宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


舞台「シンベリン」

公演期間&会場:下記参照
出演者など
[劇作・脚本]シェイクスピア
[翻訳]松岡和子
[演出]蜷川幸雄
[出演]阿部寛 / 大竹しのぶ / 窪塚洋介 / 勝村政信 / 浦井健治 / 吉田鋼太郎 / 鳳蘭 / 他
注意事項:未就学児童は入場不可。



※発売中
2012/5/4(金・祝) ~ 2012/5/8(火)梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ (大阪府)

※発売中
2012/4/2(月) ~ 2012/4/21(土) 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール (埼玉県)

※発売中
2012/4/27(金) ・ 2012/4/28(土) ・ 2012/4/29(日) 北九州芸術劇場 大ホール (福岡県)


彩の国シェイクスピア・シリーズ「シンベリン」ロンドン公演も
阿部寛・大竹しのぶ・窪塚洋介・勝村政信・浦井健治・吉田鋼太郎・鳳蘭出演、蜷川幸雄演出、
彩の国シェイクスピア・シリーズ第25弾「シンベリン」が2012年4月より上演。
5月にはロンドン公演も行われます。

「シンベリン」(Cymbeline)は、シェイクスピアによるロマンス悲劇。
キャストは、紳士ポステュマス役を阿部寛、妻イモージェン役を大竹しのぶ。
その他、窪塚洋介・勝村政信・浦井健治・吉田鋼太郎・鳳蘭が出演。
阿部寛は、蜷川幸雄演出作に出演するのは4作目、シェイクスピア作品への出演、及び海外公演は今回が初。

ロンドン公演は、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(Royal Shakespeare Company)のプロデュースで、
2012年4月23日から9月9日に渡ってロンドンで開催される
ワールド・シェークスピア・フェスティバル(World Shakespere Festival)の一環として上演されるものであり、
またロンドン2012フェスティバルの一環として上演されるもの。
これらのフェスティバルはロンドン・オリンピックの開催とリンクして催されるもので、
シェークスピア・フェスティバルでは、シェークスピアの全37作を37の言語で上演します。

「シンベリン」ロンドン公演は、Ninagawa Company Productionとして、
5月29日から6月2日にバービカン・シアター(Barbican theater)で上演。
上演は日本語で、英語字幕が付けられることになる模様。
なおこれまでも蜷川幸雄は、「コリオレイナス」「NINAGAWA 十二夜」「「ムサシ」ロンドン・NYバージョン」などをバービカンシアターで上演しています。



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。