宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



渚 あきなぎさ あき


本名:村田明子(むらた あきこ)
日本の女優
元宝塚歌劇団星組娘役トップスター
愛称「あきこ」「あきちゃん
兵庫県神戸市出身
血液型A型

略歴
1988年 - 74期生として宝塚歌劇団に入団。
同期に和央ようか・森奈みはる・麻乃佳世・白城あやか・初風緑・汐風幸・美郷真也らがいる。
同年『キス・ミー・ケイト』で初舞台。雪組に配属。
1992年 - 『この恋は雲の涯まで』で新人公演初ヒロイン。
1993年 - 『セ・ラムール』でバウホール公演初ヒロイン。
同年 - 花組へ組替え。
1998年 - 『春ふたたび』/『サザンクロス・レビュー』の全国ツアーで愛華みれの相手役を務める。
2001年 - 星組へ組替えとなって娘役トップスターに就任、香寿たつきの相手役をつとめる。
抜擢が多く、早い時期(入団3年目での昇進もある)での娘役トップ就任も珍しくない宝塚娘役の世界において、入団14年目にしてトップ就任は異色の存在だった。
2003年 - 『ガラスの風景/バビロン―浮遊する摩天楼―』東京公演千秋楽を最後に香寿と共に退団。
退団後は、舞台、コンサートを中心に活動している。



主な舞台
雪組所属時代
1990年8月、『花のもとにて春』(バウ)静
1991年4月、『微笑みの国』(バウ)ミー
1991年8月、『華麗なるギャツビー』新人公演:ジュディ(本役:純名里沙)/『ラバーズ・コンチェルト』
1991年10月、『スポットライト・マジック』(バウ)
1992年3月、『この恋は雲の涯まで』チチ、新人公演:静御前(本役:紫とも) *新人公演初ヒロイン
1992年10月、『忠臣蔵 -花に散り雪に散り-』新人公演:おきく(本役:純名里沙)
1993年1月、『セ・ラムール -さすらいの地中海-』(バウ)マリー *バウホール初ヒロイン
1993年5月、『天国と地獄 -オッフェンバック物語-』新人公演:マリリン/コーラ・パーク(2役)(本役:小乙女幸)/『TAKE OFF』

花組所属時代
1993年8月、『ベイ・シティ・ブルース』エリザベス、新人公演:エレノア(本役:詩乃優花)/『イッツ・ア・ラブストーリー』
1993年10月、『ワン・タッチ・オブ・ヴィーナス』(東京特別・バウ)グロリア
1994年3月、『ブラック・ジャック 危険な賭け』ヨランダ、新人公演:ベリンダ(本役:美月亜優)/『火の鳥』
1994年5月、『アロー・アロー・キャメロット?』(バウ)サンディ *バウホールヒロイン
1994年9月、『冬の嵐、ペテルブルグに死す』新人公演:ナスターシャ夫人(本役:町風佳奈)/『ハイパー・ステージ!』
1995年1月、『哀しみのコルドバ』ソニア、新人公演(東宝):メリッサ(本役:詩乃優花)[1]/『メガ・ヴィジョン -はてしなき幻想-』
1995年2月、『LAST DANCE』(バウ・東京特別)リリアーナ
1995年6月、『エデンの東』アン/『ダンディズム!』
1995年9月、『紅はこべ』シュザンヌ/『メガ・ヴィジョン -はてしなき幻想-』(全国ツアー)
1996年1月、『花は花なり』/『ハイペリオン』姫 他
1996年6月、『ハウ・トゥー・サクシード -努力しないで出世する方法-』スミティ
1996年12月、『RYOMA -硬派・坂本竜馬!Ⅱ-』(シアタードラマシティ)千葉佐那子
1997年2月、『失われた楽園 -ハリウッド・バビロン-』ポーラ・ダニエルス/『サザンクロス・レビュー』
1997年4月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)メラニー
1997年8月、『ザッツ・レビュー』大河原花代
1997年10月、『白い朝』(バウ・東京特別)おのぶ *バウホールヒロイン
1998年5月、『SPEAK EASY -風の街の純情な悪党たち-』ルーシー・シャーロット/『スナイパー -恋の狙撃者-』
1998年10月、『春ふたたび』よの/『サザンクロス・レビュー』(全国ツアー) *ヒロイン
1999年1月、『夜明けの序曲』お新
1999年8月、『タンゴ・アルゼンチーノ』ミシア/『ザ・レビュー99』
2000年4月、『源氏物語 あさきゆめみし』朧月夜/『ザ・ビューディーズ』
2000年11月、『~愛と孤独の果てに~ルードヴィッヒⅡ世』エリザベート/『Asian Sunrise』
2001年1月、『花組エンカレッジコンサート』(バウ)
2001年7月、『ミケランジェロ -神になろうとした男-』ルイーザ/『VIVA!』

星組娘役トップスター時代
2001年11月、『花の業平―忍ぶの乱れ―』藤原高子/『サザンクロス・レビューⅡ』(東宝・中日)
2002年4月、『プラハの春』カテリーナ/『LUCKY STAR!』
2002年9月、『蝶・恋』/『サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ』(上海・北京・広州)
2002年11月、『ガラスの風景』ローラ・シモンズ/『バビロン―浮遊する摩天楼―』 *退団公演
2003年1月、『渚あきミュージックサロン Sincerely〜心をこめて』

宝塚退団後
『ジャック・ブレルは今日もパリに生きて歌っている』(2003年~2004年)
望作『Hamlet』(2004年4月)
『新版・桜吹雪狸御殿/ボンジュール・タカラジェンヌ』(2004年4月、ゲスト出演)
『TCAスペシャル TAKARAZUKAゴールデン・メモリーズ』(2004年7月)
『渚あきソロコンサート Precious』(2004年7月)
『コシノものがたり』(2005年1月、明治座)
松平健主演『弁慶 / 唄う絵草紙』(2006年7月、新宿コマ劇場)
『レ・ミゼラブル』(2007年6~8月、ファンテーヌ役帝国劇場)
『ジェネレーションズ!』(2008年3月1日、東京厚生年金会館大ホール)
『HAKANA』(2008年4月18日 - 4月27日、明治座)
五木ひろし明治座公演(2010年10月、明治座)
五木ひろし 歌・舞・奏NEW YEAR スペシャル (2011年1月、大阪歌舞伎座)
『恋文~星野哲郎物語』(2011年6月、御園座) *予定
『天璋院篤姫』(2011年7月、博多座)*予定

テレビドラマ
土曜ワイド劇場
棟居刑事の黙示録(2009年11月21日、テレビ朝日) - 鵜飼奈美恵 役
法医学教室の事件ファイル33(2011年6月11日、テレビ朝日) - 谷崎和恵 役
炎の警備隊長・五十嵐杜夫9(2011年7月9日、朝日放送・テレビ朝日)
月曜ゴールデン
十津川警部シリーズ 「伊勢志摩殺人迷路 〜近鉄特急 伊勢志摩ライナーの罠〜」(2010年3月29日、TBSテレビ)
刑事シュート しゅうと&ムコの事件日誌3(2011年7月25日、TBSテレビ) - 山際葉月 役
水戸黄門第41部 第3話「過去を消した謎の女!・鎌倉」(2010年4月26日、TBSテレビ)
TAROの塔 第3話『戦友』(2011年3月26日、NHK総合テレビ)- バーのママ 役

コマーシャル
ダノンBIO 「実証・今までが普通じゃなかった」篇(2011年1月)


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。