宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


神代錦かみよ にしき

本名・稲垣静子(いながき しずこ)
元宝塚歌劇団男役で、元同劇団理事。
星組男役トップスター、花組・星組組長を務めた後、1989年(平成元年)在団のまま逝去。
鳥取県倉吉市出身
出身校倉吉成徳学校
愛称イナちゃん
公称身長164センチ
姉は高砂松子

略歴
1954年「君の名は」前列左から、春日野・新珠三千代・錦・故里明美
1929年「春の踊り」で初舞台、同期に園井恵子、桜緋紗子ら。18期生
芸名は小倉百人一首の第24番:菅原道真の「此の度は 幣も取り敢へず 手向山 紅葉の錦 神の随に 
(このたびは ぬさもとりあへず たむけやま もみぢのにしき かみのまにまに)」に由来。
なお戦時中軍の要請で芸名表記を嘉美代 錦としていた時期があった。
戦前の下級生時代はダンサーとして、洋舞・日舞(名取名藤間松左)の名手として注目された。

1946年花組組長に就任、1948年復活する星組へ組替となるまで務めた。
1948年星組組長兼主演男役に。1951年まで組長をつとめのち演劇専科へ異動。
演劇専科へ異動後も春日野八千代らとともに主演級あるいはそれに準じたポジションでたびたび本公演に登場し舞台を引き締めた。
1961年、第16回芸術祭奨励賞(演劇の部)を受賞。
1973年には歌劇団理事に就任、往年からすれば出演の機会こそ疎となってはいたが、ひきつづき1980年代半ば(「花供養」1984年宝塚バウホール公演など)まで舞台に立ち続けた。
昭和60年代(1985年から1988年くらい)に入ってからは在団は続けるも舞台から遠ざかっていた。
このころより神代の足の故障とその進行ほか健康状態が悪化していたことによるものであった(植田紳爾がさる出版物上で談話)という。
1989年(平成元年)2月23日、満72歳の誕生日を目前に逝去。昭和の終焉の後を追うような人生の幕引きであった。
1951年「虞美人」初演。劉邦役

