宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


門田 芦子かどた あしこ

元宝塚少女歌劇団(元月組主演男役クラス・元月組・星組組長)の人物である。
宝塚時代の愛称はチャマさん。

略歴
1919年、7期生として宝塚音楽歌劇学校(現在の宝塚音楽学校)に入学し、宝塚少女歌劇団(現在の宝塚歌劇団)に入団。
当時は学校と劇団は一体であった。
1932年、『ブーケ・ダムール』にて、断髪。ショートヘアの男役は、宝塚では史上初
1933年、月組組長
1933年 - 1937年、初代星組組長。
1938年、宝塚少女歌劇団を退団。
退団後、歌劇団・音楽学校の寄宿舎の舎監を務める。

宝塚時代の主な出演
『杓子ぬけ』(月組)(1921年9月20日 - 10月18日、公会堂劇場)
『吉備津の鳴釜』(月組)(1922年1月1日 - 1月25日、宝塚新歌劇場(公会堂劇場))
『鼻の詩人』(月組)(1922年3月15日 - 4月30日、宝塚新歌劇場(公会堂劇場))
『金の羽』(月組)(1922年7月15日 - 8月20日、宝塚新歌劇場(公会堂劇場))
『護花鈴』『琵琶記』(月組)(1923年3月20日 - 4月10日、宝塚新歌劇場(中劇場))
『采女禮讃』(月組)(1923年5月11日 - 6月10日、宝塚新歌劇場(中劇場))
『燈臺守の娘』(月組)(1924年3月1日 - 3月31日、宝塚新歌劇場(中劇場))
『能因法師』(月組)(1924年4月16日 - 4月30日、宝塚新歌劇場(中劇場))
『身替音頭』(月・花組)(1924年7月19日 - 9月2日、宝塚大劇場)
『フルスピード』(月組)(1924年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
『蓬莱』『ユーディット』『觀心寺物語』(月・花・雪組)(1925年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
『エレクトラ』『姉と妹』(月組)(1925年4月1日 - 4月30日、中劇場)
『毒の花園』(月組)(1925年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
『かぐや姫』(月組)(1925年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
『夢買の長者』『寅童子』『陽春』(月組)(1926年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
『傀儡船』(月組)(1926年4月1日 - 4月30日、宝塚大劇場)
『十三鐘』『白縫扇陣』(月組)(1926年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
『ドン・キホーテ』『夢見懺悔品』『喧嘩は止めろ』(月組)(1926年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
『ダンス・ホール』(月組)(1927年2月1日 - 2月28日、宝塚大劇場)
『愛の復活』『富士太鼓』(月組)(1927年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
『國性爺』『一條大蔵卿』(月組)(1927年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
『夕顔の巻』(月組)(1927年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
『イタリヤーナ』(月組)(1928年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場)
『若紫の巻』『モン・パリ』(月組)(1928年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
『お光狂亂』(月組)(1928年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
『夢殿』『女暫』(月組)(1928年12月1日 - 12月28日、中劇場)
『姉と妹』(月組)(1929年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場)
『巷談日本妖怪選』(月組)(1929年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
『石馬寺の怪異』(月組)(1929年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
『後の景清』(月組)(1929年12月1日 - 12月28日、中劇場)
『賣家』『朝比奈柱抜』『邯鄲』(月組)(1930年2月1日 - 2月28日、中劇場)
『富士太鼓』『玉蟲祈願』(月組)(1930年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
『パリゼット』(月組)(1930年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
『とんだ間違ひ』(月組)(1930年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
『中將姫』『奴道成寺』『セニョリータ』(月組)(1931年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
『ミス・上海』(月組)(1931年4月1日 - 4月30日、宝塚大劇場)
『世界の花嫁』(月組)(1931年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
『筑紫管公』(月組)(1932年2月1日 - 2月29日、宝塚大劇場)
『燈臺鬼』(月組)(1932年5月1日 - 5月15日、宝塚大劇場)
『ブーケ・ダムール』(月組)(1932年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
『ピストルを撃ったが』(月組)(1932年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
『八犬傳』『ヴォルガの船唄』(月組)(1933年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
『指輪の行方』『螢塚』(星組)(1933年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
『リシュヤシュリンガ』(星組)(1933年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
『ラ・シャット』『御旗の松』『ラッキー・エール』(星組)(1934年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
『ウイナー・メーデル』(星組)(1934年3月1日 - 3月25日、宝塚大劇場)
『冠と花嫁』『沈鐘』(星組)(1934年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
『牡丹燈籠』『御神楽歌』『シェーネス・ベルリン』(星組)(1934年8月4日 - 8月19日、中劇場)
『千日酒』(星組)(1934年12月1日 - 12月28日、中劇場)
『箱根唄』『マリアンカ』(星組)(1935年5月3日 - 5月12日、中劇場)
『婚禮はお預け』(星組)(1935年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
『新婚第一課』(星組)(1935年12月1日 - 12月28日、中劇場)
『呉柳子と村娘』(星組)(1936年1月1日 - 1月12日、中劇場)
『柳娘』『春のをどり(お雛番付)』(星組)(1936年4月1日 - 4月30日、宝塚大劇場)



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。