宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



安蘭 けいあらん けい

toukosayonara.jpg

日本の女優。元宝塚歌劇団・星組トップスター(主演男役)。
滋賀県甲賀郡甲西町(現・湖南市)出身
滋賀県立甲西高等学校卒。
血液型AB型、公称身長167cm。
愛称とうこ。
所属事務所はホリプロ、所属レコード会社はポニーキャニオン。

略歴韓国慶尚南道を故郷とする在日韓国人3世
涼風真世に憧れて宝塚歌劇を志し、4度目の受験で宝塚音楽学校合格を果たした。
1989年、宝塚音楽学校入学。
芸名「安蘭けい」は、『アリラン伝説』主人公のアランが由来。
本名である安田の「安」、花の「蘭」、韓国・慶尚南道の「慶」をひらがなにした
1991年、第77期生として宝塚歌劇団に首席入団。
月組『ベルサイユのばら』で初舞台を踏む。
同期生には春野寿美礼(元花組トップスター)、朝海ひかる(元雪組トップスター)、花總まり(元雪組→宙組娘役トップスター)、成瀬こうき(元月組→雪組→専科スター)など。

1995年、新人公演「JFK」で初主演。ジョン・F・ケネディ役を演じる。
組み回り出演を経て、雪組に配属。
優秀な成績であり、順調に抜擢を受けていた。
「エリザベート」のルドルフの子供時代や「ICARUS」のイカロスなど、少年役をやることが多かった。
1999年頃からは組替えで雪組配属となった、同期の朝海、成瀬とともにトリオで使われることが多かった。
後に「雪組三兄弟」(当時流行していただんご三兄弟に由来)とも呼ばれる。

2000年、星組に組替え。稔幸・香寿たつきのトップ時代には2番手として活躍。
2003年には日生劇場「雨に唄えば」でドン役を演じる。
さらに「王家に捧ぐ歌」(宝塚版アイーダ)では事実上のヒロイン・アイーダ役を演じる。
男役がソプラノで歌うことは極めて珍しく、安蘭を代表する作品の一つとなっている
「ミュージカル」誌では作品がベスト・ミュージカルに選ばれ、安蘭自身も女優部門2位、さらに松尾芸能新人賞も受賞(現役ジェンヌでは、初めての受賞)した。
2004年には「ファントム」日本初演でシャンドン伯爵を演じる。
翌2005年、主演公演「龍星」では、複雑な生い立ちをもつ孤独な主人公を務めるなど、当たり役に恵まれた。

2006年には「ベルサイユのばら」が再演され、大劇場と東京でそれぞれオスカルとアンドレを演じた。
なお、この再演により本公演でオスカル・アンドレ・フェルゼンと男役が演じる三役全てを演じたことになり、これは宝塚史上初である。
2006年、入団16年目にして待望のトップ男役に就任。
外国籍のトップスターは鳳蘭に次ぐ二人目。以来、相手役の遠野あすかとのコンビを組む。
2007年3月、宝塚大劇場披露公演となった「さくら-妖しいまでに美しいおまえ-」では、初日には「夢は見るだけではなく叶えるものです。でも、たとえ叶えられなくても、その道程が夢なのです」と挨拶した。
同年「エル・アルコン-鷹-」(原作・青池保子)では、主演としては異例のダーティー・ヒーローを演じた。
「さくら」では、妖しく美しい歌声を披露した。

2008年には熱望していた「赤と黒」を上演。
同年6月、日本初演ブロードウェイミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」(原作:紅はこべ)を上演。
同作の作曲家フランク・ワイルドホーンより、「ビューティフルでソウルフル。ブロードウェーの一流の歌手と苦労して作った曲を情熱的に見事に歌ってくれた」と絶賛される。
同作品は第34回菊田一夫演劇賞演劇大賞を受賞。
「月刊ミュージカル」誌でもベスト・ミュージカルに選ばれ、安蘭自身も女優部門1位を獲得した。
これらの受賞を機に引退を決意、2009年4月26日、「My Dear My New Orleans~愛する我が街/ア ビヤント」の東京公演千秋楽を最後に退団。
相手役の遠野と同時退団だった。

