宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



QNUKt.png


10月3日まで宝塚大劇場で上演中のミュージカル「仮面の男」(演出・児玉明子)で三銃士の一人・ポルトスを好演しているのが雪組男役スター・緒月遠麻だ。

これまで強烈な色濃い役から軽妙な三枚目まで幅広い演技で存在感を示してきた緒月らしく、外見のかっこ良さの中に人間味あふれる役柄を構築。ショー「ロイヤル・ストレート・フラッシュ!!」(演出・齋藤吉正)でもトランプのジョーカー役で魅了するなど、“音月・雪組”をしっかりと支えている。

緒月が“鉄仮面”で演じているポルトスは、アトス(未涼亜希)、アラミス(蓮城まこと)とともに「三銃士」の異名をとる勇者。
アトスの弟・ラウル(彩凪翔)が暴君・ルイ14世(音月桂=2役)に処刑され、親友で隊長のダルタニアン(早霧せいな)も加わって、復讐へと立ち上がる―。

原作(アレクサンドル・デュマ)にも描かれているように、大柄で大酒飲みで何事にも興味を示すポルトスは人間味あふれる好人物。
09年「ZORRO」で好評だったガルシア軍曹に通じるところがあり、役作りはお手のもの。
「ポルトスは三銃士の中ではお客さんに一番わかりやすく、おもしろいキャラクター。三銃士をやるなら絶対、ポルトスだと思っていました。濃い役に比べ、肩の力を抜いて取り組めるので、また違った緒月をお見せできると思っています」

もちろん、剣を手にした、りりしい立ち姿や、大階段を使っての大立ち回りなどカッコイイ三銃士ぶりもいかんなく発揮してファンを喜ばせている。

さらに、トランプをモチーフにしたショー「ロイヤル・ストレート・フラッシュ!!」では個性派らしいジョーカー役。
ハートのエース役の愛加あゆとのコンビで、場面ごとに狂言回し風に登場する。
「幕開きに銀橋で歌うのは初めて。お客さんのテンションを上げ、プロローグにつなげなければならないので、気合が入りますね」と力を込める。

音月桂がトップに就任してもうすぐ1年。音月を支える主力メンバーのひとりとして重要なポジションを占め、来年の卓上カレンダーにも仲間入りを果たした
責任も大きくなりましたが、自分が何をしなければならないか、自覚しているつもりです」と前を向く。

入団以来、宝塚大劇場の2階の一番奥の席を見るのが習慣になった。
そこは観劇に訪れた際、タカラジェンヌになろうと決意した思い出の場所だ。
あれから十数年。
スターの仲間入りをした今もなお、緒月は“原点”をしっかり見つめ、舞台に立つ。

※ミュージカル「仮面の男」のチケット情報は下記をご覧ください!

◆宝塚大劇場公演のチケット情報はこちらをどうぞ◆

◆東京宝塚大劇場公演のチケット情報はこちらをどうぞ◆


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。