宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


夏河 ゆらなつかわ ゆら


元宝塚歌劇団月組組長。
在団期間は1985年- 2006年。
兵庫県西宮市出身。
西宮市立甲陵中学校卒業。

略歴
幼少の頃から宝塚コドモアテネに通う。
1983年、宝塚音楽学校入学。
1985年、宝塚歌劇団入団。71期生。
『愛あれば命は永遠に』で初舞台。
月組に配属。
同期に愛華みれ、真琴つばさ、轟悠、稔幸、鮎ゆうきらがいる。
1998年、新設された宙組に移動するが再び月組へ。
2000年、月組副組長に就任。
2002年、月組組長に就任。
2006年、『暁のローマ/レ・ビジュー・ブリアン』で結婚退団。

主な舞台
月組所属時代(1985年~1997年)
1989年5月、『新源氏物語』新人公演:中将の君(本役:羽根知里)/『ザ・ドリーマー』
1989年10月、『宝塚をどり賛歌』/『タカラヅカ・フォーエバー』(ニューヨーク公演)
1989年11月、『シャンテ・シャンテ・シャンテ』(バウ)
1990年2月、『大いなる遺産』新人公演:ミス・ハヴィシャム(本役:邦なつき)/『ザ・モダーン』
1991年3月、『ベルサイユのばら -オスカル編-』新人公演:ジャルジェ夫人(本役:矢代鴻)
1991年9月、『銀の狼』新人公演:ソフィー(本役:京三紗)/『ブレイク・ザ・ボーダー』
1992年1月、『珈琲カルナバル』新人公演:ガブリエラ(本役:高ひづる)/『夢・フラグランス』
1992年12月、『TAKARAZUKA 夢』(シアタードラマシティ)
1994年2月、『たけくらべ』(バウ)なつ、朗読
1994年7月、『花扇抄』/『扉のこちら』/『ミリオン・ドリームズ』(ロンドン公演)
1994年8月、『WANTED』(バウ)オルタンス
1994年11月、『エールの残照』モーリン/『TAKARAZUKA・オーレ』(東宝)
1994年12月、『ローン・ウルフ』(バウ・東京特別・名古屋特別)ローザ
1995年3月、『Beautiful Tommorow!』(バウ)
1995年4月、『結末のかなた』(バウ・東京特別・名古屋特別)羽乃記者
1995年6月、『ハードボイルドエッグ』パメラ/『EXOTICA!』(東宝)
1995年8月、『ME AND MY GIRL』ブラウン夫人
1996年2月、『訪問者』(バウ・東京特別)お牧、マダムルノー
1996年3月、『CAN-CAN』ガブリエル/『マンハッタン不夜城 -王様の休日-』
1996年9月、『チェーザレ・ボルジア』カテリーナ/『プレスティージュ』
1996年12月、『バロンの末裔』シャーロット/『グランド・ベル・フォリー』
1997年2月、『Non-STOP!! -午前0時に幕は開く-』(バウ・東京特別)ヒップバーン
1997年6月、『EL DORADO』コンチータ
1997年9月、『チェーザレ・ボルジア』カテリーナ/『プレスティージュ』(全国ツアー)

宙組所属時代
1998年1月、『夢幻宝寿頌』/『This is TAKARAZUKA!』(香港)
1998年3月、『エクスカリバー』モーガン/『シトラスの風』
1998年10月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』マデレーネ

月組所属時代
1999年3月、『うたかたの恋』エリザベート皇后/『ミリオン・ドリームズ』(全国ツアー)
1999年5月、『螺旋のオルフェ』ドミニク/『ノバ・ボサ・ノバ』
1999年7月、『十二夜 -またはお望みのもの-』(バウ)オリヴァ
1999年10月、『夢幻花絵巻』/『ブラボー!タカラヅカ』(北京・上海)
1999年11月、『うたかたの恋』エリザベート皇后/『ブラボー!タカラヅカ』(全国ツアー)
2000年2月、『LUNA』ポーラ/『BLUE MOON BLUE』
2000年8月、『LUNA』ポーラ/『BLUE MOON BLUE』(博多座)
2000年9月、『ゼンダ城の虜』ヘルガ/『ジャズマニア』
2001年1月、『いますみれ花咲く』/『愛のソナタ』アンニーナ
2001年3月、『Practical Joke (ワルフザケ)ってことにしといてくれよ』(シアタードラマシティ・東京特別)ジェレミー
2001年5月、『愛のソナタ』アンニーナ/『ESP!!』
2001年8月、『大海賊 -復讐のカリブ海-』イスメラルダ夫人、酒場の女アルマ/『ジャズマニア』
2001年10月、『大海賊 -復讐のカリブ海-』イスメラルダ、アルマ/『ジャズマニア』(全国ツアー)
2002年1月、『ガイズ&ドールズ』カートライト将軍
2002年6月、『サラン・愛』崔明玉/『ジャズ・マニア』(全国ツアー)
2002年8月、『長い春の果てに』イボンヌ/『With a song in my heart』
2003年2月、『長い春の果てに』イボンヌ/『With a song in my heart』(中日)
2003年4月、『花の宝塚風土記 -春の踊り-』/『シニョール ドン・ファン』ルッチラ
2003年9月、『Lica-Rika/L.R』(東京特別・シアタードラマシティ)
2003年11月、『薔薇の封印』マリア、マダム・ヘルガ
2004年4月、『愛しき人よ』(バウ・東京特別)一乃宮若菜
2004年6月、『飛鳥夕映え』皇極帝/『タカラヅカ絢爛Ⅱ -灼熱のカリビアン・ナイト-』オバタラ
2005年2月、『エリザベート』ルドヴィカ
2005年9月、『JAZZYな妖精たち』サラ/『REVUE OF DREAMS』 
2006年1月、『あかねさす紫の花』舟坂郎女/『REVUE OF DREAMS』(中日) 
2006年5月、『暁のローマ』カーミアン/『レ・ビジュー・ブリアン』 *退団公演


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。