宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



東京宝塚劇場公演 雪組
『仮面の男』 『ROYAL STRAIGHT FLUSH』

公演期間:2011/10/21(金) ~ 2011/11/20(日)
会場:東京宝塚劇場 (東京都)
公演などに関する問い合わせ先:東京宝塚劇場:03-5251-2001

◆東京宝塚公演「仮面の男」のチケット情報はこちらからどうぞ◆
icon


■出演者
雪組 飛鳥 裕・音月 桂・麻樹 ゆめみ・未涼 亜希・舞咲 りん・奏乃 はると・彩那 音・花帆 杏奈・涼花 リサ・緒月 遠麻・早霧 せいな・晴華 みどり・沙央 くらま・早花 まこ・大凪 真生・大湖 せしる・沙月 愛奈・蓮城 まこと・香音 有希・香綾 しずる・朝風 れい・千風 カレン・愛加 あゆ・此花 いの莉・透真 かずき・雛月 乙葉・白渚 すず・詩風 翠・央雅 光希・透水 さらさ・彩凪 翔・大澄 れい・凛城 きら・桃花 ひな・真那 春人・笙乃 茅桜・彩風 咲奈・舞羽 美海・舞園 るり・華吹 乃愛・亜聖 樹・帆風 成海・久城 あす・天舞音 さら・煌羽 レオ・杏野 このみ・悠斗 イリヤ・寿春 花果・芽華 らら・大樹 りょう・愛 すみれ・花瑛 ちほ・月城 かなと・桜路 薫・星乃 あんり・天月 翼・白峰 ゆり・和城 るな・妃桜 ほのり・橘 幸・妃華 ゆきの・蒼井 美樹・真地 佑果・華蓮 エミリ・凰 いぶき・夢華 あみ・空波 輝

97期生D班 矢吹 世奈・彩月 つくし・夢 なつき・春妃 うらら・朝霧 真・紅羽 真希・澤 佳津伎・彩葉 玲央
専科 梨花 ますみ


作品のみどころ
観客を惹きつける楽しい仕掛けが満載
『仮面の男』は、文豪アレクサンドル・デュマ原作による骨太のストーリーを軸にした、華やかな冒険活劇ドラマ。
新進気鋭の演出家・児玉明子が、自身の海外留学経験で編み出した演出技法により、卓抜した芸術性とエンターテインメント性があふれるミュージカルとして舞台化。
老若男女関係なく楽しめる、遊び心が随所に光る作品です。

「仮面の男」あらすじ
舞台は17世紀、ブルボン朝最盛期のフランス・パリ。「太陽王」と呼ばれた若き国王ルイ14世(音月 桂)は絶対王政を確立し、意に染まぬことがあれば人の命をも省みない、冷酷非情な暴君ぶりを発揮していた。

そんな王に忠誠を誓い仕えているダルタニアン(早霧せいな)は、かつて「三銃士」とともに活躍したが、恋人コンスタンス(愛加あゆ)の謎の死をきっかけに「三銃士」と袂を分かち、今は銃士隊の隊長となっている。
そして先代のルイ13世に仕えた「三銃士」のアトス(未涼亜希)、ポルトス(緒月遠麻)、アラミス(蓮城まこと)は、銃士隊を辞め、それぞれの人生を歩んでいた。

パリ市民は、その日のパンに困るほど貧しかったが、それに反して国王ルイは享楽に満ちた我儘な暮らしを満喫していた。
そんなある日、ルイは美しい娘ルイーズ(舞羽美海)に出会い、心を奪われる。
しかし彼女は、アトスの弟ラウル(彩凪 翔)の婚約者だった。

欲しいものは手段を選ばず、すべてを手に入れたいルイは、ラウルを偽の罪を仕立てて捕まえる。
ラウルの投獄を知ったルイーズは、ルイにもう一度調べ直してほしいと懇願する。
そんなルイーズに、ルイは侍女として自分に仕えることを条件に出し、ルイーズはラウルを救いたい一心で引き受ける。

一方、サンマール(沙央くらま)が司るバスティーユ牢獄で、脱獄をはかっていたラウルは衝撃の事実を知る。
牢獄には、鉄の仮面を付けられ幽閉されている男がいた。
その男は…なんとルイと瓜二つの双子の兄だったのだ。その名はフィリップ(音月 桂/二役)。
政権争いの災いを避けるため、存在そのものが闇に封印されていたのだった。

この驚愕の事実を、ラウルは処刑の前に兄アトスへ手紙で知らせる。
最愛の弟を無実の罪にかけた、国王ルイへの復讐を誓うアトス。
こうしてアトスの呼びかけで元三銃士が再び集結し、フィリップを牢獄から助け出し、憎き国王ルイと入れ替えようと試みるのだが…。


国王ルイが婚約者のいるルイーズを見初めたことを発端に、フィリップとルイーズとの出会い、ダルタニアンとコンスタンスの切ない恋など、登場人物たちの抱える恋心が、物語をドラマティックに彩ります。

友情
熱い友情をテーマとした名作「三銃士」の続編にあたる本作品。
一人はみんなのために、みんなは一人のために…悪に対して果敢に挑む、銃士達の姿が感動を呼びます。

サスペンスアクション(剣術)
サスペンスの要素を取り入れたハラハラさせられる展開。
迫力ある本格的な立ち回りも見ものです。

一人二役で正反対の双子を見事に演じきる
雪組トップスターの音月 桂が、暴君の国王・ルイと、心清らかな囚われ人・フィリップ、正反対のキャラクターである双子の兄弟の二役に挑戦。
その見事な入れ替わりにもご期待ください!



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。