宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



himenoborantexia.jpg

東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県南三陸町で29日、宝塚歌劇団(兵庫県宝塚市)の元女優が主宰したボランティアグループががれきの撤去を行った。

震災直前に最愛の母親を亡くした元女優は、ボランティアが減っている現状に心を痛め、ファンに呼びかけ、作業した。

呼びかけたのは、「妃乃あんじ」の名で同歌劇団月組で活躍していた植田恵理子さん(28)(大阪市住吉区)。

昨年2月28日、最愛の母・千鶴子さん(当時56歳)が、がんで亡くなり、悲しみのどん底にいた直後、大震災が起きた。
「自分のように大切な人を亡くした人がたくさんいる。このまま舞台に立っていていいのか」と悩んだ末、10月に同歌劇団を退団。翌11月に宝塚市と支援協定を結んでいた南三陸町を訪れると、大量のがれきが残っていた。
同町を訪れるボランティアがピーク時の半分にまで減っていることも知り、「今動かなければ」と決意した。




スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。