宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


谷間 小百合たにま さゆり

本名 八木百合子
日本の女優
広島県広島市出身。宝塚音楽歌劇学校を第24期生として卒業。
女優として活躍した日高澄子と同期。
戦時中、戦後と映画女優として活躍した。

経歴
1935年、宝塚少女歌劇団に入団し、花組に所属。日高澄子とともに、グランドレビュー『ゴンドリア』で初舞台。
1939年、在団中に、宝塚映画『雪割草』に出演。
1940年9月、『宝塚グラフ』の表紙を飾る。
1941年、宝塚歌劇団を退団し、東宝に入社。黒澤明監督『一番美しく』などに出演。
1951年、成瀬巳喜男監督の『めし』を最後に退社。
1952年、『霧の夜の兇弾』(東映)出演後、芸能活動引退。

フィルモグラフィ
『幸子と夏代』(東宝映画東京、1941年)
『女学生記』(東京発声、1941年)
『男の花道』(東宝映画、1941年)
『若い先生』(東宝映画、1942年)
『南海の花束』(東宝映画、1942年)
『小春狂言』(東宝映画、1942年)
『愛の世界 山猫とみの話』(東宝映画、1943年)
『一番美しく』(東宝、1944年)
『恋の風雲児』(東宝、1945年完成、1953年公開)
『明日を創る人々』(東宝、1946年)
『或る夜の殿様』(東宝、1946年)
『わが青春に悔なし』(東宝、1946年)
『今ひとたびの』(東宝、1947年)
『戦争と平和』(東宝、1947年)
『無頼漢長兵衞』(大映、1949年)
『獄門島』(東横、1949年)
『獄門島 解明篇』(東横、1949年)
『女の四季』(東宝 1950年)
『めし』(東宝 1951年)
『わかれ雲』(新東宝、1951年)
『霧の夜の兇弾』(東映、1952年)



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。