),新人公演:アラン
1990/3-5 宝塚大劇場(宝塚)
「春の風を君に・・・」豹童,新人公演:朱同
1991/1-2 宝塚大劇場(宝塚)
「ヴェネチアの紋章/ジャンクション24」
「ヴェネチアの紋章」 オルファン,新人公演:カシム
「ジャンクション24」 トミー,他
1991/6-8 宝塚大劇場(宝塚)
「ディーン」 ビッグ・ダモン
1991/8-9 宝塚バウホール(宝塚)
「スパルタカス」 リビウス,新人公演:スパルタカス(本役:安寿ミラ)*新人公演初主演
1992/2-3 宝塚大劇場(宝塚)
「けれど夢の中で?めざめたときに」 ジュン/ナゼ
1992/4-5 宝塚バウホール(宝塚)
「心の旅路」 デビッド,新人公演:スミス,チャールズ *新人公演主役
1992/8-10 宝塚大劇場(宝塚)
「フラワー・ドラム・ソング」 サミー・フォン
1992/10-11 宝塚バウホール(宝塚)
「メランコリック・ジゴロ/ラ・ノーバ! 」
「メランコリック・ジゴロ」 バード
「ラ・ノーバ!」 豹の男A,小悪魔,他
1993/6 東京宝塚劇場(東京)
「ベイ・シティ・ブルース/イッツ・ア・ラブ・ストーリー」
「ベイ・シティー・ブルース」 ファルコ
1993/8-9 宝塚大劇場(宝塚)
「アップル・ツリー」 ヘビ,フリップ
1993/10 宝塚バウホール(宝塚)
「サラン・愛」 趙竜雲
1994/2 宝塚バウホール(宝塚)
「ブラック・ジャック 危険な賭け/火の鳥」
「ブラック・ジャック 危険な賭け」 ニュースレポーター
「火の鳥」 オルガ,他
1994/3-5 宝塚大劇場(宝塚)
「花扇抄/扉のこちら/ミリオン・ドリームズ」
1994/7 ロンドン公演
「ライド・オン」 信吾,シドニー,他
1994/8 宝塚バウホール(宝塚)
「冬の嵐、ペテルブルグに死す/ハイパー・ステージ!」
「冬の嵐、ペテルブルグに死す」 スーリン
「ハイパー・ステージ!」 レーサー,ゼブラ,他
1994/9-11 宝塚大劇場(宝塚)
「哀しみのコルドバ/メガ・ヴィジョン」
「哀しみのコルドバ」 フェリーベ
「メガ・ヴィジョン」 ジゴロA,マンボの男A,歌手,他
1995/1 宝塚大劇場(宝塚)
「エデンの東/ダンディズム!」
「エデンの東」 ジョー
「ダンディズム」 ハードボイルドの男S 
1995/6-8 宝塚大劇場(宝塚)
「紅はこべ」 アンドリュー
1995/9-10 地方公演
「花は花なり/ハイペリオン」
「花は花なり」 牛之介,鼠A,風丸・風之丞,他
「ハイペリオン」 レオナルド,トパーズ,他
1996/1-2 宝塚大劇場(宝塚)

星組時代
星組に組替え

1996/4
「二人だけが悪/パッション・ブルー」
「二人だけが悪」 カルロス
「パッションブルー」 ロンリー・ガイ,他
1996/5-6 宝塚大劇場(宝塚)
「ドリアン・グレイの肖像」ドリアン・グレイ
1996/9 宝塚バウホール(宝塚)
「エリザベート」 ルイジ・ルキーニ
1996/11-12 宝塚大劇場(宝塚)
「誠の群像/魅惑II」
「誠の群像」 勝海舟
「魅惑II」 ハートブレーカ,シャルル,他
1997/5-6 宝塚大劇場(宝塚)

第一次月組時代
月組に組替え

1997/10
「EL DORADO」 ワルパ
1997/11 東京宝塚劇場(東京)
「Alas」 帝,Kojiro,他
1997/12 シアター・ドラマシティー(大阪)
「WEST SIDE STORY」 ベルナルド
1998/2-3 宝塚大劇場(宝塚)
「ブエノスアイレスの風」 ニコラス
1998/8 シアター・ドラマシティー(大阪)
「黒い瞳/ル・ボレロ・ルージュ」
「黒い瞳」 プガチョフ
「ル・ボレロ・ルージュ」 ザ・マン,オルフェ,他
1998/9-10 宝塚大劇場(宝塚)
「螺旋のオルフェ/ノバ・ボサ・ノバ」
「螺旋のオルフェ」 アリオン
「ノバ・ボサ・ノバ」 オーロ
1999/5-6 宝塚大劇場(宝塚)
「夢幻花絵巻/ブラボー!タカラヅカ」
1999/10-11 中国・北京上海公演
「ブロヴァンスの碧い空」 アンドレ
1999/12 シアター・ドラマシティー(大阪)
「LUNA-月の伝言-/BLUE MOON BLUE」
「LUNA-月の伝言-」 ブライアン
「BLUE MOON BLUE」 ナーガ
2000/2-4 宝塚大劇場(宝塚)

