宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


宮城 千賀子みやぎ ちかこ

本名 佐藤 ユキ
宝塚時代は東風 うらゝ(こち うらら)と名乗った。
日本の女優である
第二次世界大戦前に宝塚歌劇団を退団後、映画女優に転向、戦後も「劇団なでしこ」を率いて舞台活動も行ない、テレビにも多く出演した。

来歴・人物
岩手県(現盛岡市)に生まれる。
13歳になる1935年(昭和10年)に宝塚歌劇団に入団(第24期)、「東風うらゝ」の名で男役として活躍した。
1940年(昭和15年)初めに17歳で退団、日活に入社、稲垣浩監督、片岡千恵蔵主演の『宮本武蔵』の「お通」役に抜擢されて華々しくスクリーンデビュー
同作は同年3月31日に公開された。翌1941年(昭和16年)11月26日、同社京都撮影所でマキノ正博や辻吉郎の助監督として働いていた、牧野省三の三男・マキノ真三と恋愛結婚する。
『宮本武蔵』の前作で「お通」を演じた轟夕起子が兄の正博と結婚した前例があり、「お通がふたりマキノ家に嫁いだ」と当時騒がれた

1942年(昭和17年)に木村恵吾監督の大ヒット作『歌ふ狸御殿』を最期に引退して家庭に入る。
翌1943年(昭和18年)、21歳で長男・省一を出産する。
同年末、実兄マキノ正博のプロデュースで夫のマキノ真三が恩師の辻吉郎とともに監督した『海賊旗吹っ飛ぶ』で映画に復帰するも、「劇団なでしこ」を結成して、舞台劇の地方巡業にいそしむ。

第二次世界大戦後の1946年(昭和21年)6月、夫の真三とともに「マキノ芸能社」を設立、「劇団なでしこ」の活動を基盤に、映画製作も行なうが、1948年(昭和23年)10月には解散している。
1952年(昭和27年)からは映画に多く出演し、翌1953年(昭和28年)の中盤に離婚することになった。
その後も多くの映画に出演した。

熟年となった1975年(昭和50年)10月に開始したテレビのバラエティ番組『独占!女の60分』では、松竹歌劇団第1期生の水の江瀧子らとともに司会をつとめ、同番組に1987年(昭和62年)3月まで出演をつづけた。
1996年急性肺炎のため死去した。73歳没。

おもなフィルモグラフィ
宮本武蔵 第一部 草分の人々 
1940年 監督・脚本稲垣浩、原作吉川英治、撮影宮川一夫、主演片岡千恵蔵 ※映画デビュー作
宮本武蔵 第二部 栄達の門 
1940年 監督・脚本稲垣浩、原作吉川英治、撮影宮川一夫、主演片岡千恵蔵 ※第一部と同時上映
宮本武蔵 剣心一路 
1940年 監督・脚本稲垣浩、原作吉川英治、撮影宮川一夫、主演片岡千恵蔵 
織田信長 
1940年 監督マキノ正博、脚本観音寺光太、撮影石本秀雄、主演片岡千恵蔵
歌ふ狸御殿 
1942年 監督・原作・脚本木村恵吾、撮影牧田行正、特殊撮影三木滋人、作詞サトウ・ハチロー、作曲古賀政男、主演高山廣子、共演美ち奴、楠木繁夫、伊藤久男、益田喜頓
海賊旗吹っ飛ぶ 
1943年 製作マキノ正博、監督辻吉郎・マキノ真三、脚本マキノ真三・滝沢一、撮影三木滋人・服部幹夫、主演高田浩吉
手袋を脱がす男 
1946年 監督森一生、脚本井上金太郎・木村恵吾、撮影宮川一夫、主演片岡千恵蔵
酔いどれ八萬騎 
1951年 監督・脚本マキノ雅弘、原作山上伊太郎、撮影三木滋人、主演原健作、月形龍之介、河津清三郎
貞操の街 
1952年 監督志村敏夫、脚本岡田豊・館岡謙之助、撮影竹野治夫、音楽山田貴四郎、共演月丘千秋、田崎潤、古川ロッパ、竜崎一郎、ディック・ミネ
花の生涯 彦根篇 / 江戸篇 
1953年 監督大曾根辰夫、原作舟橋聖一、脚本八住利雄、撮影石本秀雄、音楽鈴木静一、主演八代目松本幸四郎
顔 
1957年 製作岸本吟一、監督大曽根辰夫、原作松本清張、脚本井手雅人、瀬川昌治、撮影石本秀雄、音楽黛敏郎、主演岡田茉莉子、大木実、笠智衆、森美樹
美徳のよろめき 
1957年 製作大塚和、監督中平康、助監督西村昭五郎、原作三島由紀夫、脚本新藤兼人、撮影岩佐一泉、音楽黛敏郎、主演月丘夢路、三国連太郎、葉山良二、安部徹
けんかえれじい 
1966年 企画大塚和、監督鈴木清順、原作鈴木隆、脚本新藤兼人、撮影萩原憲治、音楽山本丈晴、美術木村威夫、照明熊谷秀夫、主演高橋英樹
未亡人殺しの帝王 
1971年 監督内藤誠、脚本小野竜之助、撮影山沢義一、音楽小杉太一郎、美術北川弘、照明桑名史郎、主演梅宮辰夫、山城新伍、八代万智子
夢二 
1991年 製作荒戸源次郎、プロデューサー秋山道男・孫家邦、監督鈴木清順、脚本田中陽造、撮影藤沢順一、音楽河内紀・梅林茂、美術池谷仙克、録音橋本文雄、写真荒木経惟、主演沢田研二、毬谷友子 ※遺作

テレビ番組
あいつと私(1967年、NTV
白い巨塔(1967年、NET)
キイハンター 第25話「現金を怖がる泥棒」(1968年、TBS)
夫婦旅日記 さらば浪人 第18話「明石の夕なぎ」(1976年、CX)
日本剣客伝 第8話「高柳又四郎」(1968年、NET)
夫婦旅日記 さらば浪人 第18話「明石の夕なぎ」(1976年、CX)
東芝日曜劇場「京おんな・恋のおくり火」(1978年、MBS)
土曜ワイド劇場「白銀の死闘」(1979年、ANB)
木曜ゴールデンドラマ (YTV)
「嫁・姑・小姑」(1983年)
「嫁・舅・姑・実母」(1989年)
逆転あばれはっちゃく(1985年、ANB)
マドンナは春風にのって(1990年、NHK)
水曜グランドロマン「水の中の祭り・3」(1991年、NTV)
徹子の部屋(ANB)
一枚の写真(CX)
ライオンのいただきます(CX)



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。