宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


田鶴 園子たず そのこ

元宝塚歌劇団男役であった。
妹も宝塚出身の御幸市子であり、夫は無声映画時代のスター俳優岡田時彦、一人娘が女優の岡田茉莉子である。

来歴・人物
1924年(大正13年)、宝塚歌劇団13期に入団する。
駆け出しのころから月組、1931年から花組で男役を務め、1932年(昭和7年)に退団。
前年に松竹蒲田撮影所を退社し「不二映画社」を設立したばかりの現代劇スター岡田時彦と結婚する。
翌1933年1月11日には、東京市渋谷区代々木(現東京都)の新居で鞠子(岡田茉莉子)を出産した。

1933年春、京都の新興キネマ京都太秦撮影所(帝国キネマ太秦撮影所の後身)に入社する夫の岡田とともに京都に移住するが、翌1934年1月16日、鞠子の1歳の誕生日のわずか5日後、時彦が結核で死去した(30歳没)。
以来、女手ひとつで一粒種である鞠子を育てることになる。
1938年、ダンス教師の資格をとり、単身上海に渡る。
その間、鞠子を大森区北千足町(現大田区北千束)に住む妹の御幸市子に預ける。
1940年の御幸が山本紫朗と結婚したのを期に、翌1941年、娘を手許に引き取るが、1944年にはやはり再び御幸に預けることとなる。
その後鞠子を1951年、強い希望で東宝演技研究所に入所させる(第3期東宝ニューフェース)。
鞠子は、時彦に芸名を与えた谷崎潤一郎によって「岡田茉莉子」と命名され、同年8月17日、川端康成原作、成瀬巳喜男監督の東宝映画『舞姫』でデビューすることになる。

一人娘の岡田茉莉子が映画界入りしても楽屋に手伝いに来るようなこともなく家庭で岡田を支えることに徹していたが、後年岡田が仕事のメインを映画から舞台へ移した頃からは岡田の出演舞台の楽屋へは度々顔を見せるようになり、楽屋内でもその人柄から慕われていたという。1989年10月8日に病没、81歳没。

出演
ジャックと豆の木(月組、お伽歌劇) 1930年2月 作白井鐵造、出演深雪鏡子、速水岩子、初音麗子
セニョリータ(月組、レヴュー) 1931年1月 作白井鐵造、出演天津乙女、門田芦子、巽寿美子、草笛美子
短波長発信機(月組、ナンセンス) 1931年7月 作竹原光三、出演巽寿美子、嵯峨あきら、小夜福子
那須野(花組、舞踊劇) 1931年12月 作坪内士行、出演奈良美也子、瀧川末子、如月照子
七夕船(花組、歌劇) 1932年6月 作久松一聲、出演秋月さえ子、奈良美也子



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。