宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ




宝塚歌劇団きっての名バイプレーヤー、未沙のえる(専科)が、11日から宝塚大劇場で開幕する星組公演「オーシャンズ11」の出演を最後に、来年2月で定年退団する。
タカラヅカ生活38年。
「ずっと夢の中にいて、すごく楽しく過ごせた」と振り返った。

兵庫県芦屋市出身で、昭和48年入団。
同期には女優の大地真央(元月組トップ)らがいる。
月組に16年間在籍、平成2年に花組に組替えになり、3年から組長に就任。
8年に専科に移り、組を超えて活躍した。

小柄な男役だが、女役もこなし、シリアスからコメディーなど、どんな役も変幻自在にこなす個性派。
「ミー&マイガール」の弁護士、パーチェスター、「ベルサイユのばら」のメルシー伯爵などの名演技は語り草となり、前作の宝塚バウホール公演「おかしな二人」では、専科スターの轟悠とがっぷり組んだコメディーが評判に。

「たくさんの役をやらせていただき恵まれているなと思う。花組では管理職の組長で、阪神大震災のときに安寿ミラの退団公演が中断するなど大きな事件があったが、あまり覚えてません。専科では自分のことだけができ、楽しく日々を送っています」

「オーシャンズ11」(小池修一郎脚本・演出)はハリウッド映画が原作の犯罪アクションで、世界初のミュージカル化に挑む話題作。
トップの柚希礼音演じるオーシャンが、11人の個性豊かなプロを集めて犯罪ドリームチームを結成、ラスベガスのカジノにある地下金庫から大金を奪う計画を立てる。

未沙は仲間のひとりで往年の天才詐欺師ソール・ブルーム。
引退して年金生活を送っていたが、引っ張り出されて参加する役柄だ。
「キャラクターは映画とほぼ同じで高齢で病持ち。なのになぜか踊るシーンがあるんですよ」と笑う。

退団後については「男役はタカラヅカでこそなのでもうしません。ただお芝居が一番好きかなと思うし、お話があれば」と含みを持たせた。
演技派女優に変身した未沙も見てみたい。

「オーシャンズ11」の公演は宝塚大劇場が12月13日まで。
東京宝塚劇場は来年1月2日~2月5日で、千秋楽が退団の日となる。



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。