宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



貴柳みどりたかやぎ みどり

宝塚歌劇団の元宙組副組長で現在は阪急阪神ホテルズレム日比谷支配人。
兵庫県川西市、県立川西明峰高等学校出身。

略歴
宝塚ファンの母や宝塚歌劇団卒業生の叔母の影響で幼少から宝塚歌劇に親しみ、小学校高学年時代から宝塚コドモアテネを利用。
出雲綾は当時からの幼馴染。
1983年、宝塚音楽学校に入学。
1985年、71期生として宝塚歌劇団に入団。著名な同期に男役では愛華みれ、真琴つばさ、轟悠、稔幸
娘役では鮎ゆうき(俳優・神保悟志夫人)、香坂千晶、夏河ゆら、華陽子など。
「愛あれば命は永遠に」で初舞台を踏む。
その後星組に配属。
1997年、花組へ組替え。
2002年、宙組に組替え、副組長に就任。
2005年、『ホテル ステラマリス』/『レヴュー伝説』の東京公演千秋楽付けをもって宝塚歌劇団を退団。
退団後は、日本舞踊講師として活躍してきたが、2007年11月にオープンしたホテル「レム」日比谷の支配人に就任。

主な舞台歴
星組所属時代
1989年9月、『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』新人公演:シッシーナ公爵夫人(本役:城火呂絵)
1990年5月、『メイフラワー』新人公演:ナンシー/『宝塚レビュー 90』
1990年9月、『シティライト・メロディ』(バウ)シュザンヌ・ジル
1991年1月、『パール・ジョーイ』(バウ)サンドラ
1991年8月、『別離の肖像』ベルタ/『ナルシス・ノアール』(東宝)
1991年11月、『紫禁城の落日』新人公演:麗華(本役:邦なつき)
1994年7月、『花扇抄』/『扉のこちら』/『ミリオン・ドリームズ』(ロンドン)
1996年1月、『黄色いハンカチ』(バウ)クレア
1997年1月、『武蔵野の露と消ゆとも』(バウ・東京特別)滝山
1997年5月、『誠の群像 -新撰組流亡記-』お梅/『魅惑Ⅱ -ネオ・エゴイスト-』

花組所属時代
1997年12月、『ザッツ・レビュー』(東宝)勝子
1997年2月、『ザッツ・レビュー』(中日)勝子
1998年3月、『ヴェロニック』(バウ・東京特別)セレスト
1998年5月、『SPEAKEASY』シーリア
1999年1月、『夜明けの序曲』お島
1999年3月、『冬物語』(バウ)お袖
1999年6月、『ロミオとジュリエット 99』(バウ)キャピュレット夫人
2000年1月、『冬物語』(バウ・東京特別)お袖
2000年4月、『源氏物語 あさきゆめみし』六条の御息所/『ザ・ビューディーズ』
2000年6月、『宝塚 雪・月・花』/『サンライズ・タカラヅカ』(ベルリン公演)
2000年9月、『トム・ジョーンズの華麗なる冒険』(バウ・東京特別)ジェニィ・ウォーターズ
2000年11月、『~夢と孤独の果てに~ルードヴィヒⅡ世』コジマ・ビューロー/『Asian Sunrise』
2001年4月、『マノン』(バウ・東京特別)オリベイラ夫人
2001年7月、『ミケランジェロ -神になろうとした男-』カテリーナ/『VIVA!』
2001年12月、『カナリア』(ドラマシティ・東京特別)アイリス
2002年3月、『琥珀色の雨にぬれて』イヴォンヌ/『Cocktail-カクテル-』

宙組所属時代
2002年7月、『鳳凰伝 -カラフとトゥーランドット-』役人/『ザ・ショー・ストッパー』
2002年12月、『聖なる星の奇蹟 -いつか出会う君に-』(ドラマシティ・東京特別)グレタ
2003年2月、『傭兵ピエール -ジャンヌ・ダルクの恋人-』アニエス/『満天星大夜總会』
2003年8月、『里見八犬伝』(バウ・東京特別)蟇田玉梓
2003年10月、『白昼の稲妻』ギャレンティーヌ/『テンプテーション! -誘惑-』
2004年5月、『ファントム』マダム・ドリーヌ(バレエ教師)
2004年10月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)ミード夫人
2005年1月、『ホテル ステラマリス』サリー・ブランシェット/『レビュー伝説』 *退団公演



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。