宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ




成長著しい宝塚歌劇団星組の男役ホープ、真風涼帆(まかぜ・すずほ)が、宝塚バウホール公演「ランスロット」(8月26日~9月5日)で初主演する。
入団6年目の単独主演は異例の早さだ。

熊本県出身で平成18年初舞台。
175センチの長身で舞台映えする容姿は早くから際立ち、すでに新人公演の主役も2度つとめている。
「新公の主役はただただ夢中。バウ主演はすごくプレッシャーや責任を感じますね」とおっとりした口調。

「ランスロット」は中世の騎士道物語として知られているアーサー王伝説をベースに、円卓の騎士の長であるランスロットを主人公に描くオリジナル・ミュージカル(生田大和作・演出)。
武勇に秀でた騎士のランスロット(真風)は、主君アーサー王(天寿光希(てんじゅ・こうき))の妃グウィネビア(早乙女わかば)と恋に落ち、忠誠心と愛の板挟みに苦しみながら、騎士道精神に殉じていく…。

「ランスロットは若さゆえに気持ちを抑えられず、過ちを犯してしまう。結末も大切ですが、彼が生きていく過程をじっくりと見てほしい。立ち回りもありますし、楽しんでいただけると思います」と説明した。

昨年は「ロミオとジュリエット」でダンスだけで表現する“死”の役、今年は「ノバ・ボサ・ノバ」で初の女役を含めた男女3役の役替わりにも挑んだ。

「“死”は存在の仕方などを学べてひとつの分岐点になりました。3役は新しい自分、知らなかった自分の発見があり、課題も見つかりました。自分で自分を決めつけず、初心を忘れず、いつまでも成長していける男役でいたいです」と真風。
順調にスター街道を突っ走っている。

~「ランスロット」チケット情報はこちらからどうぞ~


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。