宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ




sena zyun nyuuyo-ku

瀬奈じゅん、橋本さとしらが出演する『ニューヨークに行きたい!!』。10月29日(土)に日本初演の幕を開けるこのミュージカルの稽古場を10月上旬、取材した。

この作品は2007年にドイツで初演、約3年のロングランを果たし現在もシュツットガルト、ウィーンで上演中、“現在ヨーロッパでもっともチケットの取れないミュージカル”と呼ばれているもの。
人気キャスターのリサ(瀬奈)のもとに、老人ホームで暮らす母マリアが駆け落ちをした、という知らせが入ることから始まるコメディで、豪華客船を舞台に、恋や親子愛がドタバタの中描かれていく。

この日主に稽古が行われていたのは、物語の冒頭、リサが母親の駆け落ち相手の息子・アクセル(橋本)とともに母たちが乗った豪華客船を追いかけようとするシーン。
バリバリのキャリアウーマンであるリサと、そんなリサの態度が鼻につくようでいちいちつっかかるアクセルの言い合いが、テンポ良く繰り広げられる。

大澄賢也による振付もキュート。
単なるダンスではなく、歌詞の意味を含んでいてユニークだ。ダンサーたちも汗びっしょりになりながらも笑い転げているのが印象的。

また瀬奈には「ミュージカル!って感じで」という要求も大澄から飛ぶ。
元宝塚トップスターの瀬奈、それに応えて大げさなくらいにバッチリ格好よく決めると、「最高です!」という賞賛が。
ノリノリで踊り、笑う出演者たちの姿が、この“ハッピーなコメディ・ミュージカル”の成功を早くも予感させた。

『ニューヨークに行きたい!!』チケット情報はこちらの記事をどうぞ!


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。