宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



楓 沙樹かえで さき

本名 尾俣 玉緒(おまた・たまお)
9月21日は、元宝塚歌劇団花組男役の舞台女優、ダンサー。
東京都新宿区、目白学園高校出身。
身長168cm。愛称はたまお。

来歴
新宿区で材木商を営む家に出生、小学生のころからクラシックバレエを習い、のちに名倉加代子の主宰するジャズダンススタジオに通い始める。
「宝塚グラフ」の「波乱爆笑わが人生」で、「ダンサーを志していた高校生の時、友人に誘われて『パリ・それは悲しみのソナタ』の東京公演を観劇し、『毎日踊れる場所はここだ!』と宝塚歌劇を志した」と語っている。

1988年、宝塚音楽学校に入学。
1990年、76期生として宝塚歌劇団に入団。
花組「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」で初舞台。後に雪組に配属される。
芸名は、「楓のようにどんな色にも染まる役者になるように」という意味が込められている。
同期生は、OGでは彩輝直(元月組トップスター)、純名里沙(元花組トップ娘役)、風花舞(元月組トップ娘役)、月影瞳(元雪組トップ娘役)、星奈優里(元星組トップ娘役)、樹里咲穂(元専科男役スター)など。
現役では寿つかさ(宙組組長)などがいる。

1992年にはニューヨーク公演、2000年にはベルリン公演と2度公演メンバーに選抜される。
1998年11月、花組へ組替え。
1999年と2002年に二度ディナーショーを行う。
2002年6月23日、「琥珀色の雨に濡れて/Cocktail -カクテル-」の千秋楽付けを持ち、宝塚歌劇団を退団。
退団後は、舞台出演を中心に活躍し、ダンス公演などのメンバーに選抜されることが多い。
その傍ら、YPSIヨガピラティスストレッチ国際認定資格取得し、ダンス、バレエ、ヨガ、ピラティスなどの指導者としても活動している。

主な舞台歴
雪組所属時代
1992年4月、「この恋は雲の涯まで」新人公演:トンギャマ(本役:和央ようか)
1992年11月、「TAKARAZUKA“夢”」(ニューヨーク・シアタードラマシティ)
1993年1月、「セ・ラムール -さすらいの地中海-」(バウ)ルグラン
1993年5月、「天国と地獄 -オッフェンバック物語-/TAKE OFF」新人公演:ヘンリー(本役:香寿たつき)
1993年10月、「ブルボンの封印/コートダジュール」新人公演:アドリアン・モーリス(本役:高嶺ふぶき)
1994年1月、「ライト&シャドウ」(シアタードラマシティ)ケニー
1994年5月、「風と共に去りぬ -スカーレット編-」フランク・ケネディ、新人公演:アシュレ・ウィルクス(本役:高嶺ふぶき)
1994年9月、「風に吹かれて」(バウ)アダム
1994年11月、「雪之丞変化/サジタリウス」新人公演:新吉(本役:香寿たつき)
1995年5月、「JFK/バロック千一夜」カストロ、新人公演:キング牧師(本役:轟悠)
1995年9月、「グッバイ・メリーゴーランド」(シアタードラマシティ)森の王様
1995年11月、「あかねさす紫の花/マ・ベル・エトワール」葛城稚犬養連網田、新人公演:鏡麻呂(本役:泉つかさ)
1996年2月、「エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-」黒天使、新人公演:ルキーニ(本役:轟悠)
1996年4月、「あかねさす紫の花/マ・ベル・エトワール」(全国ツアー)佐伯連子麻呂
1996年8月、「虹のナターシャ/La Jeunesse!」新人公演:栗崎武志(本役:轟悠)
1996年11月、「晴れた日に永遠が見える」(バウ・東京特別・名古屋特別)ウォレン・スミス
1997年9月、「真夜中のゴースト/レ・シェルバン」ファニアス
1997年12月、「春櫻賦/LET'S JAZZ -踊る五線譜-」伊集院良衛
1998年5月、「風と共に去りぬ」(全国ツアー)チャーリー
1998年8月、「浅茅が宿 -秋成幻想-/ラヴィール」相模源太
1998年10月、「凍てついた明日 -ボニー&クライド-」(バウ・東京特別)デッド・ヒントン

花組所属時代
1998年11月、「LAST STEPS -月明かりのワルキューレ-」(バウ)
1999年1月、「夜明けの序曲」山本嘉一
1999年3月、楓沙樹ディナーショー「CRECENDO」
1999年8月、「タンゴ・アルゼンチーノ/ザ・レビュー 99」セルゲイ
2000年2月、「タンゴ・アルゼンチーノ/ザ・レビューⅣ」(中日)セルゲイ
2000年4月、「源氏物語あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ」朱雀帝
2000年6月、「宝塚 雪・月・花/サンライズ・タカラヅカ」(ベルリン)
2000年9月、「トム・ジョーンズの冒険」(バウ・東京特別)フィッツ・パトリック
2000年11月、「ルードヴィヒⅡ世/Asian Sunrise」フォン・ビューロー
2001年4月、「源氏物語あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ」頭の中将
2001年7月、「ミケランジェロ/VIVA!」ピエロ・ソデリーニ
2002年1月、楓沙樹ディナーショー「MIRROR」
2002年3月、「琥珀色の雨にぬれて/Cocktail」アルベール
2002年4月、「ダイヤモンド・アイズ」(シアタードラマシティ)

宝塚退団後の主な活動
●舞台
「Stepping Out」シルビア (2004年2月、博品館劇場)
「シンデレラストーリー 2005」(2005年5月、ル・テアトル銀座、シアター・ドラマシティ、愛知厚生年金会館)
「黒革の手帖」(2006年10月、2009年5月、明治座)
「DANCIN' CRAZY」(2007年8月、東京・大阪)
「夏の夜のロミオとジュリエット」(2008年7月、天王洲銀河劇場)
●テレビ
2008年8月、「第40回 思い出のメロディー」(NHK)松坂慶子・愛の水中花)のバックダンサー




スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。