専科時代
専科に異動

2000/6
「宝塚 雪・月・花/サンライズ・タカラヅカ」
2000/6-7 ベルリン公演
「ALL ABOUT RIKA」(宙組)
2000/9-10 ル・テアトル銀座(東京)
「ALL ABOUT RIKA」(雪組)
2000/11 宝塚バウホール(宝塚)
「いますみれ花咲く/愛のソナタ」(月組)
「いますみれ花咲く」 皇子
「愛のソナタ」 オックス男爵
2001/1-2 東京宝塚劇場(東京)
「プロヴァンスの碧い空」再演 (月組)アンドレ・モォヴァル
2001/3/5-20 ル・テアトル銀座(東京)

第二次月組・月組トップ男役時代
月組に戻る

2001/5
「愛のソナタ/ESP!!」
「愛のソナタ」 オックス男爵
「ESP!!」 コートの男A,ガイA,タンゴの男A,他
2001/5-7 宝塚大劇場(宝塚)
「大海賊/ジャズマニア」 *トップスター披露公演
「大海賊」 エミリオ
「ジャズマニア」 GIジョー,ザ・マン,ザ・ゲスト  
2001/8-9 東京宝塚劇場(東京)
「ガイズ&ドールズ」 スカイ・マスターソン
2002/1-2 宝塚大劇場(宝塚)
「サラン・愛」 趙竜雲
2002/6-7 全国ツアー
「長い春の果てに/With A Song in my Heart」
「長い春の果てに」 ステファン
「With A Song in my Heart」 ディック,チャイナドール,他
2002/8-9 宝塚大劇場(宝塚)
「花の宝塚風土記/シニョール ドン・フアン」
「花の宝塚風土記」 書生,山三,傾き男S,他
「シニョール ドン・ファン」 レオ・ヴィスコンティ
2003/4-5 宝塚大劇場(宝塚)
「Lica-Rica/L,R」
2003/9 東京芸術劇場(東京)
「Lica-Rica/L,R」
2003/10 シアター・ドラマシティー(大阪)
「薔薇の封印」 フランシス *退団公演
2003/11-12 宝塚大劇場(宝塚)

