宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


G2作・演出のオリジナルで、ジャニーズ事務所の加藤成亮城島茂が主演するコメディー「6月のビターオレンジ」に、元宝塚雪組のトップスターで女優の朝海ひかるが出演する。「G2さんのあったかい空気感の舞台が好きなので、オファーがあったときはうれしかった」と喜ぶ。

関東のはずれにある農村での物語。優秀な弟(加藤)が「チチ ヤバシ…」の電報を受けて7年ぶりに故郷へ帰ると、勘当されたはずのできの悪い兄(城島)が開業医の父(久保酎吉)と酒を酌み交わしていた。おまけに父は「あと1カ月の命」と告白し、30歳も年下の謎の女性(朝海)を家に招き入れて結婚すると言いだす。複雑な家族の微妙な争いが始まって…。

宝塚を退団して5年になる朝海は、昨年まで「エリザベート」や「ローマの休日」など海外を舞台にした大作ばかりに出演。日本人の役は今春の「おもひでぽろぽろ」が初めてで、今回が2度目になる。「等身大で実年齢も近い役なので、構えずに自然体でやれます。主演のおふたりは気さくな好青年だし、久保さんもとてもすてきで、年齢差のある結婚もありかなって気持ちになりますね」とやわらかくほほえんだ。

舞台では謎の女のほかにも5役ほどで登場するそうだが、「それは見てのお楽しみ。今までの引き出しにない役ばかりなので、見たこともなかった私が見られますよ。今年から女優として違う扉が開いた感じ。毎回毎回、今を大事にして貪欲(どんよく)にやっていきたい」と意欲的に取り組んでいる。

公演は6月3~26日=東京グローブ座▽7月1~6日=大阪・森ノ宮ピロティホール(問い合わせはキョードーインフォメーション(電)06・7732・8888)。
~産経新聞参照~

コメディ舞台とのことで、どんな演技をされるのか楽しみですね。
ジャニーズとの絡みも、また一味違った舞台になって面白そうですね。

スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。