宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


ジュリー・アンドリュースが主演したハリウッドの名作映画であり、ブロードウェイでも上演されたミュージカル「ビクター・ビクトリア」の公開げいこが、ル・テアトル銀座で行われ、
主演を務める元宝塚トップスター・貴城けいをはじめ、葛山信吾、下村尊則、岡幸二郎、彩吹真央ら出演者が取材に応じ、性別を超えた人間ドラマが繰り広げられる本作の魅力を語った。

kizyou1.jpg

本作は売れない女性シンガーのビクトリアが男性に化け、女装のシンガーとしてスターになったことから起こる珍騒動をコミカルに描いたミュージカル。ブロードウェイ公演の際は、映画に続いて『サウンド・オブ・ミュージック』『メリー・ポピンズ』などに主演した女優のジュリー・アンドリュースが主役を演じたことでも話題を呼んだ。

宝塚時代に華麗な男装で観客を魅了し続けてきた貴城は、本作で「女性を演じる男性」を演じる女性という複雑な役どころを演じているが、「案外難しくなかったです。お話をいただいたときは(男性と女性を)演じ分けようと考えていましたが、けいこをしているうちに一人の人物として演じていました。ご覧いただいているお客さんは『?』となるかもしれませんが、自分自身は楽でした」とさすがは宝塚出身らしい余裕のコメント。

作品にちなんで、「もし生まれ変わるなら男と女どちらがいい?」という質問に対してはヒゲが似合うし燕尾(えんび)服も着たいので次は男がいいかな……でもドレスを着たいのでやっぱり女子がいいかな」と乙女の一面を覗かせた。
そして作品の見どころについては「彩吹さんの下着姿です」とセクシーシーンがあることを明かして彩吹を照れさせていた。

続いて彩吹は、舞台の見どころについて「男性らしい人、女性らしい人、ゲイの人と性別を超えた人間模様が描かれている。ぜひいろいろな方に見てもらいたいです」と語って本作をアピール。
また岡は「(作品の中で)『男でも女でも構わない、君が好きだ!』っていうとても好きなセリフがあります。
作品を見て本物の恋をしに来てください」とロマンチックなコメントで来場を呼びかけた。
※この記事の著作権は配信元に帰属します

~ミュージカル「ビクター・ビクトリア」のチケット情報はこちらをどうぞ~


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。