宝塚退団後の活動
舞台
朗読劇「愛の手紙」(日本文化交流会サロン vol.59)
2004/4/23-4/24 有楽町朝日ホール(東京)
「喝采」 影山璃香役
2004/7/1-7/25 帝国劇場(東京)
ファーストコンサートツアー2005「Ca★Va」
2005/1/27-1/30 東京国際フォーラム(東京)
2005/2/1-2/2 大阪厚生年金会館・芸術ホール(大阪)
2005/2/4-2/5 愛知厚生年金会館 (愛知)
「グッバイ・チャーリー」 チャーリー役主演
2005/4/19-4/20 シアター・ドラマシティ(大阪)
2005/4/23-4/29 東京芸術劇場(東京)
2005/5/1 中日劇場(愛知)
「ボーイ・フロム・オズ」 ライザ・ミネリ役
2005/6/10-6/27 青山劇場(東京)
「LOVE LETTERS」 メリッサ役
2005/8/11 パルコ劇場(東京)
「GRAND HOTEL」 フレムシェン役
2006/1/6-1/24 東京国際フォーラム(東京)
芸能活動20周年記念コンサート 「XX-SPLASH!」
2006/4/7-4/10 新国立劇場(東京)
「ジャック・ブレルは今日もパリに生きて歌っている」
2006/5/12-5/14 ル テアトル銀座(東京)
朗読劇「窯変・源氏物語 夕顔の巻」
2006/8/4-9 白寿ホール(東京)
「黒革の手帖」 岩村叡子役
2006/10/3-10/26 明治座(東京)
「ボーイ・フロム・オズ」再演 ライザ・ミネリ役
2006/10/28-11/6 青山劇場(東京)
2006/11/23-11/26 大阪厚生年金会館・芸術ホール(大阪)
「タイタニック the musical」 ケイト・マクガワン役
2007/1/15-2/4 東京国際フォーラム(東京)
「モダン・ミリー」 ミリー役主演
2007/4/16-4/29 新国立劇場(東京)
「Dancin' Crazy」 
2007/8/2-4 文京シビックホール(東京)
2007/8/9-13 梅田芸術劇場メインホール(大阪)
2007/8/22-23 五反田ゆうぽうと(東京)
「女ねずみ小僧 〜目明かしの女房〜」 浅黄役 
2007/11/2-27 明治座(東京)
Super Collaborate Show 「Mr. PINSTRIPE 2007」 
2007/12/13-16 東京芸術劇場(東京)
2007/12/20 大阪厚生年金会館 ウェルシティ大阪大ホール(大阪)
ミュージカルロマンス「DRACULA ドラキュラ伝説」 ルーシー・ウェステンラ役
2008/4/12-21 中日劇場(名古屋)
2008/4/24 東京エレクトロンホール宮城(仙台)
2008/5/1 ウェルシティ広島(広島厚生年金会館)(広島)
2008/5/21 福岡市民会館(福岡)
2008/6/4-8 梅田芸術劇場メインホール(大阪)
2008/6/12-22 新国立劇場中劇場(東京)
ミュージカル 「シャウト!」 ブルー役
2008/8/6 ヨコスカ・ベイサイド・ポケット(神奈川)
2008/8/12-31 博品館劇場(東京)
2008/9/3 可児市文化創造センター主劇場(岐阜)
2008/9/5 富士ロゼシアター大ホール(静岡)
2008/9/7 アルファあなぶきホール(香川県県民ホール)大ホール(高松)
2008/9/9 兵庫県民芸術文化センター中ホール(西宮)
2008/9/11 松山市民会館大ホール(愛媛)
2008/9/13 高知県民文化ホール オレンジホール(高知)
2008/9/15 宗像ユリックス イベントホール(福岡)
「ボーイ・フロム・オズ」再再演 ライザ・ミネリ役
2008/10/5-10/14 青山劇場(東京)
2008/10/23-10/26 シアターBRAVA!(大阪)
ミュージカル「愛と青春の宝塚 〜恋よりも生命よりも〜」嶺野 白雪 (リュータン)役主演(湖月わたるとWキャスト)
2008/12/2-22 新宿コマ劇場(東京)(12月1日プレビュー公演)
2008/12/27 グリーンホール相模大野(神奈川)
2009/1/11 福岡サンパレス(福岡)
2009/1/15 鹿児島市民文化ホール(鹿児島)
2009/1/18 崇城大学市民ホール(熊本市民会館)(熊本)
2009/1/21 佐賀市文化会館(佐賀)
2009/1/31 広島厚生年金会館(広島)
2009/2/4 岩手県民会館(岩手)
2009/2/7 静岡市民文化会館(静岡)
2009/2/11-12, 14-15 梅田芸術劇場(大阪)
2009/2/21 新潟県民会館(新潟)
2009/2/24 富山オーバードホール(富山)
2009/2/26 福井フェニックスプラザ(福井)
2009/2/28 石川厚生年金会館(石川)
2009/3/4 北海道厚生年金会館(北海道)
2009/3/8 長野県県民文化会館(長野)
2009/3/10 愛知県芸術劇場(愛知)
「T4ファーストコンサート」
2009/3/13/-15 東京国際フォーラム(東京)
ドラマティックレビュー「うたかたのオペラ」メイファ役 主演
2009/6/26-28 大阪松竹座(大阪)
朗読「氷山ルリの大航海」
2009/7/30 横浜大さん橋ホール(神奈川)横浜開港博Y150イベント
ミュージカル「グッバイ、チャーリー」チャーリー・ソレル役 主演
2009/9/12-20 東京芸術劇場(東京)
2009/9/26 大阪厚生年金会館 ウェルシティ大阪 芸術ホール(大阪)
「Wedding Dancing Happening ~踊れないヤツが犯人だ!~ / Dancing☆Stars」渋谷潤役
2009/10/10-12 東京プリンスホテル 鳳凰の間
朗読「九つの物語vol.1」
2009/10/27 「人魚の嘆き」 渋谷セルリアンタワー能楽堂(東京)
2009/10/28 「魔術師」 渋谷セルリアンタワー能楽堂(東京)
「Nine The Musical」 リリアン・ラ・フルール役
2009/12/11-12/27 ル・テアトル銀座(東京)
2010/1/9-1/10 シアターBRAVA!(大阪)
ドラマティックレビュー「うたかたのオペラ」再演 メイファ役 主演
2010/5/7-9 日本青年館(東京)
「つばき、時跳び」
2010/8/11-29 明治座
「朗読劇 私の頭の中の消しゴム」
2010/9/8-19 銀河劇場
「源氏物語 ~ボクは、十二単に恋をする~」主演
2010/10・11月 天王洲銀河劇場
「最後の一枚の絵」 
2010/12月 新国立劇場
「陰陽師 ~Light and Shadow~」 
2011/4/7-17 新国立劇場
「風と共に去りぬ」 メラニー 役
2011/6/3-12 梅田芸術劇場
2011/6/18/-7/10 帝国劇場
「ジンギスカン~わが剣、熱砂を染めよ~」 ジンギスカン 役  予定
2011/10/3-13 東京・渋谷区文化総合センター大和田

