宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



道平陽子みちひら ようこ

michihirayouko.jpg

タレント。元宝塚歌劇団雪組の娘役。
神奈川県相模原市、相模女子大学高等部出身。身長163cm。
宝塚時代の芸名は、翠 花果(みどりはなか)。
愛称はだーたん、ミテキ(バレリーナミテキ・クドーに顔立ちが似ていたため)。

略歴
1988年、宝塚音楽学校に入学。
1990年、76期生として宝塚歌劇団に入団。花組「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」で初舞台。
後に雪組に配属される。
同期生は、OGでは彩輝直(元月組トップスター、現・彩輝なお)、純名里沙(元花組トップ娘役)、風花舞(元月組トップ娘役)、月影瞳(元雪組トップ娘役)、星奈優里(元星組トップ娘役)、樹里咲穂(元専科スター)など。
現役では寿つかさ(宙組組長)などがいる。

1993年、「ブルボンの封印」にて、朝の連続テレビ小説「ぴあの」主演に伴い休演した純名里沙の代役を務める。
また、同公演の新人公演にて初ヒロインを務めた。
1994年、ロンドン公演メンバーに選抜される。
1994年、「風に吹かれて」でバウ初ヒロインを務める。
1997年7月30日、「仮面のロマネスク/ゴールデン・デイズ」の千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団する。
退団後は、東京MXテレビ「談志・陳平の言いたい放だい」のアシスタントの他、タレントとして活動している。

宝塚時代の主な舞台
1993年1月、「セ・ラムール -さすらいの地中海-」(バウ)テレーズ
1993年3月、「忠臣蔵 -花に散り雪に散り-」(東宝)新人公演:音羽(本役:渚あき)
1993年5月、「天国と地獄 -オッフェンバック物語-/TAKE OFF」新人公演:ヘンリー(本役:香寿たつき)
1993年10月、「ブルボンの封印/コートダジュール」アンリエット(純名里沙の代役)、新人公演:マノン(本役:紫とも) *新人公演初ヒロイン
1994年1月、「ライト&シャドウ」(シアタードラマシティ)カレン
1994年4月、「ライド・オン」(バウ)アイコ/キャロル
1994年7月、「花扇抄/扉のこちら/ミリオン・ドリームズ」
1994年9月、「風に吹かれて」(バウ)アキコ・ドンヴァン *バウホール初ヒロイン
1994年11月、「雪之丞変化/サジタリウス」千世、新人公演:おみつ(本役:星奈優里)
1995年5月、「JFK/バロック千一夜」リー、新人公演:マリリン・モンロー(本役:星奈優里)
1995年11月、「あかねさす紫の花/マ・ベル・エトワール」鏡女王
1996年2月、「エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-」ヘレネ、新人公演:ルドヴィカ公爵夫人(本役:京三紗)
1996年4月、「あかねさす紫の花/マ・ベル・エトワール」(全国ツアー)鏡女王
1996年8月、「虹のナターシャ/La Jeunesse!」呉竹竹子、新人公演:曾根邦子(本役:小乙女幸)
1996年11月、「晴れた日に永遠が見える」(バウ・東京特別・名古屋特別)フローラ
1997年2月、「虹のナターシャ/La Jeunesse!」(中日)呉竹竹子
1997年3月、「仮面のロマネスク/ゴールデン・デイズ」ヴィクトール *退団公演



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。