2009年、8月から公演されるミュージカル「The Musical AIDA -宝塚歌劇団「王家に捧ぐ歌」より-」アイーダ役で女優としてデビュー。
2010年6月には、ポニーキャニオンよりアルバム「arche」を発売。
2010年10月2日に東京・六本木ヒルズアリーナで開かれた「日韓交流おまつり2010」でオープニングに登場し、ルーツが朝鮮半島であることを明かす。後のインタビューで『焼肉ドラゴン』のような韓日合作ミュージカルや演劇への出演希望を語った。

宝塚歌劇団時代の主な舞台
雪組時代 1992~2000年
1992年3~7月、『この恋は雲の涯まで』
1992年10〜1993年3月、『忠臣蔵〜花に散り雪に散り〜』新人公演:堀部安兵衛(本役:轟悠)
1993年1〜2月、バウホール公演『セ・ラムール』ルグラン
1993年5〜8月、『天国と地獄/TAKE OFF』クリント 新人公演:ルイ・ナポレオン(本役:和央ようか)
1993年11月〜1994年3月、『ブルボンの封印/コート・ダジュール』新人公演:コルベール(本役:轟悠)
1994年5〜8月、『風と共に去りぬ』新人公演:フランク・ケネディ(本役:楓沙樹)
1994年11月〜3月、『雪之丞変化/サジタリウス』むく犬の吉 新人公演:闇太郎(本役:轟悠)
1995年5〜8月、『JFK/バロック千一夜』新人公演:ジョン・F・ケネディ(本役:一路真輝)※新公初主演
1995年1月、バウホール公演『グッバイ・メリーゴーランド』ミッシェル
1995年9〜10月、バウホール公演『大上海』黄徴信
1995年11〜12月、『あかねさす紫の花/マ・ベル・エトワール』新人公演:大海人皇子(本役:一路真輝)※新公主演
1996年2〜6月、『エリザベート』ルドルフ(少年時代) 新人公演:トート(本役:一路真輝)※新公主演
1996年8〜12月、『虹のナターシャ/La Jeunesse!』新人公演:三条薫(本役:高嶺ふぶき)※新公主演、この作品で新人公演卒業
1996年10〜11月、『アナジ』楊子竜
1997年3〜7月、『仮面のロマネスク/ゴールデン・デイズ』アゾラン
1997年5〜6月、『嵐が丘』エドガー
1997年9〜11月、『真夜中のゴースト/レ・シェルバン』ウィリアム
1997年12月〜1998年4月『春櫻賦/LET'S JAZZ』中城安辰
1998年2〜3月、バウホール公演『ICARUS』イカロス ※バウ初主演
1998年8〜12月、『浅茅が宿/ラヴィール』数馬
1998年10〜11月、バウホール・日本青年館公演『凍てついた明日』ジェレミー
1999年2月、中日劇場公演『浅茅が宿/ラヴィール』時貞
1999年4〜8月、『再会/ノバ・ボサ・ノバ』ピエール(芝居)、マール/ブリーザ他(成瀬・朝海と役替わり)
1999年6月、バウホール公演『The Wonder Three』
1999年9〜10月、日本青年館他公演『ICARUS』イカロス ※主演
1999年11月〜2000年3月、『バッカスと呼ばれた男/華麗なる千拍子'99』マンドラン
2000年6〜8月、宝塚大劇場公演『デパートメント・ストア/凱旋門』ハイメ