テレビ
テレビ朝日 「松本清張 黒革の手帖」 レギュラー出演(櫻井曜子役) 2004/10-12
NHK 「スタジオパークからこんにちは」ゲスト 2005/01/19
朝日放送 「夢縁坂骨董店」 (第2話ゲスト出演) 2005/10
フジテレビ 浅見光彦シリーズ22「首の女(ひと)殺人事件」 2006/02
テレビ朝日 「警視庁捜査一課9係」 (第7話ゲスト主演) 2006/05
日本テレビ 「火曜ゴールド 監察医・室生亜季子スペシャル 最後の解剖」ゲスト 2007/03
日本テレビ 「シャル・ウィ・ダンス?~オールスター社交ダンス選手権~」
第4シリーズにて二宮清プロとペアを組み優勝
TBS 「地獄の沙汰もヨメ次第」 レギュラー出演(大塚翔子役) 2007/7-9
TBS 「水戸黄門 第38部」 第13話「弥七に恋した影の女・尾張」 ゲスト出演 お春役 2008/04/14
テレビ朝日「名探偵の掟」(第3話ゲスト出演)2009/4
テレビ朝日「ナサケの女 〜国税局査察官〜」(第7話ゲスト出演) 島田美恵役 2010/11/25
TBS「ハンチョウ〜神南署安積班〜 シリーズ4 〜正義の代償〜」(第4話ゲスト出演) 稲垣香織役 2011/5/2



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



彩輝 なおあやき なお

naosantaidan.jpg
日本の女優。
宝塚歌劇団の元月組男役トップスター。
旧芸名:彩輝 直。
愛称はさえちゃん、さえこ。
公称身長170センチ、血液型O型。
ウィズユー所属。

略歴
神奈川県横浜市港北区、神奈川県立新羽高等学校出身。
釣具店主の第1子として出生。
小学生の頃には店番を手伝ったこともある。
命名は未熟児として出生したことから「小さくてもいいから恵まれた子に育って欲しいと名づけたと聞いた」と本人が以前語っている。
妹が3人おり、末妹が宝塚雪組男役の彩那音である。
15歳のとき、榊原郁恵主演のピーターパンを見て、女優にあこがれた。
父の知り合いの元ジェンヌに相談したことがある。初めて見た宝塚歌劇は、『西海に花散れど/ザ・レビュー3』。
1988年、宝塚音楽学校に入学。天海祐希の熱烈なファンであったことが入団を志願したきっかけだった。
1990年、第76期生として宝塚歌劇団に入団。『ベルサイユのばら』で初舞台。
1991年、月組に配属。入団2年目(研2)にして『ベルサイユのばら』新人公演でアンドレ役(東京公演の第1部のみ)に抜擢される。
1996年に星組に組替え。『二人だけが悪』で新人公演初主演。『エリザベート』新人公演のトート役など、美貌の男役として活躍。
1998年、『夜明けの天使たち―悲しみの銃弾―』でバウホール公演初主演。
2000年、新専科制度に発足に伴い専科に異動。各組への特別出演をする。
2003年、紫吹淳の後任含みとして月組に組替えで戻る。
2004年3月に月組トップスターに就任。映美くららとコンビを組むも、10月の映美の退団後は娘役トップスター不在状態となる。5月、篠山紀信撮影の写真集発売。
2005年次期月組トップスターに内定した瀬奈じゅんと組んで『エリザベート』のトート役を演じる。5月22日の『エリザベート』東京公演千秋楽をもって退団した。
同期に、宙組組長の寿つかさ、宙組副組長の鈴奈沙也、花組副組長の高翔みず希や、女優の樹里咲穂、純名里沙、星奈優里、月影瞳、風花舞などがいる。

宝塚時代の舞台出演
月組時代
花組 ベルサイユのばら―フェルゼン編― 初舞台。 月組に配属。
ベルサイユのばら―オスカル編―(1991年) - 新人公演アンドレ役(第1部のみ)
PUCK(1992年) - 新人公演ヘレン役/※本公演のヘレン役汐風幸が数日間休演の際同役代演
グランドホテル(1993年) - 新人公演 ラファエラ役
ロンドン公演 花扇抄 扉のこちら ミリオン・ドリームズ(1994年)
Me And My Girl(1995年) - 新人公演 ジョン卿 役(第2部のみ)

