宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


高砂 松子たかさご まつこ

元宝塚少女歌劇団花組主演男役クラスの人物である。妹は神代錦である。

略歴
1915年、3期生として、宝塚少女歌劇団(現在の宝塚歌劇団)に入団。
1924年、宝塚少女歌劇団を退団。

宝塚時代の主な舞台

『アンドロクレスと獅子』(1917年3月20日 - 5月20日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
『リザール博士』(1917年7月20日 - 8月31日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
『下界』(1917年10月20日 - 11月30日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
『鼠の引越』(1918年1月1日 - 1月20日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
『一寸法師』『新世帯』(1918年3月20日 - 5月20日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
『鼎法師』(1918年10月20日 - 11月30日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
『鷽替』(1919年1月1日 - 1月20日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
『こだま』『家庭教師』(1919年3月20日 - 5月20日、宝塚新歌劇場(公会堂劇場))
『文福茶釜』(1920年1月1日 - 1月20日、宝塚新歌劇場(公会堂劇場))
『酒の行兼』(1920年3月20日 - 5月20日、宝塚新歌劇場(公会堂劇場))
『八犬傳』『正直者』(1920年7月20日 - 8月31日、宝塚新歌劇場(公会堂劇場))
『灰酒』(1920年10月20日 - 11月30日、宝塚新歌劇場(公会堂劇場))
『新道成寺』(1921年1月1日 - 1月20日、宝塚新歌劇場(公会堂劇場))
『隅田川』(1921年7月20日 - 8月31日、公会堂劇場)
『カインの殺人』『戀の老騎士』(花組)(1921年10月20日 - 11月30日、第二歌劇場)
『鬼酒』(花組)(1922年5月1日 - 5月31日、宝塚新歌劇場(公会堂劇場))
『牧神の戯れ』『龜山のゝ兵衛』(花組)(1922年8月1日 - 9月10日、宝塚新歌劇場(公会堂劇場))
『燈籠大臣』(花組)(1922年11月1日 - 12月1日、宝塚新歌劇場(公会堂劇場))
『清水詣』『呉服穴織』(花組)(1923年1月1日 - 1月20日、宝塚新歌劇場(公会堂劇場))
『龍井寺由來』(花組)(1923年4月11日 - 5月10日、宝塚新歌劇場(中劇場))
『笛争ひ』(花組)(1923年7月10日 - 8月19日、宝塚新歌劇場(中劇場))
『古柳の嘆き』(花組)(1924年1月1日 - 1月31日、宝塚新歌劇場(中劇場))
『昔噺帝釋天』『學生通辯』(花組)(1924年5月1日 - 5月21日、宝塚新歌劇場(中劇場))
『カチカチ山』『小さき夢』(月・花組)(1924年7月19日 - 9月2日、宝塚大劇場)
『瓢明神繪巻』『エミリーの嘆き』(花組)(1924年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
『かいまみ少將』(花組)(1925年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。