宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


初音 礼子はつね れいこ

日本の元宝塚歌劇団雪組主演男役クラス・雪組組長の女優。
本名は小南 艶子
兵庫県神戸市出身
旧芸名=初音麗子。

経歴
1924年宝塚歌劇団初舞台。13期生。初音麗子の芸名で活躍する。
1935年から1945年まで雪組組長を務め、退団する。戦後は映画「ホームラン狂時代」「カモとねぎ」など主に喜劇に出演。
1952年初音礼子と改名。1957年宝塚新芸座に招かれて入座。のち座長となる。
以来舞台、テレビドラマで典型的な浪花女の役で人気を集めた。
1961年、60歳で実業家の小南覚次郎と結婚し、話題になった。1987年4月15日死去。享年79。

宝塚時代の主な舞台出演
玉蟲祈願(月組、1930年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
再生の感激(雪組、1932年12月1日 - 12月28日、中劇場)
ルーレット(雪組、1933年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場)
杭争ひ(雪組、1933年8月1日 - 8月20日、中劇場)
兄彦弟彦(雪組、1933年12月1日 - 12月28日、中劇場)
天龍寺船(雪組、1934年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
双児は朗か/美はしの君(雪組、1934年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
小谷落城/傷害保険(雪組、1934年9月6日 - 9月24日、中劇場)
戀慕流し/メルヘンランド(雪組、1935年1月1日 - 1月24日、宝塚大劇場)
磁石/愛と企み(雪組、1935年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
戀愛策略(雪組、1935年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
黒木御所/寶塚忠臣蔵(雪組、1936年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場)
油賣り(雪組、1936年5月6日 - 5月26日、中劇場)
太夫傘/ラ・ロマンス(雪組、1936年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
野火(雪組、1936年9月8日 - 9月25日、中劇場)
野狐/芦刈/セレナーデ(雪組、1936年12月1日 - 12月28日、中劇場)
紅薔薇の城/黄金の初夢/セレナーデ(雪組、1937年1月1日 - 1月17日、中劇場)
春のをどり/ブライア・ローズ(雪組、1937年4月1日 - 4月30日、宝塚大劇場)
冷泉為恭/淺間嶽/ハワイ・ニューヨーク(雪組、1937年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
淺間嶽/ジャズ・カレッテ(雪組、1937年9月8日 - 9月23日、中劇場)
山伏攝待/光は東方より(雪組、1937年12月1日 - 12月28日、中劇場)
光は東方より(雪組、1938年1月1日 - 1月10日、中劇場)
風雲長崎時代/寶塚オーケストラの少女/ミシシッピー・ロマンス(雪組、1938年2月1日 - 2月28日、宝塚大劇場)
ごぶらん織(雪組、1938年3月10日 - 3月21日、中劇場)
淺間嶽/楽しき唄/夏のをどり(雪組、1938年7月10日 - 7月24日、中劇場)
当世嫁えらび/曠野の花(雪組、1938年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
日本風俗繪巻(雪組、1939年1月1日 - 1月25日、宝塚大劇場)
愛國大學生(雪組、1939年6月26日 - 7月25日、宝塚大劇場)
草刈王子(雪組、1940年1月26日 - 2月24日、宝塚大劇場)
赤十字旗は進む(雪組、1940年4月26日 - 5月24日、宝塚大劇場)
銃後の合唱(雪組、1940年10月26日 - 11月24日、宝塚大劇場)
豊穣歌(雪組、1941年5月27日 - 6月24日、宝塚大劇場)
大空の母/男女道成寺/海を渡る歌(雪組、1941年8月26日 - 9月24日、宝塚大劇場)
美と力/花若仇討/新かぐや姫(雪組、1942年7月26日 - 8月24日、宝塚大劇場)
撃ちてし止まむ/みちのくの歌(雪組、1943年2月26日 - 3月24日、宝塚大劇場)

映画
鸚鵡は何を覗いたか(1946年)
三本指の男(1947年)
ホームラン狂時代(1949年)
殿様ホテル(1949年)
のど自慢狂時代(1949年)
闇に光る眼(1950年)
彼と彼女と名探偵(1950年)
戦慄(1950年)
寶塚夫人(1951年)
豪怪三人男(1951年)
昔話ホルモン物語(1952年)
ボート8人娘(1952年)
恋の捕縄(1952年)
アジャパー天国(1953年)
朝焼け富士 前篇(1953年)
朝焼け富士 後篇(1953年)
家庭の事情 馬ッ鹿じゃなかろうかの巻(1954年)
嫁とよばれてまだ三月(1954年)
続々魚河岸の石松 大阪罷り通る(1954年)
家庭の事情 おこんばんわの巻(1954年)
家庭の事情 ネチョリンコンの巻(1954年)
仇討珍剣法(1954年)
里見八犬伝(1954年)
石松故郷へ帰る(1955年)
お父さんはお人好し(1955年)
母水仙(1955年)
正義の快男児 中野源治の冒険 完結篇 地下砲台の恐怖(1955年)
石松と女石松(1955年)
アツカマ氏とオヤカマ氏(1955年)
狸小路の花嫁(1956年)
ボロ靴交響楽(1956年)
泣き笑い土俵入り(1956年)
鼻の六兵衛(1956年)
権三と助十 かごや太平記(1956年)
箱入娘と番頭(1956年)
五十年目の浮気(1956年)
げんこつ社員(1956年)
チンドンやの娘(1957年)
南蛮寺の佝楼男(1957年)
美貌の都(1957年)
欲(1958年)
螢火(1958年)
かた破り道中記(1959年)
青春の丘の上(1959年)
あばれ街道(1959年)
親バカ子バカ(1960年)
白い牙(1960年)
アワモリ君西へ行く(1961年)
河内風土記 続おいろけ説法(1961年)
新・狐と狸(1962年)
喜劇 団地親分(1962年)
暁の合唱(1963年)
河内風土記 おいろけ繁盛記(1963年)
何処へ(1966年)
なつかしき笛や太鼓(1967年)
喜劇 夫婦善哉(1968年)
カモとねぎ(1968年)
河内フーテン族(1968年)
かげろう(1969年)
裸の十九才(1970年)
喜劇 おめでたい奴(1971年)
極道VSまむし(1974年)
泥の河(1981年)
男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎(1981年)

テレビドラマ
時間ですよ第1シリーズ(1970年、TBS)
東芝日曜劇場 (TBS)
「一枚看板」(1972年)
「子ばなれ」(1973年)
「縁結び」(1974年)
「しづやしづ」(1980年)
「おんなの家 その13」(1983年)
大岡越前 第2部 第10話「下手人は火あぶり」(1971年、TBS) - お清
花ぼうろ(1976年、YTV)
あかんたれ(1976年、THK)
丼池太閤記(1977年、NHK)
虹を織る(1980年、NHK):近所の女性
お初天神(1980年、YTV)
吉宗評判記 暴れん坊将軍 第193話「名もなく貧しき母子草」(1982年、ANB) - おくめ
女系家族(1984年、YTV)
特捜最前線 第422話「姑誘拐・ニッポン姨捨物語! 」(1985年、ANB)
いちばん太鼓(1985年、NHK)

その他の番組
徹子の部屋(テレビ朝日)



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。