宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



11.jpg

豪華スターの共演で話題を呼んだ米映画「オーシャンズ11」を、宝塚歌劇団が世界で初めてミュージカル化する。
脚本・演出は大ヒット作「エリザベート」などで定評のある小池修一郎が担当し、映像とは違った舞台ならではの魅力をどう表現するか、期待は大きい。

制作発表では主演をつとめる星組トップスター・柚希礼音ら主要メンバーがかっこいいパフォーマンスを披露して盛り上げた。
公演は宝塚大劇場は11月11日~12月13日、東京宝塚劇場は来年1月2日~2月5日となる。

「オーシャンズ11」は刑務所を仮釈放になった窃盗犯のダニー・オーシャンが、ラスベガスの3大カジノの巨大地下金庫に眠る約1億5千万ドルの金庫破りを計画。
爆破や配線の達人など計11人のスペシャリストを集めて“犯罪ドリームチーム”を結成し、史上最大の強奪作戦を遂行する物語。

平成14年に日本公開された映画はダニー役のジョージ・クルーニーをはじめ、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツら人気スターの共演と、緻密(ちみつ)で痛快なストーリーで大ヒット。
続編も作られた。

ミュージカル化は映画配給のワーナーブラザーズから提案されたそう。
一昨年に『カサブランカ』をミュージカル化したことで、宝塚に興味を持ったようだ。
『オーシャンズ11』はエンターテインメント性が高い作品で、挑戦しがいがあると決断した」と小林公一・歌劇団理事長。

小池は「映画のニヒルな魅力を生かしながら、宝塚の“愛の伝統”を踏襲した、ちょっとひねったコメディーにしたい。バラバラなパーツを組み合わせて、どんな新しいものができるか。できればイリュージョンのようなことも取り入れたいし、舞台ならではの華やかな演出を考えている」とプランを述べた。

ダニー役の柚希「大好きな映画なので、どのような舞台になるのか楽しみです。色っぽくてシブイ大人の男性は、今までやったことがない役。ビシバシしごいてもらって、新しい自分を発見したい」

娘役トップの夢咲ねねは、ダニーの元妻テス役。「ジュリアの演じた役がやれるなんて光栄です。宝塚にはないような設定の役なので、丁寧(ていねい)に繊細に演じたい」という。

ほかに、ダニーの親友でいかさまトランプ師のラスティー役は涼紫央
カード・ディーラーのフランク役は夢乃聖夏
ホテル王ベネディクト役は紅ゆずる
スリのライナス役は真風涼帆のキャスティング。
いずれも宝塚には珍しい、悪っぽい魅力いっぱいの犯罪サスペンスに挑む。


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。