宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



真織 由季まおり ゆき


神奈川県横浜市出身の女優。
元宝塚歌劇団星組男役スター。
身長166cm。
出身校は横浜市立南高等学校。
本名:熊谷 美奈子(くまがい みなこ)。
宝塚時代の愛称は「ミナコ」

略歴
横浜市にて、三人姉妹の第一子として出生。
劇団四季などミュージカルに傾倒するうち「誕生日が同じ2月5日であった大地真央の存在を知り宝塚入団を志望した。」
1984年、宝塚音楽学校に入学。
1986年、「レビュー交響楽」で初舞台。
同期には現専科娘役の五峰亜季、現星組男役のにしき愛、元星組トップスターの香寿たつき、元月組トップスターの紫吹淳、歌手の中条まり、メイクアップアーティストの矢吹翔らがいる。
初舞台後、中条らとともに月組に配属。
次第に頭角を現し1991年から1992年の月組新人公演のほとんどの作品で主演し本公演でも重要な役を与えられていた。
1993年、星組へ組替。
バウホール初主演を果たし星組を歌と演技で支える存在となり1995年には三番手男役スターに昇進していたが、1996年「剣と恋と虹と」で退団。
三番手としては異例のさよならショーを行う。
父親が病を得て亡くなったことが退団の契機だったといわれる。
退団後は、舞台を中心に活動している。

主な舞台
月組時代
1986年1月、『スウォード・フラッシュ!』(バウ・東京特別・名古屋特別)
1988年11月、『恋と霧笛と銀時計』新人公演:一ノ瀬雅和(本役:いつき吟夏)/『レインボー・シャワー』
1989年2月、『赤と黒』(バウ・東京特別)ラジュマート伯爵
1989年5月、『新源氏物語』新人公演:式部丞、信行(本役:久世星佳)/『ザ・ドリーマー』
1989年10月、『宝塚をどり賛歌』/『タカラヅカ・フォーエバー』(ニューヨーク公演)
1990年2月、『大いなる遺産』新人公演:ハーバード・ポケット(本役:涼風真世)/『ザ・モダーン』
1990年4月、『ロミオとジュリエット』(バウ・東京特別)ティボルト
1990年8月、『川霧の橋』新人公演:半次(本役:涼風真世)/『ル・ポアゾン 愛の媚薬』
1990年10月、『BLUFF』(バウ)シドー
1991年3月、『ベルサイユのばら -オスカル編-』新人公演:オスカル(本役:涼風真世) *新人公演初主演
1991年5月、『紫陽の花しずく』(バウ)定七
1991年9月、『銀の狼』バチスタ、新人公演:シルバ(本役:涼風真世)/『ブレイク・ザ・ボーダー』 *新人公演主演
1992年1月、『珈琲カルナバル』エステバン、新人公演:アルツール・サントス(本役:天海祐希)/『夢・フラグランス』
1992年5月、『BLUFF』(東京特別)ロジャー
1992年7月、『PUCK』オベロン、新人公演:パック(本役:涼風真世)/『メモリーズ・オブ・ユー -懐かしき時代・美しき人々-』 *新人公演主演
1992年9月、『高照す日の皇子』(バウ・東京特別)藤原高名
1992年12月、『TAKARAZUKA“夢”』(シアタードラマシティ)
1993年4月、『グランドホテル』ジミーA/『BROADWAY BOYS』
1993年5月、『ロスト・エンジェル』(バウ)ラウル

星組時代
1993年8月、『FILM MAKING』(バウ・東京特別)モーリス・ジョーダン *バウホール初主演
1993年12月、『ライト&シャドウ』(シアタードラマシティ)ハロルド
1994年2月、『若き日の唄は忘れじ』山根清二郎/『ジャンプ・オリエント!』
1994年4月、『ある日 夢のとばりの中で』(バウ)トーマス・アルバ・エジソン
1994年7月、『花扇抄』/『扉のこちら』/『ミリオン・ドリームス』(ロンドン公演)
1994年10月、『Shion -愛の祈り-』(バウ)マオラビンスキー
1994年12月、『カサノヴァ・夢のかたみ』ダミアン/『ラ・カンタータ』(東京)
1995年2月、『若き日の唄は忘れじ』島崎与之助/『ジャンプ・オリエント!』(中日)
1995年4月、『国境のない地図』ハインリッヒ
1995年9月、『剣と恋と虹と』リニエール/『ジュビレーション!』
1996年1月、『黄色いハンカチ』(バウ)ヴィンゴ *バウホール主演

退団後の主な活動
舞台
2008年 「DRACULA」ゼルマ
テレビ
アンコール・宝塚スターの小部屋 番組ナビゲータ (WOWOW・TAKARAZUKA SKY STAGE)



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。