宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



紫 ともむらさき とも

日本の女優。
元宝塚歌劇団雪組トップ娘役。
愛知県名古屋市出身。
本名・箕輪 朋子(みのわ ともこ)
身長160センチ
血液型A型
宝塚時代の愛称はともちゃん
所属事務所はオフィスのいり所属

来歴・人物
愛知県名古屋市生まれ。
幼少時代から宝塚歌劇に親しむ。
父親の転勤で各地を転々とし、中学時代には名古屋に戻り、御園座隣の名古屋音楽学校に通う。
東京へ転居。
1982年、玉川聖学院高等学校2年修了時宝塚音楽学校受験・合格。
1984年、同校を首席で卒業、宝塚歌劇団に入団。
第70期生。
同期は現役では星組副組長の万里柚美
OGでは女優の大輝ゆう
声優の詩乃優花
元雪組副組長の灯奈美など。

芸名は「名は本名にちなみ、姓は『あなたは絵を描くとき妙に紫のクレヨンを多用する癖がある』旨指摘されたところからひらめいた(在団中本人談)。」
初舞台は「風と共に去りぬ」。
諸事情あり急遽休演した北原遥子の代役として、プロローグの歌手に抜擢される。
その後、雪組に配属。
1985年、「はばたけ黄金の翼よ」で新人公演初主演。
1987年「サマルカンドの赤いばら」本公演では二番手(娘役トップ神奈美帆の妹役)にも配役された。
1988年、月組へ組替。
同年「恋と汽笛と銀時計」
1989年「新源氏物語」「天使の微笑・悪魔の涙」でも新人公演でヒロインを務める。
月組娘役陣としてこだま愛、朝凪鈴、羽根知里、麻乃佳世らと舞台を盛り上げた。

1992年、前年退団した鮎ゆうきの後任として雪組組替え。
杜けあきの相手役として雪組トップ娘役に就任。
中日劇場公演『華麗なるギャツビー』デイジー役(鮎の退団による役代わり)がトップ娘役としての初仕事、その後「この恋は雲の涯まで」で静御前で新トップコンビの初お披露目公演を飾った。
「忠臣蔵」では瑤泉院(浅野内匠頭正室)と吉良上野介側の女刺客お蘭(二役)を演じ、旧宝塚大劇場最終作品・杜のサヨナラ公演の二つの重責がかかった公演をつとめあげた。
1993年、杜の退団で男役トップが一路真輝(紫の同郷の先輩)に交代後も「天国と地獄」「TAKE OFF」で一路と息のあったコンビぶりを披露したが「ブルボンの封印」「コート・ダジュール」東京公演(1994年)限りで退団。

退団後は舞台、テレビドラマをメインに女優として活動を開始。



宝塚歌劇団時代の主な舞台歴
雪組所属時代
1984年9月、『千太郎纏しぐれ/フル・ビート』新人公演:お光(本役:北いずみ)
1985年1月、『花夢幻/はばたけ黄金の翼よ』新人公演:クラリーチェ・デル・カンボ(本役:一路万輝) *新人公演初ヒロイン
1985年2月、『フロムハート物語』(バウ)メリー・メモライ
1985年6月、『愛のカレードスコープ/アンド・ナウ』新人公演:マリー・アントワネット(本役:神奈美帆)*新人公演ヒロイン
1986年2月、『大江山花伝/スカイ・ハイ・スカイ』新人公演:藤子/藤の葉(本役:神奈美帆)*新人公演ヒロイン
1986年8月、『三つのワルツ』新人公演:フランチー・イエンセン・ビクラー(本役:神奈美帆)*新人公演ヒロイン
1986年10月、『恋のチェッカーフラッグ』(バウ)ポーレット
1987年2月、『誇りたかき愛の詩』(バウ)ソフィー・チゾン
1987年3月、『宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら』ハートン姫
1987年5月、『リプライズ!』(バウ・東京特別)
1987年9月、『梨花 王城に舞う/ザ・レビュースコープ』秀玲、新人公演:玉蘭(本役:神奈美帆)*新人公演ヒロイン
1988年1月、『風と共に去りぬ』メイベル、新人公演:メラニー(本役:仁科有理)
1988年7月、『たまゆらの記/ダイナモ!』三津岐、新人公演:橘三千代(本役:仁科有理)

月組所属時代
1988年11月、『恋と霧笛と銀時計/レインボー・シャワー』初菊、新人公演:留伊(本役:こだま愛)*新人公演ヒロイン
1989年1月、『心中・恋の大和路』(バウ)千代歳
1989年5月、『新源氏物語/ザ・ドリーマー』朧月夜尚侍、新人公演:藤壺の女御(本役:こだま愛)*新人公演ヒロイン
1989年9月、『ウォーターフロント・ララバイ』(バウ)JUN(純)
1989年11月、『天使の微笑・悪魔の涙/レッド・ホット・ラブ』ヘレネ、新人公演:マルガレーテ(本役:こだま愛)*新人公演ヒロイン
1990年2月、『大いなる遺産/ザ・モダーン』クララ
1990年4月、『天使の微笑・悪魔の涙/レッド・ホット・ラブ』(全国ツアー)ヘレネ
1990年8月、『川霧の橋/ル・ポアゾン 愛の媚薬』小りん
1991年1月、『カウントダウン・1991』(バウ)ヘレン 他
1991年3月、『ベルサイユのばら -オスカル編-』オルタンス
1995年5月、『紫陽花の花しずく』(バウ)おきわ *バウ初ヒロイン
1991年9月、『銀の狼/ブレイク・ザ・ボーダー』ジャンヌ

雪組トップ娘役時代
1992年2月、『華麗なるギャツビー/ラバーズ・コンチェルト』(中日)デイジー
1992年3月、『この恋は雲の涯まで』静御前
1982年8月、『ヴァレンチノ』(バウ・東京特別・名古屋特別)ジューン・マシス
1992年10月、『忠臣蔵 -花に散り雪に散り-』瑤泉院/お蘭
1993年5月、『天国と地獄 -オッフェンバック物語-/TAKE OFF』アマンダ/エルミニ
1993年10月、『ブルボンの封印/コート・ダジュール』マノン *退団公演
1994年1月、『ライト&シャドウ』(バウ)セシル

退団後の主な活動
舞台
『シェルブールの雨傘』マドレーヌ(1997年)
『森進一特別公演』(1999年)
『里見浩太朗特別公演』(2000年 - 2003年、2005年)
『五木ひろし特別公演』(2002年 - 2004年、2006年 - 2007年)
『新口村雪花恋情 -梅川-』梅川(2007年)
『母に捧げるラストバラード』(2008年)
『HONKみにくいアヒルの子』(2009年)
『川中美幸特別公演』(2009年、2011年)
『松平健特別公演 忠臣蔵~大石内蔵助~ 』(2010年9月)

TVドラマ
土曜ワイド劇場「終着駅シリーズ〜22殺人同盟~理科室の夜の秘密!?刑事が追う3つの完全犯罪!!森村誠一の螺旋状の垂訓」- 高林優子 役(2009年3月14日OA、テレビ朝日)


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。