宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


ミュージカル版 『ラ・カージュ・オ・フォール』

公演期間&会場:下記参照

icon


▼各公演のチケット情報は下記をご覧ください▼

先行先着 発売中! 9/9(金) 18:00まで!
ラ・カージュ・オ・フォール日生劇場 (東京都) 2012/1/7(土) ~ 2012/1/29(日)

先行抽選 8/31(水) 11:00受付!
梅田芸術劇場 メインホール (大阪府) 2012/2/3(金) ・ 2012/2/4(土) ・ 2012/2/5(日)

※好評発売中!!
愛知県芸術劇場 大ホール (愛知県) 2012/2/12(日) ・ 2012/2/13(月)


[作詞・作曲]ジェリー・ハーマン
[劇作・脚本]ハーベイ・ファイアスティン
[原案・原作]ジャン・ポワレ
[演出]山田和也
[出演]鹿賀丈史 / 市村正親 / 原田優一 / 愛原実花 / 香寿たつき / 真島茂樹 / 新納慎也 / 今井清隆 / 森公美子 / 他

◆解説
1984年トニー賞6部門受賞。2005年トニー賞2部門受賞の快挙を達成!映画「Mr.レディMr.マダム」として全世界にセンセーショナルを巻き起こし、ロビン・ウィリアムス主演のリメイク版「バード・ゲージ」でも大ヒットを果たした映画のミュージカル版『ラ・カージュ・オ・フォール』。

日本では1985年帝国劇場での初演後、少しずつキャストを入れ替えながら繰り返し各地で上演されてきました。
2008年には鹿賀丈史と市村正親のゴールデン・コンビで9年ぶりに新演出で再演。今回はお客様の熱いご声援にお応えして、4年ぶりの再演が決定いたしました!

鹿賀丈史、市村正親のコンビはさることながら、最愛の息子ジャン・ミッシェルに新しく原田優一を、その恋人のアンヌには愛原実花を新たに迎え、前回から続投の香寿たつき、今井清隆、森公美子と豪華メンバーで2012年版『ラ・カージュ・オ・フォール』をお贈りいたします。

また、2008年公演、新演出により本作を蘇らせた演出家・山田和也が引き続き演出を担当。
絶対に見逃せないキャスト&スタッフ陣が勢揃いいたしました。


◆物語
南フランスのサントロぺ。
今宵もゲイクラブ「ラ・カージュ・オ・フォール」のネオンがともる。
 オーナーのジョルジュ(鹿賀丈史)とクラブの看板スター"ザザ"ことアルバン(市村正親)は、この20年間、事実上の夫婦として生活してきた。
アルバンはこのところふさぎこんでいて、出番に遅れることもしばしば
。愚痴をこぼすアルバンと、そのごきげんをとるジョルジュ―いわば2人は倦怠期なのだ。
やるせない気持ちのアルバンだが、鏡に向って化粧をし衣裳をつけ、偉大なる"ザザ"へと変身するのだった。

ジョルジュには24年前のたった一度の過ち(?)から生まれた最愛の息子ジャン・ミッシェル(原田優一)がいる。
以来、アルバンが母親代わりとなり、手塩にかけて育ててきた。
そんなジャンが突然結婚を宣言、恋人アンヌ(愛原実花)の両親・ダンドン議員夫妻(今井清隆・森公美子)が会いに来ると告げたことから騒動がまきおこる。

ジャンはジョルジュに、保守的な政治家として知られるダンドン議員の前で、一晩だけまともな家族に見えるよう取り繕ってくれと頼み込み、その上、ずっと会っていない実の母親を呼んでくれと言う。
それはジャンを育ててきたアルバンにとってひどい仕打ち―。
しかしジョルジュの説得にアルバンも納得。叔父として振舞うため、男らしい立ち振舞いのレッスンを始める。

ところがジャンの母親が急に来られなくなったから、さあ大変!アルバンはついに女装して母親になることを決意する。
アルバンの機転によって馴染みのジャクリーン(香寿たつき)の店での食事はひとまず大成功に思えたのだが、いつもの癖でアルバンがカツラをとってしまった!絶対絶命の危機!!果たしてどうなる・・・!?



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。