宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



石見地方ゆかりの万葉歌人・柿本人麻呂にまつわる伝説をテーマにした琵琶と神楽のステージが3日、浜田市の島根県立大講堂であった。
万葉集の世界に対する理解を深めてもらおうと、県内企業でつくる実行委員会が初めて企画した。

宝塚歌劇団花組の元娘役トップスターで、筑前琵琶奏者の上原まりさんが7曲を披露。今回のイベントのために作詞作曲した「柿本人麻呂」では、人麻呂と妻依羅娘子(よさみのおとめ)が交わした石見相聞歌をとうとうと歌い上げ、2人の絆を表現。情感あふれる音色を奏でた。

有福神楽保持者会(浜田市)は、人麻呂が唐と密貿易をする海賊を討つというオリジナルの演目を舞った。

実行委は4日午後6時半から、益田市の県芸術文化センター・グラントワでもステージを開く。



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。