宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


初風 緑はつかぜ みどり


元宝塚歌劇団専科の男役スター。
現在は梅田芸術劇場(旧・宝塚クリエイティブアーツ)所属の女優。
実践女子学園高等学校卒業。
芸名は叔母(宝塚歌劇団卒業生・美濃ゆたか)の友人にあたる元月組主演娘役初風諄に由来する。
愛称はガイチ(本姓の短縮から)。
医学者の岩田敏は伯父の兄にあたる。

略歴
幼少のころ、一時期バレエを習っていたことがあり、宝塚を志望した。
宝塚歌劇との出会いは1985年。
「波瀾爆笑!?我が人生」の取材に対し、「友人に誘われて同じ高校の卒業生・真琴つばさの初舞台作品「愛あれば命は永遠に」を観劇したことがきっかけだった。」と告白している。

1988年、『キス・ミー・ケイト』で初舞台。
74期生。
同期に和央ようか・麻乃佳世・森奈みはる・白城あやか・渚あき・汐風幸・美郷真也らがいた。
同年、花組に配属。当時の花組は後に宝塚歌劇団各組でトップとなる男役が数多く在籍していた。
その中で新人時代を過ごした事が初風の成長に大きな影響を与えたとする評価がある。
1994年、『ブラック・ジャック 危険な賭け』の新人公演で初主演を果たす。
1997年、『失われた楽園/サザンクロス・レビュー』の公演中に舞台装置の故障による事故で重傷を負い、休演を余儀なくされる。
幸い怪我は回復し、次の公演で復帰し、バウホール公演『君に恋してラビリンス』ではバウホール公演初主演を果たす。
同年、月組に組替え。そこでも大役に恵まれながら成長していき、3番手を努める。
2000年、新専科制度発足に伴い専科へ異動。2001年より専科生として各組に特別出演する。
2002年、リサイタル形式の公演『愛・舞・魅 (あい・マイ・Me)』にて主演。
2003年には、TAKARAZUKA SKY STAGE開局1周年記念コンサート『Carmine -カーマイン-』に主演する。
2005年、宙組公演『炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ』の東京公演千秋楽で退団。
同公演のパレードではエトワールを勤めた。

2006年3月から女優として活動を開始。
同年11月には、宝塚歌劇団を目指す少女やミュージカル女優志望者のためのスタジオを開校。
講師として指導にあたっている。
2007年2月、CS放送宝塚専門チャンネル『TAKARAZUKA SKY STAGE』でストレッチトレーニング番組「NobiNobiストレッチ」-2008年1月より「NobiNobiステップ」と改名-が放送開始。
インストラクターとして出演している。
『出逢いGA1番』等のレギュラーコーナーも担当していた。



宝塚歌劇団時代の主な舞台
花組所属時代
1990年9月、『秋…冬への前奏曲』新人公演:セレシュ/『ザ・ショーケース』
1991年6月、『ヴェネチアの紋章』新人公演:ジョヴァンニ(本役:愛華みれ)/『ジャンクション24』
1992年2月、『白扇花集』/『スパルタカス』新人公演:ジュリアス・シーザー(本役:愛華みれ)
1992年4月、『けれど夢の中で めざめたときに』(バウ)ティアマト
1992年8月、『心の旅路』新人公演:ジョージ(本役:真琴つばさ)/『ファンシー・タッチ』
1993年2月、『メランコリック・ジゴロ』バード、新人公演:バロット(本役:真琴つばさ)/『ラ・ノーバ』
1993年4月、『ル・グラン・モーヌ -失われし日々-』(バウ)ドロシュ
1993年8月、『ベイ・シティ・ブルース』新人公演:ホールデン(本役:愛華みれ)/『イッツ・ア・ラブストーリー』
1994年3月、『ブラック・ジャック 危険な賭け』新人公演:ブラック・ジャック(本役:安寿ミラ)/『火の鳥』 *新人公演初主演
1994年5月、『たけくらべ』(東京特別)正太郎
1994年9月、『冬の嵐、ペテルブルグに死す』新人公演:ヘルマン・マイヤー(本役:安寿ミラ)/『ハイパー・ステージ!』 *新人公演主演
1995年1月、『哀しみのコルドバ』バシリオ、新人公演(東宝):エリオ・サルバドール(本役:安寿ミラ)/『メガ・ヴィジョン -はてしなき幻想-』 *新人公演主演
1995年9月、『紅はこべ』ヘイスティングス/『メガ・ヴィジョン -はてしなき幻想-』(全国ツアー)
1996年1月、『花は花なり』/『ハイペリオン』タナトス 他
1996年3月、『HURRICANE』(バウ・東京特別・名古屋特別)ディディ
1996年6月、『ハウ・トゥー・サクシード -努力しないで出世する方法-』オヴィトン
1996年9月、『エデンの東』ジョー/『ダンディズム!』(全国ツアー)
1996年12月、『RYOMA -硬派・坂本竜馬!Ⅱ-』(シアタードラマシティ)武市半平太
1997年2月、『失われた楽園 -ハリウッド・バビロン-』ディヴィッド・ムーア/『サザンクロス・レビュー』
1997年4月、『君に恋してラビリンス!』(バウ)ルディ *バウホール初主演
1997年8月、『ザッツ・レビュー』(大劇場公演のみ)伝六

