宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



新国立劇場演劇「イロアセル」
【美×劇】-滅びゆくものに託した美意識- II

公演期間:2011/10/18(火) ~ 2011/11/5(土)
会場:新国立劇場 小劇場 (東京都)
チケット料金:A席 5250円 、 B席 3150円

▼チケット情報はこちらをどうぞ▼
iconzyuniya anzyu


出演者など
[劇作・脚本]倉持裕
[演出]鵜山仁
[出演]藤井隆 / 木下浩之 / 小嶋尚樹 / 松角洋平 / 花王おさむ / ベンガル / 島田歌穂 / 加藤貴子 / 高尾祥子 / 剣幸
注意事項:学生割引他、割引制度あり。詳細は問合せ先まで。未就学児童は入場不可。
公演などに関する問い合わせ先:新国立劇場ボックスオフィス:03-5352-9999


シリーズ「【美×劇】 ─滅びゆくものに託した美意識─」の二作目は書き下ろし作品。
「滅び」をテーマに、日本の近代劇から始まるラインアップの中で劇作家、倉持裕と演出家、鵜山仁が初めて、タッグを組む意欲作だ。

劇団ペンギンプルペイルパイルズを主宰し、劇団作品の脚本・演出のみならず、外部の多様なプロデュース公演でも脚本家・演出家として活躍する倉持裕が新国立劇場に劇作家として初登場。

昨年夏まで芸術監督を務めた演出家、鵜山仁とのコラボレーションは見逃せない。
ふたりの出逢いは2009 年、演出家と芸術監督として『昔の女』の上演にいたったが、脚本家と演出家として作品を一緒に創り上げるのは初めてである。


~ものがたり~

とある小さな町。
その町の住民の声や文字には色があり、全員それぞれ異なる色を持っている。
そのせいで、いかなる手段で発言しようと、固有の色によって個人が特定できてしまう。
そのため、彼らは常に慎重に発言し、ウソをつかない。
ある日その町の広場に檻が建設され、その中に、いかにも善人そうな一人の男が収監される。
この男との会話は無色透明になる。
やがて住民たちは男のもとを訪れ、あれこれ打ち明け話をする。
人々の話は重複することも多く、その都度同じ意見を言うのは非合理なので、やがて男は新聞を作るようになる。新聞は影響力を持ち、男は権力を握る…。



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。