星組時代
二人だけが悪(1996年6月4日 宝塚大劇場、8月13日 東京宝塚劇場) 新人公演初主演 ジェイ・レンハート役
エリザベート(1996年、宝塚大劇場、東京宝塚劇場) ジュラ役 新人公演 トート役
誠の群像 新選組流亡記(1997年5月9日 - 8月30日、宝塚大劇場、東京宝塚劇場) 加納惣三郎役
ダル・レークの恋(1997年 - 1998年、宝塚大劇場、帝国劇場 他) ラジオン役
夜明けの天使たち(1997年9月22日-29日、日本青年館) ジョシュア役
夜明けの天使たち―悲しみの銃弾―(1998年1月10日-25日) バウホール公演初主演 ジョシュア役
皇帝 / ヘミングウェイ・レヴュー(1998年6月26日-8月3日宝塚大劇場、10月10日-11月23日1000days劇場) サビナ役
エピファニー―「十二夜」より―(1999年12月4日-12日) バウホール公演主演 お高/高五郎の2役
我が愛は山の彼方に / グレート・センチュリー(1999年8月5日-25日 博多座、10月1日-11月8日 宝塚大劇場、2000年1月2日-2月6日 1000days劇場)
聖者の横顔(2000年3月4日-19日 宝塚バウホール、3月25日-31日 日本青年館) バウホール公演主演 ルーカ役
黄金のファラオ/美麗猫(2000年5月19日-6月26日 宝塚大劇場、8月19日-9月17日 1000days劇場)

専科時代
望郷は海を越えて / ミレニアム・チャレンジャー!(2001年2月3日-22日 日中劇場、宙組)
ベルサイユのばら2001―フェルゼンとマリー・アントワネット編―(2001年4月6日-5月14日 宝塚大劇場、6月29日-8月12日 東京宝塚劇場、宙組) オスカル役、アンドレ役
花の業平―忍ぶの乱れ― / サザンクロス・レビュー2(2001年11月16日-12月23日 東京宝塚劇場、2002年2月2日-21日 名古屋日中劇場、星組)
プラハの春 / LUCKY STAR!(2002年4月12日-5月20日 宝塚大劇場、6月28日-8月11日 東京宝塚劇場、星組)
日中国交正常化30周年記念 宝塚歌劇 第2回中国ツアー公演(2002年9月13日-15日 上海大劇院、20日-22日 北京世紀劇院、28日-10月2日 広州麗江明珠歌劇院、星組)
シニョール・ドン・ファン(セルジィオ) / 花の宝塚風土記―春の踊り―(2003年、宝塚大劇場、東京宝塚劇場、月組)
新人公演では妹がセルジィオ役を演じた。

月組時代
薔薇の封印―ヴァンパイア・レクイエム―(2003年 - 2004年) ミハイル役

月組トップスター時代
ジャワの踊り子(2004年) 全国ツアー公演 アディナン役
飛鳥夕映え / タカラヅカ絢爛II―灼熱のカリビアンナイト―(2004年) 蘇我入鹿役
熱帯夜話―眠れない夜に―(2004年) 宝塚バウホール/ル・テアトル銀座公演 サエール役
エリザベート―愛と死の輪舞―(2005年) トート役



宝塚退団後の活動
退団後まもなく、舞台『プロデューサーズ』への出演をはたし、またCASIOのデジタルカメラ「EXILIM」、花王のピュオーラのイメージキャラクターを務めた。
現芸名への改名をはさみ、近年宝塚歌劇団を退団したジェンヌとしては舞台のみならずTVや雑誌への露出も多い。

舞台
ブロードウェーミュージカル プロデューサーズ(2005年8月、青山劇場) ヒロイン ウーラ役
大吉夢家族~恋はいつでもサンバのリズムで~(2005年12月、帝国劇場) 由香里役
LOVE LETTERS(2006年2月/2回公演 パルコ劇場) メリッサ役
真説・山椒太夫 世界劇・黄金の刻 ~愛と永遠の絆~ (2006年9月、日本武道館) 厨子王役
TSミュージカル AKURO 悪路(2006年10月、サンシャイン劇場) ヒロイン アケシ役
東映アニメーション50周年記念ミュージカル 白蛇伝 ~White Lovers~ (2006年11月、ル・テアトル銀座) 白蛇の女王 鑼美亜役
何日君再来(イツノヒカキミカエル) (2007年5月、日生劇場/シアタードラマシティ) 青空のぞみ役
暗くなるまで待って (2007年9月、THEATER1010) スージー役 主演
女ねずみ小僧 (2007年11月、明治座) 葵役
ブロードウェイミュージカル プロデューサーズ(2008年2月、東京国際フォーラム/シアターBRAVA!) ヒロイン ウーラ役
ミュージカル SE M PO ~日本のシンドラー 杉原千畝物語~(2008年4月~5月、東京/名古屋/大阪で公演) エバ役
ACHE エイク ~疼き~(2008年7月、東京/大阪で公演)
LOVE LETTERS #359 (2008年7月28日、 PARCO劇場) ※2度目のメリッサ
ミュージカル 愛と青春の宝塚 ~恋よりも生命よりも~(2008年12月、東京/大阪/福岡/広島 他 全国各地)
THE GAME OF LOVE ~恋のたわむれ~(2009年5月、THEATRE1010、西鉄ホール、シアター・ドラマシティ、中日劇場)
ガブリエル・シャネル(2009年7月、新橋演舞場、2010年3月、大阪松竹座)
仙台四郎物語~福の神になった男(2009年9月、明治座)
Musical Review レザネ・フォール ~愛と幻影の巴里~(2009年11月~12月、東京厚生年金会館、梅田芸術劇場 他)
イカれた主婦(2010年5~6月、ル・テアトル銀座 他全国)
BLUE&RED(2010年9月、銀河劇場) 
絆 ‐少年よ、大紙を抱け!‐(2010年11月、新国立劇場)
ミュージカル 愛と青春の宝塚 ~恋よりも生命よりも~(2011年2月10日~3月27日、青山劇場、梅田芸術劇場、愛知県芸術劇場)橘伊吹(タッチー)役 
ガブリエル・シャネル(2011年5月14日~28日、日生劇場)アドリエンヌ役
アニー (2011年8月10日~28日シアター・ドラマシティ、愛知県芸術劇場大ホール) グレース役 (香寿たつきとダブルキャスト)
ピアフ (2011年10月13日~11月6日、日比谷シアタークリエ) 予定

