宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


日高 澄子ひだか すみこ

本名 谷口富子(たにぐち とみこ)
日本の女優

来歴
京都府出身。1935年に宝塚音楽歌劇学校に入り、1936年にグランド・レビュー『ゴンドリア』で初舞台を踏む。
24期生。戦後の1946年に宝塚歌劇団を退団する。
1947年4月に大映京都へ入社し、阪東妻三郎主演『壮士劇場』で映画デビュー、1952年に退社する。
1955年から日活、大映にも出演する。その後はテレビドラマでは脇役が多かった。
2002年8月1日に肝不全で死去。享年79。

主な出演
映画
壮士劇場(1947年)
悪魔の乾杯(1947年)
幽霊列車(1949年)
女殺し油地獄(1949年)
七つの宝石(1950年)
鉄の爪(1951年)
銭形平次(1951年)
阿波狸屋敷(1952年)
西陣の姉妹(1952年)
大仏開眼(1952年)
蟹工船(1953年)
太陽のない街(1954年)
美女と怪龍(1955年)
復讐侠艶録(1956年)
大菩薩峠(1957年)
穴(1957年)
秋津温泉(1962年)
花と龍(1965年)

テレビドラマ
石中先生行状記(1957年、NTV)
母と娘(1960年、NHK)
連続テレビ小説・うず潮(1964年、NHK)
特別機動捜査隊 第199話「再会」(1965年、NET)
人形佐七捕物帳 第30話「矢がすりの女」(1965年、NHK) - 小夜
松本清張シリーズ 「厭戦」(1966年、KTV)
戦国太平記 真田幸村(1966年、TBS)
大河ドラマ・三姉妹(1967年、NHK)
大奥 第27話「上様乱心」・第28話「美しき献身」(1968年、KTV)
赤ひげ 第33話「氷の下の芽」(1973年、NHK)
花ぐるま(1974年、NHK)
赤い衝撃 第7話「母の離婚」(1976年、TBS)
翔べ! 必殺うらごろし 第20話「水探しの占い棒が死体を見つけた」(1979年、ABC)
ガラスのうさぎ(1980年、NHK)
松本清張の駆ける男(1980年、ANB)
木曜ゴールデンドラマ / 女、その愛と別れ(1981年、NTV)
ポーラテレビ小説 / 発車オーライ(1981年、TBS) - まさ
銭形平次 第779話「憎まれ天使たち」(1981年、CX) - お幸
水戸黄門(TBS / C.A.L)
第12部 第17話「備前緋襷兄弟茶碗 -岡山-」(1981年12月21日) - お国
第22部
第13話「帰らぬ息子は船幽霊 -高知-」(1993年8月9日) - おさき
第33話「格さんの親友は脱藩者 -白河-」(1993年12月27日) - 田岡りく
大岡越前 第6部 第2話「辻斬り三葉葵」(1982年3月15日、TBS / C.A.L) - おりく
ザ・ハングマンII 第16話「ゴッドマザーの馬鹿ムスコを吊るせ」(1982年、ABC)
裸の大将 (KTV)
第13話「ボクは富士山に登るので」(1983年)
第18話「尾道坂道春の雪」(1986年)
土曜ワイド劇場 (ANB)
「ガラスの断崖」(1984年)
「美しい女相続人のさけび」(1987年)
「津軽・青森ロマンチック殺人街道」(1989年)
「桜子は帰ってきたか」(1991年) - 桐本澄江
金曜女のドラマスペシャル / 嫁は姑を殺したか(1984年、CX)
月曜ワイド劇場 / 私はみだらな女(1984年、ANB)
親戚たち(1985年、CX)
暴れん坊将軍II 第140話「風雲八ヶ岳、男の祭り唄!」(1986年、ANB / 東映) - しず
火曜ミステリー劇場 / 十津川警部の挑戦(1990年、ANB)



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。