宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ




バレエに打ち込む若い男性たちの姿を描いた舞台、ボーイズ・バレエ・ファンタジー2011「Loving SWAN LAKE」が、10月26日から天王洲銀河劇場で上演される。
出演するのは、テレビ、舞台を中心に活躍している中河内雅貴、宝塚歌劇団の男役で2011年5月に退団した桐生園加、宝塚歌劇団の娘役だった舞城のどか、14歳ながらミュージカルなどで活躍している宮下龍之介のほか、ゲストプリンシパルとして、バレエダンサーの西島千博を迎える。

舞台は、少し張り詰めた雰囲気のバレエの稽古場から始まる。
そこへダンサーたちが集まりレッスンが始まる。
レッスン後、バレエの練習に行き詰まり、1人稽古場に残ったアダム(中河内雅貴)のもとに天使(宮下龍之介)の声が響き、天空の女神ミューズ(右の愛/桐生園加、左の夢/舞城のどか)があらわれる。
その後、様々なダンスが集まったパーティーの場面などが繰り広げられる予定だ。

白鳥の湖をとりこんだバレエの舞台を、若い男性ダンサーたちがどう表現し見せてくれるのか。
格式の高いバレエではなく、ジャズやタップ、ヒップホップなどの様々なダンスを交えながら、色々な苦悩を抱えながらも新しい道を求めていく若い人たちの躍動ぶりがみられるエネルギーあふれる舞台になりそうだ。

「ボーイズ・バレエ・ファンタジー2011」チケット情報はこちらの記事をどうぞ



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。