映画
「0093 女王陛下の草刈正雄」(2007年10月13日公開)

CM
カシオ、エクシリム (2005年6月 - 2007年6月)
第1弾は彩輝が男装と女性の2役をこなしていた。続く2005年11月から放映中の第2弾はタンゴダンスを披露している。
第3弾 EX-Z1000 まで。
花王、ピュオーラ (2006年9月 - 2007年6月)




OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



真琴 つばさまこと つばさ


歌手、元宝塚歌劇団月組トップスター。
東京都品川区出身。
マナセプロダクション系列でエフ・スピリット所属。
本名・保川 真名美(やすかわ まなみ)
公称身長168cm
血液型はA型
射手座。
宝塚時代の愛称はマミ

略歴
宝塚歌劇との出会いは小学校在学中で、「当時雪組男役スターであった麻実れいの存在を知り、東京宝塚劇場にも『丘の上のジョニー』を皮切りに、雪組公演を中心にたびたび足をはこんでいた」ことを真琴自身が話している。
中学・高校と実践女子学園ですごす。
中学時代はバレーボールの選手だった。
1983年、宝塚音楽学校入学。第71期生。
宝塚音楽学校の入学式に遅れて到着し、生徒に連行されるようにして席に着く姿がゴールデンタイムのニュース番組で放映された。
1985年、宝塚歌劇団に入団。
花組『愛あれば命は永遠に』で初舞台。
同期に轟悠、愛華みれ、鮎ゆうき(俳優・神保悟志夫人)、稔幸らがいる。
同年、花組に配属。
当時の花組には有力なスター候補がひしめいており、特に愛華みれ、香寿たつきには押され気味の状況であった。後に「暗黒時代だった」と語ったほどである。
しかし1991年最後の『ヴェネチアの紋章』新人公演では、大浦みずきの口添えにより、悲願の初主役に抜擢された。
1993年、『ル・グラン・モーヌ』で宝塚バウホール公演初主演を果たした後、月組に組替え
男役スターとしての地位を確立した。
『風と共に去りぬ』のスカーレット、『ミー・アンド・マイガール』のジャッキーなど、1年あまりに渡って女役での演技が続いた。
当時のトップ男役天海祐希・久世星佳を盛り立てた。

1997年、前任者久世の退団に伴い、『EL DORADO』で月組トップスターに就任。
当初の相手役は風花舞。
1999年、風花の退団により、新たな相手役として檀れいを迎える。
中国公演や『LUNA-月の伝言-』でのアドリブなど、多彩なエンターティナーぶりを発揮。
「THE 夜もヒッパレ」などへのテレビ出演も多数務めた。
2001年、『愛のソナタ/ESP!』大劇場公演(※日程の都合上東京公演が先で大劇場が後)にて退団。
現在は歌手・女優として活躍する傍ら、バラエティ番組を中心に地上波テレビ番組出演もこなしている。
月組トップスター時代に中堅、若手の男役で結成された「シューマッハ」(メンバーは汐美真帆、大空祐飛、霧矢大夢、大和悠河)の名付け親でもある。



宝塚時代の主な舞台出演作品
花組時代
1990年 - 『ベルサイユのばら』 新人公演:アンドレ(宝塚・東京)
1991年 - 『ヴェネチアの紋章/ジャンクション24』 新人公演:アルヴィーゼ(本役:大浦みずき) (宝塚・東京)*新人公演初主演
1992年 - 『白扇花集/スパルタカス』 パオロ(宝塚・東京)
1993年 - 『メランコリック・ジゴロ/ラ・ノーバ!』 バロット(宝塚・東京)
1993年 - 『ル・グラン・モーヌ』 (宝塚バウホール)*バウ初主演

