宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



寿 つかさことぶき つかさ

宝塚歌劇団・宙組の組長(男役)。
愛称は実家の家業と芸名からすっしぃ(愛称の名付け親は先輩の真矢みき)。
妹は元花組男役の達つかさ。76期生。

略歴
東京都港区の寿司屋の家に生まれる。
1990年:宝塚歌劇団に入団。「ベルサイユのばら」で初舞台。
1991年:雪組に配属。
1998年:宙組の立ち上げメンバーに選ばれる。
2005年:宙組副組長に就任。
2008年:宙組組長に就任。

主な舞台
雪組所属時代
1992年3月、『この恋は雲の涯まで』新人公演;白龍(本役:亜実じゅん)
1992年10月、『忠臣蔵 -花に散り雪に散り-』新人公演:色部又四郎(本役:古代みず希)
1993年10月、『ブルボンの封印/コート・ダジュール』新人公演:カータレット(本役:飛鳥裕)
1994年1月、『ライト&シャドウ』(ドラマシティ)マーク
1994年5月、『風と共に去りぬ -スカーレット編-』新人公演:ミード博士(本役:泉つかさ)
1994年9月、『風に吹かれて』(バウ)島崎
1994年11月、『雪之丞変化/サジタリウス』新人公演:中村菊之丞(本役:古代みず希)
1995年5月、『JFK/バロック千一夜』新人公演:ジョセフ(本役:古代みず希)
1995年9月、『大上海』(バウ)龍
1995年11月、『あかねさす紫の花/マ・ベル・エトワール』新人公演:鏡王(本役:古代みず希)
1996年2月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』黒天使、新人公演:グリュンネ伯爵(本役:飛鳥裕)
1996年4月、『あかねさす紫の花/マ・ベル・エトワール』(全国ツアー)葛城稚犬養連網田
1997年9月、『真夜中のゴースト/レ・シェルバン』バーナード

宙組所属時代
1998年1月、『夢幻宝寿頌/This is TAKARAZUKA!』(香港)
1998年3月、『エクスカリバー/シトラスの風』ブラッド
1998年10月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』黒天使
1999年6月、『激情 -ホセとカルメン-/ザ・レビュー 99』ファニート
1999年9月、『TEMPEST -吹き抜ける九龍-』(バウ)パオロ・トリンキュロー
2000年1月、『砂漠の黒薔薇/GLORIOUS!!』サワープ
2000年6月、『宝塚 雪・月・花/サンライズ・タカラヅカ』(ロンドン)
2000年8月、『望郷は海を越えて/ミレニアム・チャレンジャー!』長坂惣右衛門
2000年10月、和央ようかディナーショー『Believe』
2001年2月、『望郷は海を越えて/ミレニアム・チャレンジャー!』(中日)長坂惣右衛門
2001年4月、『ベルサイユのばら2001 -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』ジェローデル
2001年11月、『カステル・ミラージュ -消えない蜃気楼-/ダンシング・スピリット!』ジャスパー
2002年4月、『カステル・ミラージュ/ダンシング・スピリット!』(全国ツアー)フランク
2002年7月、『鳳凰伝 -カラフとトゥーランドット-/ザ・ショー・ストッパー』首斬り役人/鞭打ち役人
2002年9月、轟悠スペシャルコンサート『Stylish!』(青山劇場)
2002年12月、『聖なる星の奇蹟 -いつか出会う君に-』(ドラマシティ・東京特別)博士
2003年2月、『傭兵ピエール -ジャンヌ・ダルクの恋人-/満天星大夜總会』幽霊騎士
2003年8月、『鳳凰伝 -カラフとトゥーランドット-/ザ・ショー・ストッパー』(博多座)ティムール王
2003年10月、『白昼の稲妻/テンプテーション! -誘惑-』セルジュ
2004年3月、『BOXMAN -俺に破れない金庫などない-』(東京特別・ドラマシティ)チャンピオン・ディケンズ
2004年5月、『ファントム』ルドゥ警部
2004年10月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)ミード博士
2005年1月、『ホテル ステラマリス/レビュー伝説』ティモシー・マクファーソン
2005年5月、『ホテル ステラマリス/レビュー伝説』(全国ツアー)ティモシー・マクファーソン
2005年8月、『炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ』フェルランド
2006年1月、『不滅の恋人たちへ』(バウ)サント=ブーヴ
2006年3月、『NEVER SAY GOODBYE -ある愛の軌跡-』マックス・ヴァン・ディック
2006年8月、『コパカパーナ』(博多座)カルロス
2006年11月、『維新回天・竜馬伝! -硬派・坂本竜馬Ⅲ-/ザ・クラシック」西郷隆盛
2007年3月、『A/L -怪盗ルパンの青春-』(ドラマシティ・東京特別・名古屋特別)ドクトル・ゴッズ
2007年7月、『バレンシアの熱い花/宙 FANTASISTA!』バルカ
2007年7月、『バレンシアの熱い花/宙 FANTASISTA!』(全国ツアー)ホルヘ
2008年2月、『黎明の風 -侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦-/Passion 愛の旅』ロビン
2008年6月、『殉情』(バウ)利太郎
2008年9月、『Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー』プルート
2009年2月、『逆転裁判-蘇る真実- 』(バウ・東京特別)ミラー・アーサー
2009年4月、『薔薇に降る雨/Amor それは…』ジェローム
2009年8月、『大江山花伝 -燃えつきてこそ-/Appasionado!!Ⅱ』(博多座)源頼光
2009年11月、『カサブランカ』カール
2010年3月、『Je Chante -終わりなき喝采-』(バウ)ラウル・ブルトン
2010年5月、『TRAFALGAR -ネルソン、その愛と奇跡-/ファンキー・サンシャイン』 フッド提督
2010年9月、『銀ちゃんの恋』(全国ツアー)監督
2010年11月、『誰がために鐘は鳴る』ゴルツ将軍
2011年3月、『ヴァレンチノ』(ドラマシティ)ジェシー・ラスキー
2011年5月、『美しき生涯 -石田三成 永遠(とわ)の愛と義-/ルナロッサ -夜に惑う旅人-』徳川家康


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。