宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


前回に続いて、かなめさんこと涼風真世さん作品のお話をしたいと思います。
天使の微笑・悪魔の涙」が私の中で第三位でした。果たして第二位は
悩みました…悩みましたが…第二位「PUCK」です。
この作品は1992年の作品でこの頃の花月雪星どの組も素晴しいですよね~。小池修一郎先生の作品です。
PUCKシェークスピア作『夏の夜の夢』を現代におきかえて、妖精を演じるかなめさんが人を愛すること・環境問題をテーマにしたお芝居になっています。子供から大人まで楽しめるメルヘンなお話です。
そして、舞台音楽をユーミンこと松任谷由実さんが担当しており、心をキュンとするメロディがたくさん流れています。
ビデオで初めて観た時に「かなめさん本当に妖精になっている凄い。全く違和感がない」また、最後のシーンは涙を流さずにはいられないです。相手役の麻乃佳世さんことヨシコちゃんのハーミアも素晴しい。メルヘンコンビです。
ハーミアの母性を凄く感じましたし、二番手の天海祐希さんことゆりちゃんの元気一杯なボビー役は適役でしたね。
エピソードでは、PUCKで声を出してはいけないシーンがあります。声を出してしまったら、記憶は全て消されてただの人になってしまうからです。その時、かなめさんは退団を決意されたそうです。
声を出せない芝居の中で月組皆さんの姿を見ることができて感じとられたのでしょうね。その決意もかなめさんらしいなぁと思いました。
さて、ここでかなめさんの代表作「PUCK」より松任谷由実さんが作曲された妖精の歌声をご覧ください。

PUCK」よりミッドサマーイブです


上記の動画の楽曲ミッドサマーイブの音声ダウンロードもありました。
PUCKより「ミッドサマーイブ」の音声ダウンロードはこちら
透き通った伸びる声。オーバーオールが似合うかなめさん。ローラースケートを履いていたので、転ばないように内心ヒヤヒヤしました。小ネタですが、スチール写真で髪の毛がストレートのPUCKの写真もありましたよね。私の中での髪型はパーマかかっているイメージの方が強くと思いました。PUCKは心が満たされていく作品でしたね。本当に大好きです。何歳になっても一生見続けていくと思います。

次回は、第一位の作品のお話をしたいと思います。

★涼風真世★さん★麻乃佳世★さん★天海祐希★さんの宝塚時代のアイテムを見つけました。
掘り出し物を一緒に見つけましょう


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。