宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ




CHIHARUちはる


本名:岩崎千春
ヘアメイクアーティスト。
元宝塚歌劇団花組の男役。
在団中の芸名は、矢吹 翔(やぶき しょう)
愛知県西春日井郡西春町(現・北名古屋市)出身
白木中学校卒業。
身長169cm
血液型B型

来歴
小学校の時に「ベルサイユのばら」を見て、タカラジェンヌを志す。
1986年、72期生として宝塚歌劇団に入団。
「レビュー交響楽」で初舞台。
同年雪組に配属される。
同期生は、OGでは香寿たつき(元星組トップスター)
紫吹淳(元月組トップスター)
真織由季、現役では五峰亜季、にしき愛がいる。
1997年11月、花組へ組替え。
2004年11月21日、「La Esperanza/TAKARAZUKA舞夢!」の千秋楽付けを持ち、宝塚歌劇団を退団。
退団後は、ヘアメイクアーティスト「CHIHARU」として活躍。
宝塚歌劇団のポスターや写真集の他、タレントのヘアメイクも担当し、その活動範囲を広げている。

主な舞台歴
雪組所属時代 (1986年~1997年)
1989年2月、「ムッシュ・ド・巴里/ラ・パッション!」新人公演:レニエ(本役:高嶺ふぶき)
1989年8月、「ベルサイユのばら-アンドレとオスカル編-」新人公演:オルレアン公爵(本役:沙羅けい)
1990年6月、「黄昏色のハーフムーン/パラダイス・トロピカーナ」新人公演:ロイ(本役:古代みず希)
1991年2月、「花幻抄/恋さわぎ/スイート・タイフーン」新人公演:海賊(本役:古代みず希)
1991年4月、「微笑みの国」(バウ)フー・リー、ナン
1991年8月、「華麗なるギャツビー/ラバーズ・コンチェルト」警視総監、新人公演:ウィルソン(本役:古代みず希)
1992年4月、「この恋は雲の涯まで」青竜、新人公演:佐藤忠信(本役:海峡ひろき)
1992年5月、「微笑みの国」(東京特別・名古屋特別)ナン
1992年11月、「忠臣蔵 -花に散り雪に散り-」 新人公演:多門伝八郎/綿屋喜左衛門(本役:立ともみ)
1994年1月、「二人だけの戦場」(バウ・東京特別・名古屋特別)ノバロ・ジョクレア
1996年2月、「エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-」シュバルツェンベルグ
1996年4月、「アリスの招待状 -チェシャ猫ホテルへようこそ-」ジェイコブ
1997年9月、「真夜中のゴースト/レ・シェルバン」オースティン

花組所属時代 (1997年~2004年)
1997年12月、「ザッツ・レビュー」伝六 *東宝のみ
1998年2月、「ザッツ・レビュー」(中日)伝六
1998年5月、「SPEAKEASY -風の街の純情な悪党たち-/スナイパー -恋の狙撃者-」マシュー
1998年7月、「真矢みきコンサート・Miki in Budokan」
1998年10月、「Endless Love」(バウ・名古屋特別・東京特別)ジェームス
1999年1月、「夜明けの序曲」仁田鶴吉
1999年8月、「タンゴ・アルゼンチーノ/ザ・レビュー 99」アントニオ
2000年2月、「タンゴ・アルゼンチーノ/ザ・レビューⅣ」(中日)アントニオ
2000年4月、「源氏物語あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ」左大臣
2000年9月、「トム・ジョーンズの冒険」(バウ・東京特別)フィッツ・パトリック
2000年11月、「ルードヴィヒⅡ世/Asian Sunrise」ホルシュタイン伯爵
2001年4月、「マノン」(バウ・東京特別)フェルナンド
2001年7月、「ミケランジェロ/VIVA!」レオナルド・ダ・ヴィンチ
2002年3月、「琥珀色の雨にぬれて/Cocktail」シャルル・ド・ボーモン伯爵
2002年8月、「あかねさす紫の花/Cocktail」中臣鎌足
2002年10月、「エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-」ツェップス
2003年3月、「お~い!春風さん/恋天狗」(バウワークショップ)親方/竹庵先生
2003年5月、「野風の笛/レビュー誕生」本多正信
2003年10月、「二都物語」(バウ・東京特別)ドファージュ
2004年1月、「天使の季節/アプローズ・タカラヅカ!」ペペロンチ
2004年5月、「Naked City」(バウ・東京特別)ウィリアム・ウィルソン
2004年8月、「La Esperanza/TAKARAZUKA舞夢!」ギジェルモ *退団公演




スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。