月組所属時代
1997年11月、『EL・DRADO』(東宝公演のみ)ガルシア
1997年12月、『Alas -魂を翼にのせて-』(シアタードラマシティ)占師・旅行者 他
1998年2月、『WEST SIDE STORY』リフ
1998年7月、『永遠物語』(バウ・東京特別)敏雄
1998年9月、『黒い瞳』シヴァーブリン少尉/『ル・ボレロ・ルージュ』
1999年3月、『から騒ぎ』(バウ)ロッキー・ハート *バウホール主演
1999年5月、『螺旋のオルフェ』ロジェ/『ノバ・ボサ・ノバ』マール
1999年10月、『夢幻花絵巻』/『ブラボー!タカラヅカ』(北京・上海)
1999年12月、『プロヴァンスの碧い空』(シアタードラマシティ・東京特別)フィリップ・ペジャール
2000年2月、『LUNA-月の伝言-』ハリー/『BLUE・MOON・BLUE -月明かりの赤い花-』
2000年8月、『LUNA-月の伝言-』ブライアン/『BLUE・MOON・BLUE -月明かりの赤い花-』(博多座)
2000年9月、『ゼンダの城の虜』フリッツ/『ジャズマニア』

専科所属時代
2001年1月、『花の業平 -忍ぶの乱れ-』安倍清行/『夢は世界を翔けめぐる -THE WORLD HEROTAGE 2001-』(星組)
2001年11月、『花の業平 -忍ぶの乱れ-』安倍清行/『サザンクロス・レビューⅡ』(星組:東宝・中日)
2002年4月、『愛・舞・魅 (あい・マイ・Me)』(アートスフィア・バウ) *主演
2002年9月、『蝶・恋(ディエ・リエン)』/『サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ』(北京・上海・広州)
2002年11月、『ガラスの風景』クレマン/『バビロン -浮遊する摩天楼-』(星組)
2003年10月、『白昼の稲妻』オーギュスト/『テンプテーション! -誘惑-』(宙組)
2003年11月、初風緑コンサート『Carmine -カーマイン-』(宙組:神戸特別・東京特別) *主演
2004年4月、『スサノオ -創国の魁-』アマテラスオオミカミ/『タカラヅカ・グローリー!』(雪組)
2004年10月、『風と共に去りぬ』(日生)アシュレ・ウィルクス
2005年2月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』(月組)フランツ・ヨーゼフ
2005年8月、『炎にくちづけを』ルーナ伯爵/『ネオ・ボヤージュ』(宙組) *退団公演

退団後の主な活動
舞台
2006年
『星野哲郎物語・妻への詫び状』とくちゃん
『ボーイズ・レビュー2006 HOLD ON』シェリー
『スィート・チャリティー』ヘレン
『源氏物語・うき身を醒めぬゆめになしても』光源氏
2007年
『CLUB SEVEN SP』
『CLUB SEVEN SELECTION』
『いろはにそらしど -星野哲郎アンソロジー-』  
2008年
『DRACULA -ドラキュラ伝説-』ナディア
『SHOW TUNE』
2009年
『耳かきお蝶』辰巳芸者・金太郎
2010年
『罠』 看護師ベルトン 
『朗読劇・夏の夜の夢語り』
2011年
TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY Vol.2 宝塚OGレビューツアー『DREAM FOREVER』 *予定

テレビ
第58回NHK紅白歌合戦(NHK)、2007年12月31日(布施明・君は薔薇より美しい)
バックダンサー(伊央里直加・貴城けい・初風緑・風花舞・星奈優里・蘭香レア)
「第40回 思い出のメロディー」(NHK、2008年8月30日)(松坂慶子・愛の水中花)
バックダンサー(初風緑・風花舞・星奈優里・楓沙樹/マリアートダンサーズ 秋山千夏・清水敦子) 
「クイズ!ヘキサゴンII」(フジテレビ、2009年11月25日)


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。