星組時代 2000~2006年
2000年10〜11月、バウホール・日本青年館公演「花吹雪 恋吹雪」石川五右衛門 *主演
2001年1〜2月、宝塚大劇場公演「花の業平/夢は世界を翔けめぐる」藤原常行
2001年3〜10月、「ベルサイユのばら2001」フェルゼン
2001年6〜7月、全国ツアー「風と共に去りぬ」アシュレ・ウィルクス
2001年11〜12月、東京宝塚劇場公演「花の業平/サザンクロス・レビューII」藤原常行
2002年2月、中日劇場公演「花の業平/サザンクロス・レビューII」同
2002年4〜8月、「プラハの春/LUCKY STAR!」ヤン・パラフ
2002年9〜10月、中国公演「蝶・恋/サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ」村人S
2002年11月〜2003年3月、「ガラスの風景/バビロン」フランコ・ミラー
2003年5月、「雨に唄えば」ドン・ロックウッド *主演
2003年7〜11月、「王家に捧ぐ歌」アイーダ *ヒロイン *本公演エトワール
2003年12月、バウホール・日本青年館公演「厳流」佐々木小次郎 *主演
2004年1〜2月、東京宝塚劇場公演「白昼の稲妻/テンプテーション!」ランブルーズ
宝塚歌劇90周年記念の一環として、東京公演のみ宙組に特別出演。
2004年5〜8月、「ファントム」フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵
同上
2004年10〜12月、「花舞う長安/ロマンチカ宝塚'04」安禄山
2005年2月、中日劇場公演「王家に捧ぐ歌」アイーダ
2005年5〜8月、「長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!」らしゃ
2005年10月、ドラマシティ他公演「龍星」龍星 *主演
2006年1〜2月、宝塚大劇場公演「ベルサイユのばら」アンドレ
2006年2〜4月、東京宝塚劇場公演「ベルサイユのばら」オスカル
2006年6月、梅田芸術劇場公演「コパカバーナ」リコ・カステッリ
2006年8〜11月、「愛するには短過ぎる/ネオ・ダンディズム!」アンソニー・ランドルフ

星組トップ男役時代 2006〜2009年
2006年12月〜2007年1月、ドラマシティ・日本青年館公演「ヘイズコード」レイモンド・ウッドロウ *トップコンビ披露公演
2007年3〜7月、「さくら/シークレットハンター」ダゴベール *大劇場お披露目公演
2007年8月、博多座公演「シークレットハンター/ネオ・ダンディズム!Ⅱ」ダゴベール
2007年11月〜2008年2月、「エル・アルコン-鷹-/レビュー・オルキス」ティリアン・パーシモン
2008年3〜4月、ドラマシティ他公演「赤と黒」ジュリアン・ソレル
2008年6〜10月、「スカーレット・ピンパーネル」パーシー・ブレイクニー
2008年11〜12月、「外伝 ベルサイユのばら -ベルナール編-/ネオ・ダンディズム!III」ベルナール
2009年2月〜4月、「My Dear My New Orleans-愛する我が街-/ア ビヤント」ジョイ・ビー *退団公演

ディナーショー
2000年『ラフタイム』(宝塚ホテル、ホテルグランドパレス)
2003年『麗瞳翔―Late Show―』(宝塚ホテル、第一ホテル東京、ウエスティンナゴヤキャッスル)
2004年『Sense』(宝塚ホテル、第一ホテル東京、大津プリンスホテル)

宝塚歌劇団退団後の主な活動
●舞台
2009年8月〜10月「The Musical AIDA -宝塚歌劇団「王家に捧ぐ歌」より-」(東京国際フォーラム、梅田芸術劇場)アイーダ
2010年10月〜11月「ブロードウェイ・ミュージカル『ワンダフルタウン』」 (青山劇場、中日劇場、梅田芸術劇場)ルース
2011年1月~2月 「ミュージカル『エディット・ピアフ』」(天王洲銀河劇場、梅田芸術劇場)エディット・ピアフ
2011年5月~6月 「musical MITSUKO 〜愛は国境を越えて〜」(梅田芸術劇場、中日劇場、青山劇場)クーデンホーフ光子
2011年10月~11月 彩の国シェイクスピア・シリーズ第24弾「アントニーとクレオパトラ」(彩の国さいたま芸術劇場、キャナルシティ劇場、シアター・ドラマシティ、韓国LGアートセンター)クレオパトラ(予定)

