宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



sibuki zin

女優の紫吹淳が2日、東京・渋谷のさくらホールで主演舞台『ジンギスカン ~わが剣、熱砂を染めよ~』の公開リハーサルを行った。
後にジンギスカンに改名する青年・テムジンを演じる紫吹は、宝塚歌劇団月組トップ時代以上の“男の中の男”を演じており、劇中では女性にモテモテ。
殺陣で使用する刀も中国製の本格志向の重いものだといい「私、女優なのに重いんです。宝塚時代は軽い刀だったから(今は)すごい体になっていて、脱いだらすごい。見ないでって感じ」と予想外の“肉体の変化”を明かした。

初演を翌日に控え、紫吹は「7年の時を経て宝塚時代より濃い男を演じることになって、どうしようって思ったけど、皆さんのおかげでステキな男になれたかな」と自信に満ちた表情。
「宝塚を辞めてこんなに(女性に)モテモテになるとは思ってなかった。男になりきって、久々に野太い声を出して頑張りたい」と気合十分。共演の鈴木亜美は「こういうカツラをかぶるのは初めてで、本当に(演技に熱が)入ったらどういう風に蒸れるのか心配」と笑わせていた。

歌舞伎役者・市川猿之助が総合演出を手がける同舞台は、民族の勢力戦争真っ只中の時代に生きる青年・ジンギスカンの勇気ある生き様を軸に、同胞への愛、親子の愛、友人への愛、男女の愛といったそれぞれの美しい愛の形を描く。
佐藤アツヒロは「“四角関係”の舞台。そのドロドロ加減も頑張って出していきたい」とアピールした。

『ジンギスカン ~わが剣、熱砂を染めよ~』のチケット情報はこちらの記事をどうぞ!



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。