宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



大空祐飛と野々すみ花の演技に大満足 文化部記者のベスト3宝塚歌劇編(産経新聞)

現実世界の憂さをパーッと忘れさせてくれる、過剰なまでの美とサービス精神、それが宝塚歌劇。
地味なヅカ? シンプルなヅカ? そんなものはお呼びではありません。
純愛、そして上方のコテコテレビューこそ、宝塚の王道。
2014年には創立100周年とあって、もはやコテコテは伝統芸能の域に到達。
1世紀にわたり、大和撫子の紅涙を絞り続けてきた夢の舞台、今年、思い出に残った作品を。

(1)東京宝塚劇場1月・宙組「誰がために鐘は鳴る」

いい意味で宝塚の舞台であることを忘れさせる、極限状態における人間のあり方、濃密なドラマをじっくり味わえた舞台。今月27日に退団を発表したばかりの宙組トップスター、大空祐飛(ゆうひ)の大学講師ロバートと、憑依型の娘役、野々すみ花演じるマリアの悲恋が泣かせてくれました。

ゲーリー・クーパーとイングリッド・バーグマン主演の米映画でも知られるヘミングウェー原作の作品。
これを宝塚で「うたかたの恋」「哀しみのコルドバ」など宝塚の財産のような名作を数多く生み出した柴田侑宏(ゆきひろ)が1978年に世界で初めて舞台化し、鳳蘭(おおとりらん)と遥くららコンビで大ヒットさせた作品の再演。

やはり名作は、ちっとも色あせない。
主人公はスペイン内乱に参加する義勇兵ロバートと、反ファシストゲリラの娘マリア。
そうです、悲恋を炎上させるのは革命、戦争です。

野々は映画のバーグマン同様、娘役の命である髪をショートにし、悲しい過去を背負った少女になりきった! だからこそクールさが持ち味の大空演じるロバートが、心を揺らし激情を露わにする過程が胸を打つ。
あ~、命がけの恋を絵空事にしない2人の演技に、大満足でありました。

(2)同9月・月組「Dance Romanesque」

今年の宝塚のショーの中で、もう一度見たい作品ナンバーワン。
作・演出の中村暁先生、来年も頑張ってほしい。

何たって群舞を贅沢(ぜいたく)に使えるのが宝塚歌劇の強みだが、今作はこれでもかこれでもかと、バラエティーに富んだ群舞が次々と登場。
コテコテKポップアイドルグループのような美形若手男役をそろえて出したり、カモメの群舞など、宝塚の王道を押さえながら新味もあって、「やっぱりヅカは、こうでなきゃね」と納得でした。

(3)同2月・雪組「ロミオとジュリエット」

仏発の大ヒットミュージカルの日本版。
何たってブレスギュブリックの音楽が最高だ。
主題歌「AIMER(エメ)」、一度聴いたら忘れられない「キャッツ」の「メモリー」のような名曲。

そして原作はあの沙翁(シェークスピア)、鉄板ですわな。昨年まず星組が大阪、福岡で日本初演して大好評、東京では雪組でお披露目の形になったが、そりゃヒットするわ。
どこの組がやっても、これは満足できる作品。
演出・潤色は宝塚の誇るエース小池修一郎先生。





スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。