宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


euWDW.png

宙組若手スター澄輝さやとが今月25日、兵庫・宝塚大劇場で、ミュージカル「クラシコ・イタリアーノ-最高の男の仕立て方-」新人公演に初主演する。

入団7年目、新人公演出演へ最後の年。
ラストチャンスで初の大役をつかんだ。
ナポリ・スーツを世界に広めた男、サルヴァトーレを演じ、経験がない大人の男性役。
のリレー競走から負けず嫌いを自負する澄輝が、新境地に真っ向から挑む。

すらりとした立ち姿、天賦の才に恵まれた原石が、スポットライトの中で輝くときがきた。

「1度は...って思っていたので、すごくうれしくて、今は、やらなきゃって思いがとても強いです」

やっとつかんだセンターの位置。小学時代からの負けず嫌いの血がうずく。

「運動会のリレーは、必ず自分で手上げて『私、出たい!』って。絶対負けたくないし、1位のときが多かったです。走るのも、体を動かすのも好きだったんです。親には『昔っから、あんたはジャンプばかりしてた』って言われます」

今公演がジャンプ、羽ばたくきっかけになりそう。

これまで、さわやかなキャラクターを生かした若者役が多かった。
今回は、本公演でトップ大空祐飛が演じる役柄。
イタリア製スーツを世界に広めようとする、クールで頭がキレる大人の男性を演じる。

「今までやったことがなかったので、おっ! って思ったんですけど。そういう役があこがれでもあるので、すごくうれしかった」

澄輝は、瞳をキラキラさせ、大空の姿を追う。

「祐飛さんがスーツの着こなし、しぐさ、何から何まで極めてらっしゃって...。自分がもうちょっと若い学年なら、吸収しきれなかったかもしれない。今、やらせてもらえて、本当にありがたい。自分なりの理想像ができてきているので」

本公演では大空の秘書役。
同じ出番が多い。
ある日のけいこ場、私服に対して、大空から助言された。

「祐飛さんから『男ものでも、あなたの体がきれいに見える形がある。普段着るスーツも男性ものの方がいいよ』と。最近は、男性用も細身のものが多いので、メーカーによっては、きれいに着こなせるんですね」

プロ意識の高い大空ならではのアドバイス。
そのとき、たまたま女性用を着ていた澄輝だが、普段はメンズのシャツを羽織る。

「肩幅があるので、シャツはメンズ(笑い)。でも、おけいこ場で私服にまで気を配っていなかった」

男役として気構えが違う。
大空の助言は金言。
生かすも殺すも、自分次第だ。

「祐飛さんは、心がけが違うから、立っているだけで格好がいい。舞台人としてのあり方も、素晴らしいと思っています」

ファンに見てもらう立場を自覚し、意識する。
格好良さは、内面から始まると気づかされた。

「今回はスッとした男性の役ですが、祐飛さんからは、仕事への熱さがあった上で、内面からわき出る強さを感じます。私も、そんな"内の強さ"を、表現できるようになれればと」

負けず嫌いの性格が、向上心をかきたてる。
今日という日は常に"昨日のリベンジ舞台"でもある。

「悔しいって思うことは大事。(前回『美しき生涯』の)大劇場の新人公演は、体調を崩して、うまくやりきれなかった。今回は、絶対に風邪をひかない!」

体調維持への自衛策は水と、温か食材だ。

「冬生まれですけど、寒いのが苦手。末端冷え性なので、あったかいもの飲んで、体が冷えるものを食べないように。しょうがも継続してます。あと、常温のミネラルウオーター。500ミリリットルのボトルを買い置いて、持ち歩いていますね。1日4~5本は飲みます」

先日、オフを利用して1週間、米ニューヨークを旅してきた。
ブロードウェー公演を何本も鑑賞した。

「アクションが大きいので、言葉は分からなくても伝わるものがある。見るのも勉強で、楽しいです」

けいこ場でも、自覚が生まれた。
下級生への助言を口にすることも。
「今まで、言ってもらうだけだったんですけど」とはにかむ。

「7年間学んできたことに、祐飛さんから教えていただいたことをプラスして、男の魅力が出せたら。最後で主演。大きな重圧はありますが、自分も楽しんで成長していけたら」。

伸び盛りの若手には、経験が何よりの糧。
澄んだ瞳の輝きは増す。

「クラシコ・イタリアーノ-最高の男の仕立て方-」チケット情報はこちらからどうぞ!


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。