宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


湖月わたるこづき わたる


元宝塚歌劇団星組トップ男役(トップ期間:2003年~2006年)
埼玉県入間市出身。
本名は三澤 陽子(みさわ ようこ)
身長174センチ。
血液型B型。
愛称「わたるさん、わたるくん、わたさん
日舞花柳流の名取で、名取名は花柳湖月。

略歴
入間市に三人兄弟の第三子として出生。
家族は両親と兄ふたり。
幼少よりリトミックなどを習っていた。
小学生のとき、『ジャワの踊り子』で宝塚歌劇と出会い、「長身を生かせる」と志望。
入間市立向原中学校を卒業後、1987年宝塚音楽学校に合格。
卒業後の1989年、星組公演『春の踊り/ディガディガドゥ』で初舞台を踏む。75期生。
同期に伊織直加、嘉月絵理、美穂圭子、AYAKO(宝樹彩)らがいる。翌1990年に星組に配属。

長身を活かしたダイナミックなダンスと、男役の申し子的な容姿でスター候補生とみなされ、早期より注目されていた。
また、当時は星組男役層が厚く、日向薫、紫苑ゆう、麻路さきなど多くのすぐれた上級生に指導を受けられたことも後の宝塚生活に好影響を及ぼす。
1992年ニューヨーク特別公演メンバーに選ばれる。
1994年、藤沢周平原作『若き日の唄は忘れじ』の文四郎役で、新人公演初主演。
同年には自身2度目の海外公演・ロンドン公演に出演。
1997年には『夜明けの天使たち』で日本青年館公演初主演。
直後に3度目の海外公演、香港公演に出演。
そのまま宙組の立ち上げ要員に選ばれ、3番手として異動となる。

2000年、姿月あさと退団に伴い、宙組2番手へ昇格するも、直後に劇団内構造改革の一環として発足した「新専科」に異動となる。
同年12月シアタードラマシティ公演『月夜歌聲(ツキヨノウタゴエ)』に主演。
朝海ひかる(元雪組トップスター)との共演となった。
2002年日生劇場で行われた特別公演『風と共に去りぬ (宝塚88周年記念特別公演)~雪組・花組~』にアシュレ役で出演。
この時点で新専科としては唯一の全5組出演を達成する。
同年6~7月には、初の外部主演となる『フォーチュンクッキー』(製作:TSミュージカルファンデーション)に出演。
男役のイメージを覆す等身大の女の子を演じる。
2002年12月24日宝塚歌劇団は次期星組トップに湖月わたる(専科)、娘役トップに檀れい(同)が、それぞれ内定したと発表した。

2003年、全国ツアー『蝶・恋(ディエ・リエン)/サザンクロス・レビュー3』で、星組トップ男役就任。
相手役に檀れいをむかえる。
大劇場お披露目公演『王家に捧ぐ歌』は芸術祭演劇部門優秀賞を受賞。
2005年、檀の退団に伴い、相手役に白羽ゆりを迎える。
2005年全国ツアー『ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!!』が新トップコンビのお披露目公演となった。
また、『ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!!』は、劇団史上初となる韓国公演でも上演。
自身にとっては4度目、トップとしては初の海外公演だった。
2006年『ベルサイユのばら−フェルゼンとマリー・アントワネット編−』でフェルゼン役で主演。
また特別出演により雪組公演(オスカル編)にも出演。
同年11月12日(『愛するには短すぎる』『ネオ・ダンディズム』東京公演千秋楽)付にて退団。

退団当初は退団後の活動について「高卒認定と大学進学」のみを言明していた。
しかし、2007年5月に上演のミュージカル「Damn Yankees(くたばれ!ヤンキース)」に出演以後、女優として活動する。
その後も勉強は続け、学業と仕事の両立を目指す。
高卒認定は取得済み。



宝塚時代の舞台出演
星組・新人公演主演
『若き日の唄は忘れじ』(1994年)(本役・紫苑ゆう)
『カサノヴァ・夢のかたみ』(1994年)(同上)
『国境のない地図』(1995年)(本役・麻路さき)
『剣と恋と虹と』(1996年)(同上)
(計4回)
バウホール/青年館公演
『夜明けの天使たち』(星組 / 1998年)
『TEMPEST』(宙組 / 1999年)
いずれも主演である。
シアタードラマシティ公演
『月夜歌聲』(專科男役時代 / 2000年)
『永遠の祈り-革命に消えたルイ17世-』(星組トップ男役時代2003年)
いずれも主演である。