主な出演
宝塚歌劇団公演
『トウレシック』(花組)(1931年12月1日 - 12月28日、中劇場)
『ロザリータ』(雪組)(1936年5月6日 - 5月26日、中劇場)
『花ある氷河』(月組)(1938年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
『芦笛』(月組)(1938年8月7日 - 8月21日、中劇場)
『日本歴史繪巻』(花組)(1939年1月26日 - 2月25日、宝塚大劇場)
『太平洋行進曲』(花組)(1939年4月26日 - 5月25日、宝塚大劇場)
『歌のある繪本』(花組)(1939年11月26日 - 12月28日、中劇場)
『春のワルツ』『四天王寺縁起』(花組)(1940年2月26日 - 3月24日、宝塚大劇場)
『世界の市場』(花組)(1941年3月26日 - 4月24日、宝塚大劇場)
『森の人々』『ハンガリヤ狂想曲』(花組)(1941年6月26日 - 7月24日、宝塚大劇場)
『軍艦旗』『北京』(花組)(1942年1月1日 - 1月25日、宝塚大劇場)
『出家と黒猫』『ピノチオ』(花組)(1942年3月26日 - 4月24日、宝塚大劇場)
『海』(花組)(1942年6月26日 - 7月24日、宝塚大劇場)
『航空母艦』『悠久日本』(花組)(1943年1月1日 - 1月24日、宝塚大劇場)
『第二の戦士』(花組)(1943年3月26日 - 4月25日、宝塚大劇場)
『日の丸船隊』(花組)(1943年6月26日 - 7月25日、宝塚大劇場)
『母なる佛塔』(花組)(1943年9月26日 - 10月24日、宝塚大劇場)
『防人の歌』(花組)(1944年1月26日 - 2月24日、宝塚大劇場)
『寿式三番』『日本の四季』(花組)(1945年5月5日 - 5月30日、映画劇場)
『新大津繪』(公演中途に『盆燈籠』と改題があった)『風・光・力』(花組)(1945年8月3日 - 9月2日、映画劇場)
『ミモザの花』(花組)(1946年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
『グラナダの薔薇』『夏のをどり』(花組)(1946年8月6日 - 8月25日、宝塚大劇場)
『紅葉狩』『センチメンタル・ヂャアニー』(花組)(1946年11月1日 - 11月29日、宝塚大劇場)
『踊る四季』(花組)(1947年1月1日 - 1月30日、宝塚大劇場)
『マノン・レスコオ』(花組)(1947年4月1日 - 4月29日、宝塚大劇場)
『素襖落』『モン・パリ』(花組)(1947年9月2日 - 9月29日、宝塚大劇場)
『アデュウ一九四七年』『ミモザの花』(花組)(1947年12月2日 - 12月28日、中劇場)
『になひ文』『レインボーの歌』(花組)(1948年3月2日 - 3月30日、宝塚大劇場)
『田舎源氏』『ハリウッドに榮光あれ』(花組)(1948年5月1日 - 5月29日、宝塚大劇場)
『夜鶴双紙』『ブルーヘブン』(星組)(1948年9月22日 - 10月11日、宝塚大劇場)
『龍女』『ロマンス・パリ』(星組)(1949年2月18日 - 3月9日、宝塚大劇場)
『高山右近』(星組)(1949年6月1日 - 6月20日、宝塚大劇場)
『三人片輪』『東京・ニューヨーク』(星組)(1949年8月10日 - 8月30日、宝塚大劇場)
『夢殿』『スヰート・シルヴィ』(星組)(1949年12月1日 - 12月28日、中劇場)
『モンテカルロの結婚』『リリオム』(星組)(1950年6月1日 - 6月29日、宝塚大劇場)
『恋は御法度』『ヤマ・ローサ』(星組)(1950年10月1日 - 10月30日、宝塚大劇場)
『春のおどり』第一部 さくら歌舞伎、第二部 サクラジェンヌ(星組)(1951年4月1日 - 4月29日、宝塚大劇場)
『虞美人』- 劉邦 役(星組)(1951年8月1日 - 8月30日、宝塚大劇場)
『虞美人』- 劉邦 役(花組)(1951年10月2日 - 10月30日、宝塚大劇場)
『白蓮記』(星組)(1953年1月1日 - 1月30日、宝塚大劇場)
『船辨慶』(星組)(1953年10月1日 - 10月30日、宝塚大劇場)
『大川端』(月組)(1954年2月3日 - 2月28日、宝塚大劇場)
『笛吹童子』(花組)(1954年7月1日 - 7月30日、宝塚大劇場)
『秋怨』(月組)(1954年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
『君の名は(ワルシャワの恋の物語)』(花組)(1954年11月2日 - 11月29日、宝塚大劇場)
『黄色いマフラー』(月組)(1955年1月1日 - 1月30日、宝塚大劇場)
『虞美人』- 劉邦 役(星組)(1955年3月2日 - 3月30日、宝塚大劇場)
『虞美人』- 劉邦 役(星組)(1955年4月16日 - 5月25日、東京宝塚劇場)
『曽我物語』(星組)(1955年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
『ローサ・フラメンカ(スペインの情熱)』(月組)(1956年3月1日 - 3月30日、宝塚大劇場)
『宝塚おどり絵巻』(花組)(1957年1月1日 - 1月29日、宝塚大劇場)
『船遊女』(月組)(1957年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
『天守物語』(月組)(1960年10月1日 - 10月30日、宝塚大劇場)
『朧夜源氏』(星組)(1961年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
『不死鳥のつばさ燃ゆるとも』(雪組)(1963年2月2日 - 2月27日、宝塚大劇場)
『花響楽』(月組)(1965年1月1日 - 1月25日、宝塚大劇場)
『隼別王子の叛乱』- 大王 役(月組)(1978年8月10日 - 9月26日、宝塚大劇場)

外部出演
『お市の方』
『愛染め高尾』
『千姫曼陀羅』
『市川九女八』


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。