宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ




舞台「8人の女たち」(特別協賛・チョコラBB)の製作発表が13日、都内で行われ、女優の浅野温子(50)、荻野目慶子(47)、加賀まりこ(67)、大地真央(55)、戸田恵子(54)、マイコ(26)、牧瀬里穂(39)、南沢奈央(21)が出席した。

ロベール・トマの戯曲がオリジナルで、02年には映画化もされた名作ミステリーは同年のベルリン国際映画祭で8人全員に銀熊賞が贈られている。
今回、日本で舞台版を上演するにあたり20~60代までの各年代を代表する「8人の女優たち」がそろった。

キャストの並びも50音順という座長不在の舞台に、大地は「自分が座長じゃない公演は珍しいので気楽でいい。8分の1の力で頑張ります」とリラックスした様子。
大地演じるギャビーは、映画版ではカトリーヌ・ドヌーヴ(67)が演じたが「先日パリで偶然会って『グッドラック』と言われた」と意欲をみせた。

一方、大先輩との共演に緊張するキャストも。
最年少の南沢は「取材などで『このメンバーと共演するの怖くないですか』と聞かれて『楽しみです』と強がっていたけど、本当は心臓が飛び出るくらいドキドキ。今朝も鼻血が出ました」と秘話を披露。

牧瀬は「きょう皆さんと顔合わせして、本当に(オファーを受けたことを)後悔しています。でもやらない後悔よりやって粉々に散った方がいい」と自分を鼓舞していた。

公演は東京・銀座のル テアトル銀座で12月9~25日まで。大阪、名古屋でも上演される。




スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。