宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



元宝塚歌劇団娘役トップの映美くらら(32)が都内で行われたフジテレビ系初主演ドラマ「鈴子の恋」(来年1月5日スタート、月~金曜午後1時30分)の制作発表に、女優浅野ゆう子(51)俳優片岡鶴太郎(56)らと出席した。

00年に死去した女優ミヤコ蝶々さん(本名・日向鈴子=享年80)の波瀾(はらん)万丈の女一代記。
7歳から旅芸人一座の舞台に立ち、上方芸能界のトップに上り詰めた蝶々さんを演じる映美は、「頼りにされ、誰かに必要とされて生きることに喜びを感じた。プレッシャーが徐々に来ています」と大役に気持ちを引き締めた。献身的に人を愛し続けた生きざまにも、「好きになるのに理由はいらない」と共感する。

過酷だと聞かされてきた昼ドラ。
収録もいきなり“ぬれ場”となる駆け落ちシーンからスタート。
「おかげで心が裸になれた。キスシーンも初めて。本能でやりました」と体当たりで臨んだという。

父親役の鶴太郎は「江戸弁を披露できるのが楽しい。
昼帯だと思って高をくくってると痛い目にあうぞ」とまくしたてた。
数々の人気ドラマを生み出した大石静さんが脚本を手掛け、シンガー・ソングライター松任谷由実が主題歌「恋をリリース」を書き下ろした。


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。