宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


毎回、蜷川幸雄演出ならではの魅力的な人物造型とスペクタキュラーな舞台展開で人気の<彩の国シェイクスピアシリーズ>。
待望の第24弾は、恋によって身を滅ぼす武将アントニーとその恋人クレオパトラのロマンス劇だ。
タイトルロールを演じるのは、本シリーズ常連の吉田鋼太郎と、今回が蜷川作品への初出演となる安蘭けい
シェイクスピア作品の中でも上演数が少ないといわれている本作へ、演技巧者で知られる2人がどう挑むのか。




――本作への出演が決まったときのお気持ちは?


吉田「恋愛からスペクタクルまで盛りだくさんで、僕はすごく面白い作品だと思います。原作の評価はシェイクスピア作品の中でそんなに高くないんですよ(笑)。でも蜷川さんって、そういう作品を演出されるときにものすごく面白いものが出てくるんです。だからこの公演も、他にはない舞台になるんじゃないかと期待してます」


安蘭「私は2年前に宝塚を退団して女優に転身する時、『蜷川さんの舞台に出たい』と言っていたくらい、出演は念願でした。在団中から舞台は拝見していて、自分はきらびやかな宝塚の舞台に立っているのに、蜷川さんの人間の闇の部分を描く舞台にとても惹かれていたんです(笑)。だから出演が決まった時は光栄に思う気持ちと同時に、プレッシャーもすごかったですね」


――ご自身の役どころについてはどういう印象を持っていますか?


吉田「アントニーはローマ帝国の有名な武将なんですが、劇中にはビックリするようなシーンがたくさんあるんですよ。戦争で大変なことになっているローマを放ってクレオパトラに夢中になっていたり、ひと言でいうと“ダメおやじ”(笑)。ただの英雄ではない、50歳を過ぎて女に惚れてる男の正直さというのがリアルだし、僕がアントニーを好きな部分でもあります」


安蘭「蜷川さんとお話しした時におっしゃっていたのは、“強いクレオパトラ”ということ。恋多き女というイメージがありますがそれだけではなく、女王として政治を操ったり戦場で指揮を取ったりと知性もある。それでも最後はアントニーと運命を共にする可愛らしさが残っているんですよね。そういうところが女性に共感を持ってもらえるんじゃないかと」


――お2人は初共演となりますね。


吉田「安蘭さんはとてもオープンな方なので、会ってすぐに打ち解けました。舞台上でお互いどこまでさらけ出し合えるか、そこを楽しみに思える方でよかったです」


安蘭「これまでミュージカルばかりやってきたので、ストレートプレイ自体が初めてなんですよ。予想以上に緊張していますけど、吉田さんとご一緒出来るので安心です(笑)」


――この公演は埼玉、福岡、大阪で巡演の後、蜷川さん自身初となる韓国公演(11/24~27、LGアートセンター)が控えていますね。お客様にメッセージを


吉田「<シェイクスピアシリーズ>には何度も出させていただいてますが、蜷川さんの舞台はどんな物語でも普遍性を帯びているのが魅力。本作も歴史上の英雄と悪女が出てきますが、愛に苦しむ姿を身近に感じてもらえるのでは。本当の意味でワクワク出来る舞台だと思うので、シェイクスピアだと構えずに、ぜひ劇場にいらしてください」


安蘭「私は在日韓国人3世なので、こういう形で日本と韓国の交流に携われるのが幸せです。念願の蜷川さんの舞台で韓国公演に行けることに運命を感じるし、自分にとっては凱旋公演のような気持ちでもいます。なので、美しくて強いクレオパトラをお見せできるよう…頑張ります!(笑)」
※この記事の著作権は配信元に帰属します


~各公演のチケット情報はこちらでどうぞ!埼玉公演は発売中!!~



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。