宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


葦原邦子あしはら くにこ


本名 中原 英子
別名 アニキ
生年月日 1912年12月16日
没年月日 1997年3月13日(満84歳没)
出生地 兵庫県神戸市東灘区
死没地 東京都港区
国籍 日本
民族 日本人
職業 女優
ジャンル 舞台・テレビドラマ・映画
活動期間 1929年 - 1997年
配偶者 中原淳一

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
葦原邦子は、兵庫県武庫郡本庄村字深江(現・兵庫県神戸市東灘区深江)出身の女優。
本名は中原英子(なかはら・えいこ)、旧姓は岡本。

宝塚歌劇団名男役スターとして
尼崎市立高等女学校(現・尼崎市立尼崎高等学校)卒業後、1928年(昭和3年)宝塚音楽学校に入学。
翌1929年(昭和4年)、「春のをどり」で初舞台。宝塚歌劇団17期生。宝塚歌劇団男役トップスターとして活躍。
同期生に春日野八千代、冨士野高嶺(花柳祿春/宝塚音楽学校教育課程編成アドバイザー〈日舞〉)らがいる。

宝塚歌劇団在団中は「アニキ」の愛称で小夜福子春日野八千代と共に男役として人気を争い、宝塚歌劇団を背負って立っていく。
また小夜とともに、宝塚男役の頭髪のショートカット(の慣例化)の先駆けだった。

1934年(昭和9年)、東京宝塚劇場開場に際しての柿落とし公演は主演の「花詩集」であった。現在の男役のモチーフや基礎的なスタイル完成には彼女の貢献が大きい。「男装の斜体文麗人」として長くトップの座を保った。

退団後の活躍
帝劇オペラやミュージカルからストレートプレイまで幅広く活躍。また、ホームドラマでの温かみのある母親役や祖母役で人気を得る。
後年は「ケンちゃんシリーズ」での祖母役・「虹を織る」での甘味食堂の女主人役など、テレビドラマや舞台で名脇役を好演。
「アニキ」の愛称が示すように姉御肌の人で広い世代のタカラジェンヌに慕われていた。その志は晩年まで反戦・反核運動(宝塚時代共演が多かった一期下の園井恵子が広島原爆の犠牲になったことに起因)、癌撲滅運動などに精力的に参加・挑戦した実績からもうかがえる。
なお65期生で退団後芸能活動を続ける前田真里の宝塚時代の芸名葦川 牧(あしかわ まき)は葦原が命名した。
夫は画家で少女小説作家の中原淳一。その夫の影響が大きかったのか、趣味は絵画で生前幾度も個展開催、玄人はだしの実力を披露。1989年(平成2年)、勲四等瑞宝章受章。
1997年、胃癌のため84歳で死去。

宝塚時代の舞台
王朝華かなりし頃(月組)(1930年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
キャシードラル(花組)(1931年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場)
ユング・ハイデルベルヒ/ライラック・タイム(月組)(1931年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
サルタンバンク - ピエール 役(雪組)(1932年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
春のをどり (七曜譜)(月組)(1932年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
パリゼット(花組)(1932年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
鬼子母神/ブーケ・ダムール(花組)(1932年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
巴里ニューヨーク(花組)(1933年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
ベルリンの娘(専科)(1933年5月1日 - 5月21日、中劇場)
佐渡おけさ/花詩集(月組)(1933年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
アルルの女 - フレドリ 役/ウイナー・メーデル(星組)(1934年3月1日 - 3月25日、宝塚大劇場)
憂愁夫人 - カール 役(星組)(1934年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
ヂャブ・ヂャブ・コント(雪組)(1934年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
枕物狂/美しき千萬長者(月組)(1935年2月1日 - 2月28日、中劇場)
マリオネット(星組)(1935年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
ミュージック・アルバム(花組)(1936年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
ラ・ロマンス(雪組)(1936年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
世界の唄(星組)(1937年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
マンハッタン・リズム(星組)(1937年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
忘れじの歌(星組)(1938年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
衣川合戦/スキート・メロディ(星組)(1938年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
成吉思汗(星組)(1938年6月4日 - 6月19日、中劇場)
ショウイズオン(星組)(1938年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
淑香傳(星組)(1938年10月12日 - 10月25日、中劇場)
聯隊の娘(雪組)(1939年1月1日 - 1月25日、宝塚大劇場)
桃花春(雪組)(1939年3月26日 - 4月25日、宝塚大劇場)※東京公演では『思ひ出のアルバム』も併演された。

映画
花つみ日記(1939年 東宝)
地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン (1972年 東宝)
男はつらいよ 私の寅さん (1973年 松竹)
スプーン一杯の幸せ(1975年 松竹)
先生のつうしんぼ(1977年 日活児童映画室)
悲愁物語(1977年 松竹)
片翼だけの天使(1986年 キネマ旬報社)
さくら隊散る(1988年 独立映画センター)

テレビ
咲子さんちょっと(1961年 - 1963年、TBS)
青春とはなんだ(1965年 - 1966年、NTV・東宝)
連続テレビ小説 / 藍より青く(1972年 - 1973年、NHK)
帰ってきたウルトラマン第48話「狙われた女」(1972年、TBS)丘ユリ子の母親 役
ありがとう3(1973年 - 1974年、TBS)
明日がござる(1975年 - 1976年、TBS)
水戸黄門 第7部 第22話「江戸から来た密使・新発田」(1976年、TBS・C.A.L) - お房 役
刑事犬カール(1977年、TBS)
おおヒバリ!(1977年 - 1978年、TBS)
連続テレビ小説 / 虹を織る(1980年、NHK)
玉ねぎむいたら…(1981年、TBS)
花王愛の劇場 / 家庭って?(1986年、TBS)
特捜最前線 第496話「翔んでる目撃者!」(1986年、ANB) - 中野はる 役
火曜サスペンス劇場 / 女監察医・室生亜季子15・扼殺(1994年、NTV)
月曜ドラマスペシャル / 浅見光彦シリーズ4・佐渡伝説殺人事件(1995年、TBS)
徹子の部屋(ANB)
笑っていいとも! テレフォンショッキング(CX)
一枚の写真(CX)

CM
大和運輸



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。