宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



栃木市(旧西方町)出身で宝塚歌劇団雪組の晴華みどりさんが20日、東京宝塚劇場(東京都千代田区)で千秋楽を迎える同組公演で退団する。
本県唯一のタカラジェンヌとして初舞台を踏んで約10年、美しい舞台姿でファンを魅了してきた。
「やるなら10年間は頑張ろう」と決めていた自らの目標を達成し、晴れやかな表情で最終公演に臨んでいる。

晴華さんは国学院栃木高在学時に宝塚歌劇「ベルサイユのばら」を見て「舞台に立ちたい」と決意。
猛レッスンの末、超難関といわれる宝塚音楽学校に入学し、2年間、歌・ダンス・芝居を学んだ。

入団は2001年。
華やかさと実力を備えた娘役として早くから注目され、数多くの公演でヒロインを務めてきた。
歌唱力には特に定評があり、公演を締めくくる歌を担当する大役「エトワール」に何度も抜擢されている。

退団を惜しむ声も多いが、「いろいろな役に挑戦させていただいた。とても恵まれた舞台生活だった」と振り返る。
歌劇団には400人近い団員が所属しているが、晴華さんの入団時、本県出身者はゼロ。
現在は足利市出身の麗奈ゆうさん(09年入団)が月組で活躍している。

晴華さんの退団公演は10月21日から上演中の「仮面の男/ROYAL STRAIGHT FLUSH!!」。
この公演でもエトワールを務め、スポットライトを一身に浴びる。
「『卒業』を感じる瞬間」だが、「卒業だからと気負わず、いつも通り精いっぱい自分の役割を務めたい」とプロの顔をみせている。


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。