宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ




8fufc.jpg


宝塚卒業後も、ミュージカルを中心に大活躍を続ける女優、安蘭けいが初めてストレートプレイ(歌のない芝居)に挑戦する。
作品はシェイクスピアの「アントニーとクレオパトラ」

演出は蜷川幸雄氏。「歌」という一つの武器を封じられた彼女は、どんなクレオパトラを演じるのか。
公演を控えた安蘭に単独インタビューして思いを聞いた。

クレオパトラはローマのジュリアス・シーザーと愛人関係にあったエジプトの女王。
シーザーが暗殺された後、彼の腹心だった政治家・軍人のマーク・アントニーと恋仲になる。

物語は、アントニーとクレオパトラがエジプトで暮らしているところから始まる。
アントニーは、シーザーの名前を継いだオクテヴィアス・シーザーと対立して戦争に敗れ、2人は自害する。

ジュリアス・シーザーとクレオパトラの恋は伸びゆく者の恋、光輝くような恋だが、アントニーとクレオパトラの恋は、大人の恋、滅んでいく者の恋だ。

安蘭は、ジュリアス・シーザーとアントニーを比べると「ジュリアス・シーザーは手の届かない人という感じですが、アントニーはもう少し自分にとって身近な人。ダメなところも含めて愛し合える、一緒にいて楽しいのはアントニーかもしれないですね」と、すでにアントニーにぞっこんな様子。

初のストレートプレイ出演について安蘭は「一番の武器である歌が使えないというのは、本当に怖い」と明かし、「ですが、素晴らしい共演者の方々に恵まれましたので、皆さんと共に良い作品を作り上げていきたい」と話した。

アントニーはシェイクスピア作品に多数出演し蜷川作品には欠かせない吉田鋼太郎が演じ、ほかにも池内博之、橋本じゅん、中川安奈、熊谷真実ら個性的なキャストが多数出演する。

この作品は韓国公演が決まっている。安蘭は宝塚歌劇団時代にも韓国公演を経験しているが、今公演に先立って祖父母の出身地の慶尚南道を初めて訪ね「故郷の滋賀の風景とそっくりなのでびっくりした」という。

韓国公演については「自分のルーツである場所で、自分の今やっていることを披露できるのは、すごく光栄で、幸せです」と話した。

「アントニーとクレオパトラ」 各公演のチケット情報はこちらの記事をどうぞ!


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。