星組、宙組、專科男役時代
1989年
「春の踊り/ディガディガドゥ」 初舞台
1992年
ニューヨーク公演(ジョイス・シアター)
1994年
「若き日の唄は忘れじ/ジャンプ・オリエント」
ロンドン公演(コロシアム劇場)
1996年
「ドリアングレイの肖像」
「エリザベート」
1997年
「夜明けの天使たち」初主演
1998年
「エリザベート」
「嵐ヶ丘」
香港公演(香港カルチュラルセンター)
「エクスカリバー/シトラスの風」宙組お披露目公演
1999年
「TEMPEST」
「激情/ザ・レビュー'99」
2000年
「砂漠の黒薔薇/GLORIOUS!」
「うたかたの恋/GLORIOUS!!」-栄光の瞬間(とき)-
「月夜歌聲」
「望郷は海を越えて/ミレニアム・チャレンジャー」
2001年
「カステル・ミラージュ」~消えない蜃気楼~/ダンシング・スピリット!」
「猛き黄金の国/パッサージュ」
「ベルサイユのばら2001」
「大海賊/ジャズマニア」
2002年
「風と共に去りぬ」
「長い春の果てに/With a song in my heart」
「フォーチュン・クッキー」外部出演
「Switch」

星組トップ男役時代
『蝶・恋(ディエ・リエン)/サザンクロス・レビューIII』(2003年)(全国ツアー)
『王家に捧ぐ歌』(2003年)(宝塚大劇場、東京宝塚劇場 )
『永遠の祈り-革命に消えたルイ17世-』(2003年)(シアタードラマシティ)
『1914/愛/タカラヅカ絢爛-灼熱のカリビアンナイト-』(2004年)(宝塚大劇場、東京宝塚劇場 )
『花舞う長安-玄宗と楊貴妃-/ロマンチカ宝塚'04-ドルチェ・ヴィータ!-』(2004年)(博多座 、宝塚大劇場 、東京宝塚劇場 )
『王家に捧ぐ歌』(2005年)(中日劇場)
『長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!!-夢のシューズを履いた舞神-』(2005年)(宝塚大劇場、東京宝塚劇場 )
『ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!!-夢のシューズを履いた舞神-』(2005年)(全国ツアー、韓国 )
『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』(2006年)(宝塚大劇場、東京宝塚劇場 )
『湖月わたるダンシング・リサイタルAcross』(2006年)(サンシャイン劇場、シアタードラマシティ)
『コパカバーナ』(2006年)(梅田芸術劇場 )
『愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム』(2006年)(宝塚大劇場 、東京宝塚劇場 )

ディナーショー
1999年 - 『NEXT I』(宙組)
2000年 - 『AUQA』 (專科)
2006年 - 『PASSION』(星組)
2008年 - 『A LIVE』(OG)

退団後の舞台出演
『くたばれ!ヤンキース』(2007年) 杜けあきと共演
『DANCIN’CRAZY』(2007年) 大浦みずき、紫吹淳、朝海ひかる、風花舞、星奈優里と共演
『夜叉ヶ池』(原作:泉鏡花)(2007年)退団後初の男役
『ALL SHOOK UP』(2007年) 元宙組娘役スターの花影アリスと共演
『GILLE』(2008年)
『カラミティ・ジェーン』(2008年)
『ACHE エイク ~疼き~ 20th記念公演』(2008年)
『Re-Birth』(2008年)
『愛と青春の宝塚』(2008年・2011年) 嶺野白雪役
『T4 コンサート』(2009年)
『LOVE LEGEND』(2009年) 姿月あさとと共演
『COCO』(2009年) 鳳蘭と共演
『All Shook Up』(2009年)再演
『レザネ・フォール - 愛と幻影の巴里』(2009年)鳳蘭、麻路さき、彩輝なお、星奈優里、南海まりと共演
『Rose Adagio - 眠れる森の美女』(2010年)
『絹の靴下』(2010年)
『LOVE LETTER 2010 20周年記念公演』(2010年)
『没後10周年記念 寺田瀧雄メモリアルコンサート~歌い継がれて~』(2010年)
『DIANA』TSミュージカルファンデーション(2010年) 姿月あさとと共演
『越路吹雪トリビュートコンサート』(2010年)
『Dream Trail - TAKARAZUAK Way to 100th Anniversary 宝塚伝説』(2011年) ゲスト出演
『ELECTRIC CITY エレクトリック・シティ』(2011年)
テレビ出演
VS嵐(フジテレビ系、2010年2月25日)
金曜バラエティー(NHK総合、2011年1月21日)真琴つばさ、彩輝なお、貴城けいとゲスト出演




スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。