宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


ミュージカル「ハロー・ドーリー!」

公演期間:2012/2/3(金) ・ 2012/2/4(土) ・ 2012/2/5(日)
会場:オーバード・ホール (富山県)
チケット料金:大人券 5000円 、ジュニア券 2000円 ※高校生以下。
注意事項:未就学児童は入場不可。
公演などに関する問い合わせ先富山市民文化事業団 企画制作課:076-445-5610
[出演]剣幸 / モト冬樹 / 他

haloo.jpg

「ハロー・ドーリー!」のチケット情報はこちらからどうぞ!

名作ミュージカル上演シリーズ第2弾!
ブロードウェイ・ミュージカル「ハロー・ドーリー!」日本初演が決定!
主演 剣 幸(ドーリー)、相手役 モト冬樹(ホレス)、共演者 井料瑠美、本間憲一、野田久美子 ほか実力派キャストでお贈りします!

財団法人富山市民文化事業団は、富山の文化芸術拠点劇場である、富山市芸術文化ホール(AUBADE・HALL)から世界への芸術文化発信事業として、名作ミュージカル上演シリーズと銘打ち、第1弾、グランド・ミュージカル『回転木馬』(2011年3月25・26・27上演)に続き、第2弾としてミュージカル『ハロー・ドーリー!』を製作します。

この作品は、現在まで米国の著作権保持者が日本でのオリジナルプロダクションを許可してこなかった作品で、
今回の上演が日本初の日本人キャストによる日本語での上演になります。

主演のドーリー役には、富山が誇る元宝塚歌劇団男役トップスター、現在ミュージカルからストレートプレイまで幅広く舞台で活躍中の「剣 幸(つるぎ みゆき)」、相手役ホレスは、個性的なキャラクターを生かしてCM・テレビドラマ、舞台にも多数出演の「モト 冬樹(もと ふゆき)」に決定。
ドーリーとホレス以外のキャストについては、オープンコールでオーディションによって決定します。

「ハロー・ドーリー!」って?
1964年1月16日にセント・ジェイムズ劇場で初演されたミュージカル≪ハロー・ドーリー!≫は、70年12月27日の千秋楽まで、上演回数2844回を数える大ヒットとなりました。(これは、≪マイ・フェア・レデイ≫の持つこれまでの記録2717回を大幅に上回るものです)。 主演のドーリー役には、キャロル・チャニング、ジンジャー・ロジャース、メリー・マーティンらのベテラン女優がそれぞれのドーリーを演技によって競い合いました。

1969年、20世紀フォックスは、長い準備期間、巨額の費用とともに、スタッフもジーン・ケリー監督、マイケル・キッド振り付け、アーネスト・レーマン脚本と、ミュージカル界の逸材を集結して映画版「ハロー・ドーリー!」を製作。

舞台では往年のベテラン女優たちが演じたドーリーに、当時26才のバーブラ・ストライサンドが扮し、ミュージカル初出演のウォルター・マッソーが共演したことが大きな話題となり、この年のアカデミーミュージカル音楽賞・音響賞・美術監督賞を受賞しました。

J・ハーマンのタイトル・スコア、「ハロー・ドーリー」を歌い踊るシーンは絢爛豪華でミュージカル・ファンならずとも必見。 この曲はレストランのハーモニア・ガーデンを訪れたドーリーが、ウェイターたちや特別出演のルイ・アームストロングとともに延々8分にわたって歌うもので、劇中のハイライトとなっています。(作者は≪ミルク・アンド・ハニー≫≪メイム≫のジェリー・ハーマン。)

近年では、ディズニー・ピクサー映画『WALL・E/ウォーリー』(2008年)のオープニング曲にマイケル・クロフォードが歌う「Put on your Sunday clothes」(「日曜は晴れ着で」)が使用され、また本作品中にウォーリーのお気に入りの映画としても登場しました。


■あらすじ
19世紀後半のニューヨーク。
若い未亡人ドーリーは、かつては夫と共に夜毎、高級レストランに通い、その明るい性格で店の従業員たち全員から慕われる存在だった。
おせっかい焼きで、良く言えば面倒見のいいドーリーは、夫の死後は安アパートに住み、仲人業を生活の糧としている。

結婚仲介をはじめ全ての「ご縁を取り持つ」ことをモットーに、宣伝の名刺を配り歩くドーリー。
ドーリーの客であるホレスは、郊外の田舎町ヨンカーズで飼料の店を営む中年男である。
姪のアーメンガードと二人暮らしのホレスは、金持ちのくせにケチで、アーメンガードと恋人の貧乏画家アンブロースの結婚に断固反対している。
ホレスは恋人たちの思いを無視して、ドーリーに姪の結婚相手の物色を依頼した。

従業員に対しても口やかましく、センスも悪いホレス。
だが、ドーリーはそんなホレスが気になって仕方がない。
おせっかい焼きのドーリーは、自分ならばホレスを変えられると確信し、結婚を望む。
しかし、ホレスは帽子屋の女主人アイリーンにプロポーズする気でいる。
ホレスにアイリーンを取り持ったのは、他ならぬドーリーなのだ。
しかし、ホレスを諦め切れないドーリー。

アーメンガードと貧乏画家アンブロースの恋を知ったドーリーは、二人を結婚させるために計画を立てる。
それは、ニューヨークのハーモニア・ガーデンズ・レストランで開催されるダンス・コンテストで優勝し、賞金を獲得するというアイデアだった。
そして、それは同時に、ドーリーの恋を成就させるための計画でもあった。



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。