月組時代
1993年 - ディナーショー『ディナー・ショー』 (六甲山)
1993年 - 『花扇抄/扉のこちら/ミリオン・ドリームズ』ダークドール他 (宝塚)
1993年 - 『夢の10セント銀貨』カスター (宝塚・東京・愛知)
1994年 - 『風と共に去りぬ』スカーレット (宝塚・東京)
1994年 - ロンドン公演『花扇抄/扉のこちら/ミリオン・ドリームズ』ダークドール他 (ロンドン)
1994年 - ディナーショー『Dreaming of Night』 (宝塚)
1994年 - 『風と共に去りぬ』アシュレ (全国ツアー)
1994年 - 『エールの残照/TAKARAZUKA・オーレ!』ラッセル准将 (ロンドン公演出演に伴い、東京のみ)
1994年 - 『ローン・ウルフ』ジェイソン (宝塚バウホール・1995年東京青年館・愛知)*主演
1995年 - 『Beautiful Tomorrow』 (宝塚)
1995年 - 『ハードボイルド・エッグ/EXOTICA』シドニー (東京)
1995年 - 『ミー・アンド・マイガール』ジャッキー (宝塚・東京)
1996年 - 『訪問者』清二郎/レオナール (宝塚バウホール・東京青年館)*主演
1996年 - 『CAN-CAN/マンハッタン不夜城』ヴィクトール (宝塚・東京)
1996年 - ディナーショー『DANGEROUS ZONE』 (宝塚・東京)
1996年 - 『チェーザレ・ボルジア/プレスティージュ』ニコロ・マキャヴェリ(宝塚)
1996年 - 『バロンの末裔/グラン・ベル・フォリー』リチャード(宝塚・東京)
1997年 - ディナーショー『加夢音』 (宝塚・東京)

月組トップスター時代
1997年 - 『EL DORADO』イグナシオ・デ・ルシア (宝塚・東京)*トップ披露公演*
1997年 - 『チェーザレ・ボルジア/プレスティージュ』チェーザレ・ボルジア (全国ツアー)
1997年 - 『Alas』Alas (大阪)
1998年 - 『WEST SIDE STORY』トニー (宝塚・東京)*TAKARAZUKA1000days劇場こけら落とし公演
1998年 - ディナーショー『MIX』 (東京・大阪・名古屋)
1998年 - 『黒い瞳/ル・ボレロ・ルージュ』ニコライ (宝塚・1999年東京)
(~相手役:風花舞)
1999年 - 『うたかたの恋/ミリオン・ドリームズ』ルドルフ (全国ツアー)
1999年 - 『螺旋のオルフェ/ノバ・ボサ・ノバ―盗まれたカルナバル―』イブ・ブランシェ/ソール (宝塚・東京)
1999年 - ディナーショー『Who? What.Why!』(大阪・広島・東京)
1999年 - 『第二回松本悠里リサイタル』 (宝塚)
1999年 - 中国公演『夢幻花絵巻/ブラボー!タカラヅカ』 (北京・上海)
1999年 - 『うたかたの恋/ブラボー!タカラヅカ』ルドルフ (全国ツアー)
2000年 - 『LUNA-月の伝言-/BLUE・MOON・BLUE―月明かりの赤い花―』ALEX・月読(二役)/レイナ (宝塚・東京・博多)
2000年 - 『ゼンダ城の虜/ジャズマニア』ルドルフ・ラッセンディル (宝塚)
2001年 - 『いますみれ花咲く/愛のソナタ』オクタヴィアン (東京)*東京宝塚劇場こけら落とし公演
2001年 - 『Practical Joke―ワルフザケってことにしといてくれよ―』ドイル (大阪・赤坂)
2001年 - ディナーショー『TSUBASA伝説』(大阪・東京)
2001年 - 『愛のソナタ/ESP!』オクタヴィアン (宝塚) *退団公演*
(~相手役:檀れい)

宝塚退団後
ライブ・ステージ他(A~活動)
2002年 - A - 『LIVE A-Alive-』(THE LIVE 2002)(東京)
2002年 - B - 『LIVE B-Break!-』(THE LIVE 2002)(東京・大阪)
2002年 - C - 『LIVE C-Contrast-』(THE LIVE 2002)(東京)
2002年 - D - 『X'mas・Dinner Show』(ディナーショー)(東京・大阪)
2003年 - E - 『everyone』(1stアルバム)
2003年 - F - 『FAKE!』(THE LIVE 2003)(東京・長野・富山・大阪・名古屋・福岡)
2003年 - G - 『Gang Way』(ディナーショー)(東京・大阪・名古屋・札幌)
2004年 - H - 『Heal...』(2ndアルバム)
2004年 - I - 『I.』(THE LIVE 2004)(神奈川・大阪・東京)
2004年 - J - 『Jeanne d'Arc in 2004』(ディナーショー)(東京・大阪)
2005年 - K - 『KISEKI』(THE LIVE 2005) (大阪・東京)
2005年 - L - 『Luminous』(3rdアルバム)
2005年 - M - 『Make-M-』(ディナーショー)(東京・大阪)
2006年 - N - 『La Notte』(THE LIVE 2006)(東京・大阪)
2006年 - O - 『On and On!』(ディナーショー)(東京・大阪)

