宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



元宝塚宙組男役トップスターの大和悠河とモデルの敦士がW主演する二人芝居『GULF』が20日、東京・青山円形劇場で初日を迎えた。
開幕前に取材に応じた大和は「すごく濃密な時間。たいへんだけどやりがいがあります」と意気込み、舞台初主演となる敦士も「毎日10時間ぐらいけいこしました。不安がないといえばうそになりますが、とても楽しみでもあります!」と力強く語った。

とあるネットの掲示板に掲載された「モニター募集。湾岸でのニート生活を1年間保障。経過観察で1000万円支給」という広告を見て応募してきた二人が連れてこられた場所とは――。1991年におきた湾岸戦争以降のニュースを振り返りながら、世界と日本の“今”を映し出す密室劇が繰り広げられる。

大和は「自分と同世代の人が抱える悩みが、彼女(自身の役)に象徴されている。そういう同世代の人に見てもらって、明日に?がれば」と期待を込め、敦士は「彼(自身の役)はニートではあるけれど、ニートというフィルターを通して、現代の日本人が抱えているものが象徴されている役だと思います。二人のやりとりを通じて、人と人との繋がりを感じてもらえればいいと思います」と真摯に語った。

逃げ場のない密室劇。
共演者もいない二人芝居だけにともにセリフに大苦戦。
「セリフの量が多いので、けいこ中にお互い顔を見合わせて、今どっちのセリフの番だっけ?と確認しながらやりました」と大和が笑えば、敦士も「量が多くて覚えるのがたいへんでした」と同調していた。


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。