宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



新国立劇場演劇 「朱雀家の滅亡」
【美×劇】-滅びゆくものに託した美意識- I

公演期間:2011/9/20(火) ~ 2011/10/10(月・祝)
会場:新国立劇場 小劇場 (東京都)
チケット料金:A席 6,300円 B席 3,150円

▼「朱雀家の滅亡」チケット情報はこちらをどうぞ▼
icon

[劇作・脚本]三島由紀夫
[演出]宮田慶子
[出演]國村隼 / 香寿たつき / 柴本幸 / 木村了 / 近藤芳正
注意事項:学生割引他、割引制度あり。詳細は問合せ先まで。未就学児童は入場不可。
公演などに関する問い合わせ先:新国立劇場ボックスオフィス


昨年、演出家の宮田慶子が新国立劇場演劇芸術監督に就任し、話題の作品を次々と世に送り出した。そしていよいよ、二年目となる2011/2012シーズンがスタートする。

2011/2012シーズンオープニングには"日本的なる美"を探究していく3作品連続上演「【美×劇】-滅びゆくものに託した美意識-」を企画。
その第一弾として、宮田自らが演出を務める、三島由紀夫・作『朱雀家の滅亡』が上演される。

本作は、三島晩年の名作。
美しく滅びゆく、ある華族の物語。舞台は太平洋戦争末期の、長年天皇家に仕えてきた名門侯爵家・朱雀家。
国家や天皇への忠誠を貫 くため息子を戦地へ送り出す男と、それへ真っ向から挑んでいく女たちの価値観がぶつかり合い、各々が葛藤する様を生々しくシャープに描き出す。

朱雀家の当主には國村隼、その息子に木村了、その母ではあるが朱雀家の側女として仕える女に香寿たつき、息子の恋人に柴本幸、当主の弟に近藤芳正、という充実の布陣。
忠誠心とは、国家や大義とはいったい何なのか、三島の流麗な文体に乗せ、ある華族の崩壊を通して問いかける。


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。