舞台
2003年 - 『BLOOD BROTHERS』ナレーター (東京)
2004年 - 『Magical Musical「DREAM BOY」』マコト (東京)
2005年12〜2006年2月 - 『わが歌ブギウギ-笠置シズ子物語-』笠置シズ子 (大阪・名古屋・東京)
2007年8月 - 『しとやかな獣』三谷幸枝 (東京)
2007年9月 - 『DREAM BOYS』(東京・帝国劇場)
2008年8〜9月 - 『幕末純情伝』坂本龍馬(東京・新橋演舞場、名古屋、福岡、金沢)
2011年2〜3月 - 『愛と青春の宝塚』嶺野白雪(リュータン)(東京・青山劇場、大阪・梅田芸術劇場、名古屋・愛知県芸術劇場)*予定
2011年7月 - 『ニッポン無責任新世代』(東京・シアタークリエ)

シングル、プロモーションビデオ

2001年(宝塚時代) - 『EDEN~黄昏はなにも言ってくれない 』
2002年 - 『WISH...』
2002年 - 『綺羅-KIRA』
2003年 - 『奇跡の翼』
2004年 - 『Winter dust~夢と切なさの間で~』
2005年 - 『wild flower』
2006年 - 『ふたり… / はじまりの季節』

主なステージ
2003年 - 『奇跡の翼リリース記念トークショー』(宝塚・福岡・高松・京都・東京・横浜・富山)
2003年 - 『コーセーアンニュアージュトーク 150回記念特別編』
2004年 - 『TCAスペシャル OGバージョン 「ゴールデン・メモリーズ」』
2005年 - 『Broadway Gala Concert 2005』
2005年 - 『元気プロジェクト第3弾「ココロとカラダに効くSHOW~ビタミン"M&B"」』
2005年 - 『朗読劇「涙の温度」』
2005年 - 『20th Anniversary Concert 真琴つばさ Symphonic Concert in SUNTORY HALL』
2007年 - 『小林一三没後50年追悼スペシャル「清く正しく美しく」-この教え護り続けて-』
2007年 - 『Dear Friend番外編』(ゲスト出演)
2007年4月 - 『朝日チャリティーコンサート「石井好子とシャンソンの夕べ」』
2007年5月 - 『ザ・ミュージカル・ショー「SHOW店街組曲」』
2007年9月 - 『タカラヅカ・スカイ・ステージ 5th Anniversary Special』
2007年10月 - 『トーク&ライブ「So Lotte」』

主なテレビ出演
ウタワラ(日本テレビ、2006年9月17日 - 12月3日)
世界バリバリ★バリュー(毎日放送)
びっくり法律旅行社(NHK)
徹子の部屋(テレビ朝日)
スタジオパークからこんにちは(NHK)
ライオンのごきげんよう(フジテレビ、2010年6月10日・11日・14日)
クイズ!ヘキサゴンII(フジテレビ)
バラエティー生活笑百科(NHK大阪、2009年11月21日)
VS嵐(フジテレビ、2010年2月25日)
MUSIC FAIR(フジテレビ、2010年6月5日)
ザ・ミュージックアワー(TBS、2010年6月8日・15日)
イキだね!わたしの東京時間(NHK総合*関東ローカル、2010年9月3日)
芸能界1000人大調査!! プライベート完全データ化スペシャル(読売テレビ、2010年9月23日)
ディープピープル(NHK総合、2010年10月3日)
メレンゲの気持ち(日本テレビ、2010年11月13日)
さんまのまんま(関西テレビ、2010年12月11日)愛華みれと共にゲスト出演
ネプリーグ芸能界常識王決定戦(フジテレビ、2011年1月10日)市毛良枝、紺野美沙子、島崎和歌子、鈴木砂羽とともに出演。
たけしのニッポンのミカタ!(テレビ東京、2011年1月14日)MEGUMIと共にゲスト出演
金曜バラエティー(NHK総合、2011年1月21日)湖月わたる,彩輝なお,貴城けいと共にゲスト出演
森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ、2011年2月15日)「プライベートレース 金銀銅なの?!」コーナーに出演。
スタジオパークからこんにちは(NHK総合、2011年6月23日)



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。