●コンサート
2009年12月 「安蘭けいファーストコンサート UNO」(東京国際フォーラム、梅田芸術劇場)
2010年3月 「Frank & Friends/MITSUKO」(オーチャードホール、梅田芸術劇場)
2010年6月 「安蘭けい 箱舟 2010」(天王洲銀河劇場、兵庫県立芸術文化センター)
2010年8月 安蘭けいmeets薬師寺三尊像「弦宴(いとのうたげ)」~薬師寺コンサート~(奈良 薬師寺大講堂特設舞台)

●その他
2010年3月  「それぞれのコンサート 鹿賀丈史 市村正親」ゲスト出演
2010年4月1日 「読売日響グランドコンサート featuring スペシャルゲスト スーザン・ボイル」ゲスト出演
2010年5月15日 「安蘭けい「箱舟」ライヴイベント with 武田真治」
2010年9月1日 阪神甲子園球場、阪神タイガース VS 横浜ベイスターズ戦の始球式 登場
2010年11月7日 「平城遷都1300年祭 平城京カーニバル 」フィナーレ出演
2010年11月15日 「沒後30th 越路吹雪トリビュートコンサート」出演
2011年4月1日 「東北地方太平洋沖地震 現地へ届け、希望と勇気!!YELL! from TOKYO」出演
2011年5月30日 「小林公平没後1周年・チャリティスペシャル『愛の旋律~夢の記憶』」出演
2011年7月3日 「シャソンの祭典 第49回 パリ祭」ゲスト出演(予定)
2011年7月18日 「ニッポン放送 歌姫コンサート~歌で笑顔を、歌で勇気を~」出演(予定)

●テレビ
2009年5月5日「キミハ・ブレイク」(TBS系)
2009年7月18日「朝だ!生です旅サラダ」(ABCテレビ)ゲストの旅 出演
2009年9月21日「女優・安蘭けい誕生!The Musical『AIDA』のすべて」(ABCテレビ)
2010年4月~2011年3月 「宝塚プルミエール」(WOWOW)ナレーション担当
2010年5月11日「火曜サプライズ」(日本テレビ)ゲスト出演
2010年5月18日「はなまるマーケット」(TBS系)はなまるカフェ ゲスト出演
2010年5月22日「王様のブランチ」(TBS系)ゲスト出演
2010年7月22日「ちちんぷいぷい」(毎日放送)ゲスト出演
2010年9月11日「ミューズの晩餐 My Song, My Life」(テレビ東京)春野寿美礼と共にゲスト出演
2010年9月12日「題名のない音楽会」(テレビ朝日系)
2010年10月3日「ディープピープル」(NHK総合)真琴つばさ、春野寿美礼と共にゲスト出演
2010年10月9日「ブロードウェイ・ミュージカル『ワンダフルタウン』開幕直前スペシャル!」(テレビ朝日系)
2010年12月4日「エディト・ピアフ~愛の生涯」(日本テレビ)
2011年1月1日「極限の30秒! プレッシャーゲート」(フジテレビ系)
2011年4月11日~15日「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」(テレビ朝日系)
2011年4月18日 「夢のチカラ」(日本テレビ系)
2011年5月14日「鬼才と女優の80日間・ウィーン~大阪感涙の旅~ミュージカル『MITSUKO』の出来るまで~」(ABCテレビ)
2011年6月5日「伝説の日本女性 青山光子の生涯 ~感動の ミュージカル「MITSUKO」~」(テレビ朝日系)
2011年6月9日/10日/13日 「ライオンのごきげんよう」 (フジテレビ系)

●ディスコグラフィー
CD(シングル)
2007年6月発売 - 「すみれの花咲く頃/さよなら皆様」(宝塚クリエイティブアーツ)
2008年12月発売 - 「蝶~Butterfly~」(宝塚クリエイティブアーツ)
CD(アルバム)
2010年6月発売 - 「arche」(ポニーキャニオン) 
DVD
2009年12月発売 - The Musical 「AIDA アイーダ」~宝塚歌劇「王家に捧ぐ歌」より(宝塚クリエイティブアーツ)
2010年10月発売 - 「安蘭けい 箱舟2010」(ポニーキャニオン)


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。